【ヘッドライン】 2018年6月

▼30日
【士別市】
■優良勤労青少年
―3事業所の4人が受賞
―職場・地域で幅広い活躍

 士別市の2018年度優良勤労青少年表彰の受賞者が決まった。今回は市内の3事業所に勤務する4人が受賞することになった。士別市は7月10日午後2時から、士別市民文化センターで表彰式を行うことになっている。 本年度、優良勤労青少年表彰を受賞するのは橋翼さん(27)=トヨタ自動車士別試験場勤務=と塩崎貴正さん(24)=トヨタ自動車士別試験場勤務=、若松慎也さん(23)=道北鋪道士別営業所勤務=、宮崎龍生さん(27)=イトイ産業勤務=の4人。

【剣淵町】
■初の学校運営協議会を開催
―地域と連携し目標を共有

【士別市】
■チャレンジデー
―20人に阿久根市特産品
―士別実行委が抽選会

【士別市】
■市立士別図書館
―人気の「探し物」がテーマ
―絵本や紙芝居を展示

【士別市】
■AIRDO機内誌「ラポラ」
―雲の上で羊のまちをPR
―7月号で士別特集

【和寒町】
■元和寒町議故岡弘一氏
―地方自治功労讃える
―旭日単光章を受章

「今日のハイライト」 塗装組合が社会貢献活動

【士別市】 キャンプ場管理棟など



▼29日
【士別市】 消防事務組合、消防ポンプ車を購入


【士別市】
■北ひびき農協:1市2町で16人が就農
―地域農業の担い手に期待
―関係者が出席し激励会

 北ひびき農協(西本護組合長)は、地域農業の担い手として就農した若い農業者を励ます新規就農者激励会を27日、士別グランドホテルで行った。新規就農者には激励状と記念品が贈られ、出席した関係者は地域農業の担い手として大きな期待を寄せていた。

■士別商工会議所第239回通常議員総会
―巡回指導で2299件を実施
―道商工会議所会頭表彰に6議員

【士別市】
■士別西小学校
―士別小学校士別南小学校と交流
―戸惑うことなく学校生活をと
―ゲームや授業にも参加

【和寒町】
■和寒中学校:認知症サポーター養成講座
―自分たちでできる支援とは
―理解深めるために意見出し合い

「今日のハイライト」 朝日町商店街の未来を考える会、町の将来像で意見交換

【士別市】 具体的なイメージが大切



▼28日

【士別市】 消防団:150人参加し訓練大会


【士別市】
■士別市環境審議会:有料化、資源ごみ除く5品目
―家庭からの排出分で方向示す
―徴収方法は指定袋方式

 士別市環境審議会(大崎良夫会長)が26日、士別市民文化センターで行われた。今回の環境審議会では、家庭ごみ有料化について、有料化の範囲を一般ごみと衛生ごみ、生ごみ、プラスチック、粗大ごみ5品目とする考えをまとめた。

【士別市】
■地域公共交通活性化協
―年度内に交通網形成計画を策定
―ニーズ調査や意見交換会実施し

【和寒町】
■東丘浄水場
―安全安心で美味しい水を
―最新施設完成し供用開始

【士別市】
■士別東高校:第51回定体連卓球大会
―平賀麻衣さん3年連続、本多紗彩さんは初出場
―支部大会で実力発揮し全国へ
―本番でも最後まで全力を

【士別市】
■インストラクター研修会
―市民の生涯学習を支援

【剣淵町】
■VIVAアルパカ牧場
―剣淵川下りの魅力確認
―サイクリングとの観光商材を研究

「今日のハイライト」 市自治会連合会:最悪想定し最善の対応策を

【士別市】 自主防災テーマに自治会研修会



▼27日

【士別市】 天塩川クリーンアップ、大作戦30日に


【士別市】
■士別地域日台親善協会
―物産展への参加を計画
―経済交流視野に調査も

 士別地域日台親善協会(西本護会長)の第2回総会が25日、士別グランドホテルで行われた。2018年度事業計画では、今後の台湾との経済交流実現に向けて、現地物産展に特産品を出展し1市3町の特産品PRや現地調査を行うことを計画している。

【士別市】
■市の建設水道部
―地域要望カ所を現地視察
―農村部中心に担当職員

【剣淵町】
■絵本の里を創ろう会
―ふるさと紙芝居を寄贈
―小中高校と近隣図書館にも

【士別市】
■1日から夏の芸術祭展
―いぶきで作品展示など

【士別市】
■イトイ産業
―馬淵 点選手、御家瀬 恋選手が所属
―ジャンプ復活へアプローチ
―スキーチーム発足し練習開始

【士別市】
■市自治会連合会
―最悪想定し最善の対応策を
―自主防災テーマに自治会研修会

「今日のハイライト」 交通安全母の会:安全運転を心がけて

【士別市】 「無事故の日」で街頭啓発


▼26日

【士別市】 上川北部ゲートボール春季大会:リーグ戦に40人が出場


【士別市】
■第41回岩尾内湖水まつり
―森と湖畔の1日楽しむ
―子どもたち 「あさひのうた」披露

 第41回岩尾内湖水まつりが24日に朝日町岩尾内湖神社山公園湖畔で開かれた。ステージでは少女ドラマー「よよか」さんの演奏や朝日町オリジナルテーマソング「あさひのうた」などが披露された。会場ではやまべすくいや飲食ブースが人気で、曇り空ではあったが多くの家族連れが湖畔でのイベントを楽しんでいた。

【士別市】
■谷合農林水産副大臣
―大規模農業のIT化に関心
―上士別の国営農地の水田を視察

【士別市】
■旧士別市青年団体協議会
―かつての活動を懐かしむ
―当時の役員らで「仲間の集い」

【士別市】
■市立博物館
―市内生息のチョウを紹介
―澤田さん撮影の写真を展示

【和寒町】
■和寒小学校
―音楽の楽しさを体験
―大学生が児童らに演奏披露

「今日のハイライト」 士別で東洋カップサッカー、多彩な顔ぶれピッチで交流

【士別市】 三菱重工冷熱、ベトナム参加し熱戦



▼24日

【士別市】 天塩川クリーンアップ、大作戦30日に

【和寒町】
■町議会第2回定例会
―18年度の政策事業、4億8千万円を補正
―安全安心や産業育成分野で

 和寒町は22日、第2回町議会定例会を開催、2018年度の政策的事業を盛り込んだ一般会計補正予算などを可決した。おもな政策予算は安全安心、産業育成、人材育成などの分野で、街路灯LED化整備、河川改修、芳生苑浴室改修など25事業。補正額は約4億8300万円、各会計の合計で約66億3500万円、前年度当初予算との比較で17・7%の減となった。

【士別市】
■市議会改革検討特別委員会
―市議会議長交際費を公表へ
―団体等との意見交換積極的に

【士別市】
■市議会第2回定例会
―農業委員会委員27人を任命
―空調改修1・8億円などの補正可決

【士別市】
■士別観光協会
―夏のイベントうちわでPR
―各種催し掲載して市内に配布

【士別市】
■市立士別図書館
―総利用者は2万4千人
―貸出冊数も前年度下回る

【士別市】
■士別商工会議所
―稼働期迎え売上増の期待感
―5月期景気動向調査まとめ

「今日のハイライト」 市立士別図書館:男女共同参画テーマに

【士別市】 多彩な関連図書集め



▼23日


【士別市】
■士別市自治連:地域環境美化功労者
―花いっぱい運動で環境大臣表彰
―30年以上の市民運動が評価
 市民参加による花いっぱい運動を30年以上にわたり継続してきている士別市自治会連合会(内ヶ島英一会長)が、本年度の地域環境美化功績者として環境大臣表彰を受賞。20日には内ヶ島会長らが市役所を訪れ、牧野勇司市長に受賞を報告した。

【士別市】
■市議会定例会一般質問
―買い物弱者対応、全庁的視点で
―除排雪に関しパトロール強化など

【剣淵町】
■山口好男氏に瑞宝単光章
―長年の消防団活動功労を讃え

【士別市】
■朝日商工会青年部
―少年団活動資金に寄付
―イベントの益金を

【士別市】
■朝日町で10年ぶり
―28日に屋台プロレス
―屋外特設リングを開設し

【士別市】
■政府広報で士別市紹介:Web版電子情報誌
―合宿の里と「食」の関わりを
―海外に向けて情報発信

 海外向けに政府がウェブ上で発行している広報「HIGHLIGHTING Japan」6月号で、士別市の合宿の里と「食」の取り組みが紹介されている。グローバルGAPを取得した食材を台湾ウエイトリフティングチームの士別合宿で提供したことをはじめ、スポーツ関係イベントで地域活性化を図っている取り組みが取り上げられている。
https://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/index.html

【和寒町】
■第2回議会定例会
―今定例会に政策予算計上
―一般質問と議案審議行う

【士別市】
■白山神社
―ご神体を温根別神社に合祀
―祭事の継承困難で苦渋の決断

【士別市】
■士別出身の吉田良太選手(国際武道大学)
―第67回全日本大学野球選手権大会
―決勝戦でリリーフ登板
―無失点に抑え快投見せる

「今日のハイライト」 朝日商工会青年部:少年団活動資金に寄付

【士別市】 イベントの益金を

 朝日商工会青年部(木村友洋部長)が17日にビールパーティーを開催、イベント益金を朝日町内のスポーツ少年団に寄付した。

 青少年健全育成資金造成を目的に開催したビールパーティーには地域住民らが参加、抽選会などのゲームが行われた。

 活動資金の贈呈では、朝日町の剣道少年団、テニス少年団、野球少年団、アルペンスキー少年団、クロスカントリースキー少年団の5団体にイベントの益金を贈呈した。

 各団体の代表者らは今年の抱負を発表し、今年の活躍を誓っていた。

 また会場では6月10日の「商工会の日」にあわせ、全国商工会青年部連合会が企画する全国統一事業「絆・感謝運動」の一環として、交通遺児募金活動も行われ、協力を求めていた。



▼21日
【士別市】 15日現在の作況:秋小麦は低温で生育遅れ

【士別市】
■市議会定例会一般質問
―道道士別滝の上線、本年度に着手
―自治会の加入率76・5%
―部活動のあり方で検討委設置

 士別市議会第2回定例会は19日に一般質問を行った。そのなかで、自治会加入率は2017年度段階で76・5%となっているとした。また道道士別滝の上線整備では、本年度に事業着手となり道路詳細設計などを行うことを明らかにした。  

【士別市】
■富士宮市長からの親書携え
―まかいの牧場関係者が表敬
―サフォークで今後も幅広い交流を

【剣淵町】
■まちづくりカフェに有志ら集い意見交換
―子ども向けイベントを開催
―ワークショップや公演も

【士別市】
■銀行士別支店
―緊急時の対応など確認
―本番さながらの強盗対策訓練

「今日のハイライト」 男女共同参画に理解を

【士別市】 リーフレットの配布など



▼20日
【士別市】 子ども将棋大会:6人参加で優勝を競う

【士別市】
■紙芝居文化の会
―実演に児童らが真剣なまなざし
―17日から3日間の合宿
―松井さん関わりで全国から23人

 国内外に会員を有している紙芝居文化の会(酒井京子代表)が17日から19日まで士別合宿を行った。合宿では会員らが市内の小学校や保育園で紙芝居を実演。士別市のふるさと大使で、紙芝居文化の会会員の松井エイコさんも多寄小学校で子どもたちに紙芝居を披露していた。   

【士別市】
■総合戦略会議
―新規就農数など目標下回る
―17年度実施事業について検証

【和寒町】
■和寒小学校
―認知症の理解深める講座
―キッズを対象にサポーターを養成

【士別市】
■北星信用金庫・平成29年度決算
―預金、貸出ともに増加

【士別市】
■ワイルドユース
―第62回「高松宮賜杯」全日本軟式野球名寄支部予選会
―5回目の出場果たす
―北・北海道大会ではまず1勝を

「今日のハイライト」 小学生バレーボール・ふかがわカップ

【士別市】 名寄地区予選勝ち上がり、士別2チーム上位大会へ




▼19日
【士別市】 第53回朝日体育まつり」:4チームに分かれ熱戦

【士別市】
■実行委員会結成し参加者募集
―初の「絵本ツアー」7月と8月に開催
―市内の中心部でスタンプラリー
―親子が楽しむ機会を提供

 しべつ絵本でつなぐまちづくり実行委員会(喜多武彦実行委員長)は7月と8月にに「体験の風・しべつ絵本ツアー」を実施する。このツアーは絵本を置いた士別市内の事業所などを親子で巡り、絵本の楽しさを体験してもらおうと初めて開催するもので、実行委員会ではその参加者を募集している。  

【士別市】
■1市2町の合同ジュニアリーダー研修会
―ピザづくりに活発な意見
―必要な力やスキル学ぶ

【士別市】
■多寄町内
―安全運転を心がけて
―国道沿いで人の波・旗の波

【士別市】
■中士別自治会
―小学校閉校記念碑建立し除幕
―台座破損の開拓50周年の碑も移設

【剣淵町】
■絵本の館
―押し花展24日まで開催
―楡の会、ひらなみ荘押し花クラブ

「今日のハイライト」 親和会中心に食事会

【士別市】 好天の下、はつらつプレー



▼17日
【士別市】 温根別町コスモスロード、まちづくりの会が種まき


【和寒町】
■元気づくり:昨年度は2件
―活発な町民活動を支援
―これまでに23団体415万円

 和寒町が2013年度から実施している「わっさむ元気づくり支援事業」は、17年度は2団体約16万円を支援、前年度から利用団体が減少した。制度開始から23団体約415万円を支援している。和寒町の総合戦略では5カ年で20団体への支援を目標としており、町では活発な町民活動へ、制度の活用を呼び掛けていきたいとしている。  

【士別市】
■中村稔氏に叙勲を伝達
―地方自治功労で旭日小綬章

【和寒町】
■交通安全の誓い新たに
―つどいに町民150人

【士別市】
■庁舎前庭の庭木と庭石を譲渡
―改築工事に伴い希望する市民に

【士別市】
■童謡いぶきが桜岡荘慰問
―入所者と合唱の交流

【士別市】
■老人クラブ連合会
―プレー通し親睦深める
―交通安全パークゴルフ

「今日のハイライト」 ディスタンス、7月14日開催

【士別市】 ポスター作成し士別大会をPR



▼16日
【士別市】 お稚児さん参加者募集:士別神社祭典委

【士別市】
■第32回士別ハーフマラソン大会
―ゲストランナーに3人のメダリスト
―ジャンプ 船木さん カーリング 本橋さん・鈴木さん
―プランの申込みを延長

 第32回士別ハーフマラソン大会のゲストランナーとして、長野オリンピックの個人と団体のラージヒルで金メダルを獲得した船木和喜さん(43)と、平昌オリンピック女子カーリングで銅メダルを獲得した本橋麻里さん(32)、鈴木夕湖さん(26)の3人のメダリストが参加することが決まった。実行委員会では、この3人が出場するファンランの部のエントリー期間を延長することにしている。  

【和寒町】
■初の運営協議会を開催
―保護者、地域学校づくり
―「きみの未来サポートプロジェクト」実施

【士別市】
■士別市小学校
―好記録めざすして力走
―290人出場し陸上記録会

【士別市】
■朝日野球クラブ:第73回「天皇賜杯」全日本軟式野球支部予選会
―北・北海道大会に初出場
―士別市役所5連覇阻止の大金星

「今日のハイライト」 士別市小学校:好記録めざすして力走

【士別市】 290人出場し陸上記録会

▼15日
【士別市】 市立図書館:明治150周年記念展

【士別市】
■空き家・空き地バンク
―成約件数は空き屋9件
―情報の一元化が一定の成果
―今後も有効的活用図る

 士別市は「空き家・空き地バンク」を開設し、市ホームページにその情報を掲載している。現在までに空き家・空き地バンクを通して売買・賃貸契約の成約は空き家で9件となっている。士別市は今後も空き家・空き地バンクを積極的にPRしながら、その解消に向けた取り組みを進めていくことにしている。     

【士別市】
■士別東高校
―2競技で念願の全道出場
―バドミントンは創部以来初

【士別市】
■てしおがわ土地改良区
―JICA研修員が市を表敬
―6カ国の7人が15日まで研修

【士別市】
■士別中学校:第35回全日本少年軟式野球北海道大会
―2年連続5回目の出場果たす
―自分たちの打撃で優勝狙う

【士別市】
■市立士別博物館
―地域の自然に理解と関心
―市民の森で植物観察

【剣淵町】
■第1回まちづくり町民会議
―総合戦略事業効果を検証
―インバウンドの強化も

【和寒町】
■農協青年部
―児童らがキャベツ種まき
―定植や掘り出しも体験へ

「今日のハイライト」 日ハムつまようじアート、あいの実保育園児も参加

【士別市】 参加者には抽選で観戦チケット



▼14日
【士別市】
■ファイリングシステム
―行政文書量を80%圧縮
―管理方法の抜本的見直しへ
―市庁舎改築を契機に導入

 士別市は庁舎改築を契機として、文書管理方法の見直しを図るため本年度からファイリングシステム導入事業に取り組んでいる。増え続ける文書によって執務スペースが狭められてきていることを解消するもので、この事業の導入によって文書量を80%圧縮する計画。この取り組みについて、総務省が支援する行政文書管理セミナーで、士別市の担当職員が事例発表を行っている。 

【士別市】
■第61回道北中学バレボール大会
―士別・南合同が準優勝
―旭川から稚内まで18チーム出場

【士別市】
■市立士別図書館
―かこさんの代表作展示
―だるまちゃんシリーズなど

【士別市】
■武徳会
―旭川地区の空手道大会で活躍
―形と組手の各部門で上位入賞

【士別市】
■自衛隊後援会
―武本司令が災害派遣講話
―新年度事業など承認

「今日のハイライト」 多寄小学校:車両の死角などを確認

【士別市】 飛び出し事故の実演も




▼13日
【士別市】 吹奏楽祭に19団体が参加:息の合った演奏を披露

【士別市】
■合宿の里:アジアに広がる
―韓国女子(マラソンナショナルチーム)が長期滞在
―整った環境に「継続したい」

 韓国の女子マラソンナショナルチームが士別で合宿を行っている。長年にわたり指導者として士別合宿を行ってきた藤田信之さん(フジスポーツプランニング代表)がアドバイザーとしてチームに帯同しており、8月のアジア競技大会や2020年東京オリンピックを目指す選手たちが、北の大地で強化を図っている。

【士別市】
■牧野市長臨時会見
―紙芝居文化の会が合宿(小学校等で実演も)
―7月にゴ市訪問団15人来市
―ウェリフの男女ナショナルチームも

【士別市】
■桜丘クラブ
―交流と支え合いで30周年
―会員ら集い記念式典開催

【士別市】
■高橋さんに瑞宝単光章伝達
―元士別消防団分団長
―高齢者叙勲として受章

【和寒町】
■高齢者スポーツクラブ
―環境保全功労で感謝状
―運動しながらごみ拾い活動

「今日のハイライト」 朝日水力発電期成会:提案活動継続で実施

【士別市】 アドバイザー制度の講演会も



▼12日
【士別市】 士別周辺の地質めぐり講座

【剣淵町】
■絵本の里を創ろう会
―絵本と歩んで30年
―3人の作家が思い出語る

 今年で設立30周年を迎える剣淵町のけんぶち絵本の里を創ろう会(下田秀樹会長)の30周年記念セレモニーが9日に絵本の館で行われた。町内有志が始めた絵本によるまちづくりは、作家や絵本ファンなど多くのつながりを生み出してきた。セレモニーでは絵本作家による講演も行われ、剣淵町との思い出を語っていた。 

【剣淵町】
■絵本の里創ろう会30周年記念事業
―「ミーナちゃん」と「ハロくん」に
―新キャラの名称が決定

【士別市】
■合宿の里推進協・実行委員会主催
―ガチパラ in 士別:競技の魅力を市民が体感
―池崎さんらウィルチェアーラグビー披露

【士別市】
■士別地区消費生活センター
―大量の架空請求ハガキ
―「連絡しないで」と呼びかけ

【和寒町】
■和寒町担い手推進協議会
―農業実習生100人目に
―今年で実施して28年目

「今日のハイライト」 教育長杯中学校野球大会

【士別市】 士別中学校が優勝



▼10日
【士別市】 大量の架空請求ハガキに「連絡しないで」と呼びかけ

【士別市】
■大野邸・旧事務所
―有形文化財登録に相応しい歴史的建造物
―職人技能伝える貴重な存在

 特定非営利活動法人の歴史的地域資産研究機構(角幸博代表理事・札幌市)はこのほど「大野邸・旧事務所」(大野土建株式会社旧社屋・母屋)=士別市大通西1丁目=の調査報告をまとめている。同建築物は伝統とモダンとの両意匠を組み合わせた北国の都市住宅としては類例の少ない歴史的建造物となっており、「今後の活用も大いに期待でき、有形文化財登録に相応しい歴史的建造物」と高い評価を下している。

【士別市】
■雪印スキー部
―実戦へ士別合宿で体力強化
―原田監督、伊藤選手ら市長を表敬

【士別市】
■市議会第2回定例会
―多寄中、20年度末で統廃合へ
―雪害で最終処分場補修費を補正

【士別市】
■士別南野球少年団
―チーム一丸で優勝を
―9年ぶりに全道出場へ

「今日のハイライト」 市議会:スマホ等で視聴可能に

【士別市】 中継システムを変更

▼9日
【士別市】 中体連陸上:砲丸投などで大会新記録

【士別市】
■士別・和寒・剣淵・幌加内着地型観光推進協議会
―台湾学生のホームステイの受入や訪台も
―多言語対応HP開設

 士別・和寒・剣淵・幌加内着地型観光推進協議会(会長=牧野勇司士別市長)の2018年度総会が7日、士別市民文化センターで行われた。本年度事業計画では、ホームページの開設をはじめ、台湾人大学生のホームステイなどを計画している。 (村山功)

【剣淵町】
■生産普及組合
―キヌアの特産地めざして
―町内7・6ヘクタールで播種作業実施

【士別市】
■士別翔雲高校女子バレーボール部
―自慢の守備で上位進出へ
―3年連続の全道大会出場

【剣淵町】
■剣淵高校
―長期実習へ決意と抱負
―海外は初のニュージーランド

「今日のハイライト」 牧野市長:「食」の取組などを事例発表

【士別市】 初のホストタウン首長会議で

▼8日
【士別市】 カレーサミット:サフォークカレーも参加

【士別市】
■つくも4号:士別産大豆の活用広がる
―製品第4弾が販売開始
―コープさっぽろ店舗等で

士別産大豆「つくも4号」を使った納豆の新製品が、札幌市内などのスーパーで販売が開始となっている。つくも4号の製品はこれまでに納豆や枝豆、豆腐などがあり、今回の納豆新製品はその第4弾となる。この納豆を製造。販売している業者は、納豆以外の製品についても開発を検討しており、士別市特産のつくも4号の活用がますます広がっていきそうだ。

【剣淵町】
■レークサイド桜岡第25期株主総会
―売上増へ経営改善計画作成

【士別市】
■食生活改善協議会
―健康管理の認識深め
―東高生対象にサポーター講座

【士別市】
■剣淵小学校
―地元産の豆の魅力学ぶ
―道豆類協会主催で食育&料理教室

「今日のハイライト」 あさひサンライズホール、力いっぱい太鼓響かせ

【士別市】 児童らが鬼太鼓座とワークショップ



▼7日
【士別市】 10日に吹奏楽祭

【士別市】
■大区画化図る農地整備事業:道営中士別第1・第2地区
―関係機関で協議会設置
―推進体制整え連携強化
―本年度から工事本格化

 ほ場の大区画化を図る道営の農地整備事業(経営体育成型)中士別第1・第2地区の工事が本年度から本格化する。4日にはてしおがわ土地改良区と士別市、北ひびき農協、さらには地元期成会による生産基盤整備事業推進協議会が行われ、今後の事業の取り組みなどについて確認した。

【剣淵町】
■ふるさと紙芝居
―「やちだもの木」を作成
―ヤチダモと町の歴史を綴る
―絵本の里を創ろう会創立30周年記念事業

【士別市】
■議会第2回定例会8日開会
―4人の新人含む10人が通告
―一般質問19日と20日の日程

【士別市】
■Jrレスリング士別
―北日本大会で3人優勝の快挙
―次にめざすは全国での活躍

【士別市】
■愛媛農大
―第1班13人の学生を受入
―53回目迎えた農業実習

【士別市】
■士別警察署
―万全の備えで入山を
―遭難への注意呼びかけ



▼6日
【士別市】 士別では29.3度

【士別市】
■雇用対策協議会:進路希望調査
―就職希望者は約半数の76人
―地元志向、一気に高まる

 士別市雇用対策協議会は、来年春に卒業を予定している士別地方3高校の3年生を対象にした、進路希望調査を実施し、その結果をまとめた。それによると4月末の段階で就職を希望している生徒は76人で、在籍生徒数の約48%となっている。

【士別市】
■老人クラブ連合会
―交通ルール守り安全に
―特殊詐欺被害防止の講演も

【士別市】
■ガチパラ in 士別
―「パラスポ」見て、体験して
―ラグビー試合やトークショー

【士別市】
■士別消防サッカー部×しずお建設運輸・農場
―地元チームと対戦交流
―ベトナム人実習生がプレーを満喫

【剣淵町】
■アルパカ毛刈りショー
―サマーカットですっきり
―10日にも実施

【和寒町】
■嗚呼ワットサム
―YOSAKOIソーラン祭りに出場
―本祭前に新曲お披露目

【剣淵町】
■絵本の館
―親子で寄せ植え体験
―剣淵高校生徒がアドバイス

「今日のハイライト」 士別軟式野球連盟:A代表にはJA北ひびき

【士別市】 第62回高松宮賜杯予選1部



▼5日
【士別市】 管工事業協同組合:安全大会開催

【士別市】
■道北の秀峰天塩岳
―山開きに100人
―雪渓踏みしめ山頂へ

 天塩岳(1557・6メートル)のシーズン幕開けとなる「天塩岳山開き」が3日に行われ、登山愛好者らが道北の秀峰である天塩岳登頂を楽しんだ。今年は積雪が多かったため、雪解けの遅れから残雪も多く、市内外から参加した約100人の登山者らは雪渓を踏みしめながら雄大な天塩岳の自然を堪能していた。

【士別市】
■委員会を設置
―条例制定に向け検討開始
―健康長寿推進と受動喫煙防止で

【士別市】
■自民党士別支部定期大会を開催
―党員一丸で支持拡大を
―知事、道議選などに向け

【士別市】
■道北観光連盟18年度総会
―上川北部観光の活性化を
―天塩川の景観活かしたPR
―鉄路活用の観光ルート検討を

 上川北部9市町村の自治体と観光協会でつくる道北観光連盟(会長=加藤剛士名寄市長)の2018年度通常総会が和寒町で行われた。18年度は昨年度シーニックバイウェー北海道に認定された「天塩川シーニックバイウェイ」のPRのほか、上川北部の河川、道路、鉄路を活用した観光事業などを検討し、9市町村の連携で上川北部の観光を活性化させていきたいとしている。 

【士別市】
■市議会全員協議会
―機能について市の考え示す
―まちなか交流プラザを説明

【士別市】
■森北大教授にコミッショナー委嘱
―中心市街地将来像に助言
―人が見え、幸せ見えるシーンを

【士別市】
■士別市振興審議会
―交流プラザの事業を説明
―基本計画策定や予定地を取得

【士別市】
■市営大和牧場
―600頭の乳牛が入牧
―広大な牧草地でゆったり半年

【士別市】
■岩尾内湖で湖水開き
―シーズン中の安全を祈願

【士別市】
■シルバー人材総会会
―受注、就業者数前年より増加
―新規就労確保や除雪作業の需要高まり

【士別市】
■士別市管工事業青年部
―公園の水道施設点検
―社会貢献活動として

「今日のハイライト」 士別西小学校:最後の運動会で思い出作り

【士別市】 卒業生、地域住民ら一緒に記念撮影



▼2日
【士別市】 なたぼっこ4日と5日Aコープ多寄店前で

■火災警報機:士別地方消防事務組合
―設置世帯は83%超
―条例適合は6割強に
―1市2町一般住宅で調査

 士別地方消防事務組合は今月14日から消防事務組合管内の一般住宅を対象に住宅用火災警報器の維持管理状況調査を実施した。その結果、住宅用火災警報器の設置は83%を上回っている。ただ、正しく設置されていた調査対象世帯は65%程度となっている。

【士別市】
■羊と雲の丘株主総会
―約430万円の当期利益計上
―レストラン部門が好調

【士別市】
■士別市青少年問題協議会
―子どもの居場所づくりを
―関係機関一体で健全育成推進

【士別市】
■士別市振興審議会
―交流プラザの事業を説明
―基本計画策定や予定地を取得

【和寒町】
■総合計画審議会・創生町民会議を開催
―18年度政策的予算を確認
―街路灯LED化など

【士別市】
■士別消費者協会・士別警察署
―悪質商法の被害防止へ
―戸別訪問し注意呼びかけ

【和寒町】
■全日本玉入れ協会18年度総会
―関西で用具販売が好調
―「シッティングAJTA」の普及も

【剣淵町】
■剣淵地酒造り研究会:純米大吟醸「じんじん」
―昨年以上の味わいに
―新酒を販売開始

「今日のハイライト」 士別地方危険物安全協会:道連合会長表彰を伝達

【士別市】 1個人1団体に




▼1日
【士別市・剣淵町】
■チャレンジデー
―メダル獲得は士別「銅」、剣淵「銀」
―自治体対抗戦はともに敗戦
―士別市×阿久根市(鹿児島県)、初参加で5千人以上に
―剣淵町×与那国町(沖縄県)、参加増えるも初勝利逃す

 笹川スポーツ財団が主催する「チャレンジデー2018」が30日に行われれ、この地域からは士別市と剣淵町が参加。士別市は鹿児島県阿久根市と、剣淵町は沖縄県与那国町とそれぞれ対戦したが、いずれも参加率で敗れる結果となった。士別市は参加率27・1%で銅メダルを、剣淵町は45・5%で銀メダルを獲得している。

【士別市】
■翠月株主総会
―経費節減等で黒字決算維持

―宿泊や宴会が前年度下回るも