ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook」を開設しました。
〈5年前の記事です=2011年6月28日付〉
  ○士別市:サフォークランド士別と絵本の里・剣淵をPRして地域外からの集客を図っていこうと、最北IC集客キャンペーン実行委員会が27日、士別市役所委員会室で行われた。昨年は高速道路の無料化に合わせてキャンペーンを実施してきたが、その社会実験が終了したことで今年は「士別・剣淵へようこそ!スタンプラリー」と題して、スタンプラリーを中心としたキャンペーンを実施することになった。

一市三町の行政区域地図

当社からのお知らせ

 アサヒサンライズホール講演のチケットは朝日サンライズ、当社などにあります

 ■ トップ 
 ■ ヘッドライン 
 ■ お悔やみ 
 ■ 特集 
 ■ ダイヤル
 ■ 求人情報 
 ■ 選挙関連 
 ■ 会社概要 

今日の天気予報
 士別市  剣淵町
 朝日町 和寒町
  紙面掲載広告案内
    



■2016年6月28日(火曜日)付
 第4707号

一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています

連載(紙面)
 
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」
 トルコ・ベルガマ 「見て・聞いて・食べて」
 2015年度 士別市のわかりやすい予算書 
 学舎は消えゆけども今も残る懐かしの校歌
 自殺を防ごう:3月は自殺対策月間です
 士別開拓人(往時の写真から)=本紙Facebookでも連載中
 士別地域おこし協力隊員の手書き新聞
 いきいき生活情報(はじまり考)

■ お悔やみ
(2016年6月28日)  

【今日のヘッドライン】

 【和寒町】 有志企画の事業補助など 和寒町議会

【士別市】
■家庭用火災警報機
―適切設置は全体の66%
―およそ2割がいまだ未設置
 士別地方消防事務組合は5月から6月にかけて事務組合管内の一般家庭を対象に住宅用開催警報器設置に関する調査を実施した。その結果、住宅用火災警報器が正しく設置されていたのは50件、全体の66%となった。消防事務組合では今後も、家庭用火災警報器の設置の呼びかけを継続して行っていくことにしている。

【士別市】
■第2回クラフトフェア
―自慢の手作り商品が並ぶ
―サフォーク毛の壁画も登場

【士別市】
■旧佐藤医院でファッションショー
―フェアトレードの衣案を披露
―理解深める絵本の朗読や体験も

【士別市】
■天塩川総合水防演習
―洪水等想定し大規模演習
―1市2町の消防団員らも参加

【士別市】
■ふれあい標語入賞作決まる
―最優秀は士別南中の井ノ上さん
―思いやる 気持ち一つで 咲く笑顔

【士別市】
■自治会連合会研修会
―総合計画について意見交換
―ワークショップ形式で実施


「今日のハイライト」 】 自治会連合会研修会、総合計画について意見交換

【士別市】 ワークショップ形式で実施

 士別市自治会連合会(神田壽昭会長)の16年度自治会研修会25日、士別グランドホテル思親花で行われた。

 研修会はそれぞれの自治会がかかえる課題について意見を交わし、自治会の機能を深めようというもの。

 今回は士別市が今後2ヵ年で策定を予定している士別市総合計画について学び、理解を深めることでまちづくりにつなげていこうというのが目的。士別市総務部総合企画室の東川晃宏室長、大橋雅民企画課主幹を講師に招いて開催した。

 講演では次期総合計画について、総合計画の位置付けや重点目標などを説明。次期計画では市内を7地区に分け、各地区の地域づくりの指針となる「地区別計画」を策定していきたいとし参加者の関心を深めた。

 研修会の後半にはワークショップ形式で総合計画への質問や意見、地域課題などを発表した。

 地区別計画の区域については、中央地区と周辺農村地区とは地域課題が異なるため、分けるべきではなどの意見が出されていた。

 研修会での意見、要望などは今後の計画策定の参考にもしていきたいとしている。

道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.