ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook」を開設しました。
〈5年前の記事です=2012年1月21日付
  ○士別市: 士別市内で、今年に入って最初のサフォーク羊の赤ちゃんが誕生している。出産のピークは2月に入ってからで、今年は市内で600頭ほどの子羊が誕生する見込みとなっている。

一市三町の行政区域地図

当社からのお知らせ

 アサヒサンライズホール講演のチケットは朝日サンライズ、当社などにあります

紙面連載
(終了分含みます)
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」
 トルコ・ベルガマ 「見て・聞いて・食べて」
 学舎は消えゆけども今も残る懐かしの校歌
 自殺を防ごう:3月は自殺対策月間です
 士別開拓人(往時の写真から)=本紙Facebookでも連載中
 
士別地域おこし協力隊員の手書き新聞

■ お悔やみ
(2017年1月19日)  

 ■ ヘッドライン 
 ■ 選挙関連 
 ■ 会社概要 

  紙面掲載広告案内
    



2017年1月21日(土曜日)付
 第4863号
一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています

【今日のヘッドライン】

 【士別市】 士別ミニバレー協:サフォーク大会2月5日

【士別市】
■降雪、年明けから「小康状態」
―積雪は前年同期下回る
―1月中の除雪一斉出動5回だけ

 士別地方は1月に入ってから降雪量が少なくなっている。士別市施設維持センターの観測では、今月1日から19日までの降雪量が68センチと、前年同期に比べ110センチも少ない状況。今冬は12月末までは平年を上回る降雪量だったものの、年明け以降は一気にその量が減り、降り始めからの降雪・積雪量は前年を下回る状態が続いている。

【和寒町】
■和寒町商工会:プレ創業塾
―笑いから商売のヒントを
―よしもと龍見さん講師に

【剣淵町】
■けんぶち農業ブランド化推進協議会
―ブランド化へロゴ決まる
―商標登録確認後2月に公開へ

【剣淵町】
■後藤大成くん(剣淵町出身)世界ジュニア代表選手に
―「結果を残したい」と意気込み
―クロスカントリーで2年連続選出

【士別市】
■士別市体育協会
―スノーシュー楽しんで
―コース設け用具の貸出も

「今日のハイライト」 よさこいのサムライ士別、解散で市に15万円寄

【士別市】 20年間の感謝こめ

 21年間の活動に終止符を打つことを決めている夜咲恋そぅらんサムライ士別(菅原清隆代表)が19日、士別市に15万円を寄付した。

 サムライ士別は、1996年春に市民の有志が参加して結成。

 札幌で行われているYOSAKOIソーラン祭りに参加をはじめ、みよし市愛好者との交流、市内イベントへの参加など活動を続けてきた。

 しかし会員不足が深刻となり、昨年9月の臨時総会で解散を決め、12月3日には解散ビールパーティーを開催し、28日に会員が集まって解散式を行うことにしている。

 21年間にわたり市民にお世話になったとして、解散ビールパーティーの益金と会の積立金の一部を合わせて15万円を、文化振興資金として市に寄付することになった。

 19日には菅原代表が市役所を訪れ、牧野勇司市長に「21年間お世話になりました」と寄付を手渡した。

 牧野市長は「みよし市との交流をはじめ各種イベントへの参加を通して、地域の元気づくりに貢献してもらった。解散は残念なことであるが、この寄付は大切に使わせてもらいます」と感謝の気持ちを伝え、21年間の活動をたたえていた。

道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.