【ヘッドライン】 2017年6月

▼30日
【士別市】
■公共交通活性協:武徳デマンドバス
―国の補助継続へ地域と協議
―運行割合30%超めざす
―さほっちタクシーはPR課題

 株式会社翠月(千葉道夫社長)は、天塩川を水源とする水道水をボトリングした「士別の水」を30日から本格的に販売する。これまでは各種イベントなどで無料配布してきたが、商品として販売することで自然豊かな天塩岳や天塩川のPRツールとして活用していきたいとしている。

【士別市】
■北ひびき農協
―若い担い手たちに期待託す
―今年新規の就農者17人を激励

【士別市】
■士別文化協会
―1日から夏の芸術祭
―いぶきで作品展示など

【和寒町】
■4日に着物リメイク講座
―町民企画で全4回開催

【士別市】
■野島梨恵さん(弁護士)
―士別での出来事題材にエッセイ集出版
―4年間の思いエピソード風に
―「私の愛すべき依頼者たち」

【士別市】
■第16回ミズノカップクラブ選手権・道大会上川(北部)地区予選大会
―士別勢が大活躍
―男女ともに優勝

「今日のハイライト」 士別文化協会:1日から夏の芸術祭

【士別市】 いぶきで作品展示など



▼29日
 【士別市】 士別市老人クラブ:交通安全パークゴルフ大会

【士別市】
■士別の水
―30日に販売開始
―豊かな自然のPR素材に
―2万4千本製造し市内で取扱い

 株式会社翠月(千葉道夫社長)は、天塩川を水源とする水道水をボトリングした「士別の水」を30日から本格的に販売する。これまでは各種イベントなどで無料配布してきたが、商品として販売することで自然豊かな天塩岳や天塩川のPRツールとして活用していきたいとしている。

【剣淵町】
■ブランド化推進協議会
―「農業ブック」改訂版発行へ
―プロモーション動画や試食会も計画

【士別市】
■地域要望で現地出向き確認
―活動状況などで意見交換も

【士別市】
■1市3町着地型観光推進協議会
―台湾人気ブロガーを招へい
―黄 晴渝さん、観光客誘致目指し情報発信へ

【士別市】
■鬼太鼓座
―太鼓の響き全身で体感
―児童対象にワークショップ

「今日のハイライト」 映画「じんじん」:続編上映会2日に開催

【士別市】 会場で1作目DVDなど販売



▼28日
 【士別市】 1日に自治会研修会;自主防災テーマに

【士別市】
■士別東高校の平賀麻衣さん・菜々さん姉妹
―2年連続で卓球の全国大会出場の快挙
―ベスト8目標にしっかりと練習

 第45回北海道高等学校定時制通信制卓球大会が17日と18日、札幌市で行われた。この大会で好成績を収めた士別東高校の平賀麻衣さん(2年)と菜々さん(3年)の姉妹が、8月に東京で行われる全国大会に出場する。

【士別市】
■士別市などが商工会議所に
―枠確保と職場定着の支援を
―新規高卒者求人で要請活動

【士別市】
■みよし市農業委員会
―活動状況などで意見交換も
―最先端農業の勉強と視察

【士別市】
■士別市社会福祉協議会
―ふれあい標語入賞作決める
―最優秀は上中の伊藤さん
―助け合い みんなで作る 絆の輪

【士別市】
■士別翔雲高校野球部父母会
―健闘の願い込め千羽鶴贈る
―名寄支部予選に向け、少年団や中学部員らも協力

【剣淵町】
■台湾からの観光ツアー来町
―町内の自然満喫
―サイクリング巡りやアルパカと触れあう

「今日のハイライト」 みよし市農業委員会:活動状況などで意見交換も

【士別市】 最先端農業の勉強と視察に

▼27日

【士別市】
■岩尾内湖水まつり
―湖畔の催事に多くの人出
―朝日町のテーマソングも初披露
―食や雑貨ブースを充実
 第40回岩尾内湖水まつりが25日に朝日町岩尾内湖神社山公園湖畔で開かれた。40回目を迎えたイベントは今年から開催時期を変更し、従来よりも雑貨販売や体験コーナーなど出店を充実させた。ステージでは朝日町オリジナルテーマソングも披露。雨の降る天候だったが多くの家族連れが訪れていた。
【士別市】
■士別ビートまつり
―多彩なイベント盛りだくさん
―限定スイーツ販売やお菓子の家作りも
―7月2日に日甜士別製糖所で
【士別市】
■士別市文化協会
―歌や舞踊に大きな拍手
―満員の会場で芸能発表
【士別市】
■市立士別図書館
―雨の日は読書三昧で
―絵本や紙芝居を展示
【和寒町】
■かたかごSORANフェスティバル
―よさこい乱舞に会場熱い風
―道北8チームが怒濤の参加
【士別市】
■いきいき憩いコンサート
―澄んだ弦楽の調べ堪能

▼25日
【和寒町】
■和寒町議会定例会
―新浄水場:来年6月供用開始
―市街地民地取得で公住建設
―町有地を寄付地に2棟8戸

 和寒町議会第2回定例会は23日に議案審議を行った。工事請負契約の締結では16年度から実施している新しい東丘浄水場建設工事は工期が3月末まで、来年6月の供用開始を予定している。また市街地の民地を取得、寄付のあった土地と町有地をあわせ、2棟8戸の公営住宅を建設、17年度は1棟4戸を建設する。

【士別市】
■松本千駿君、
―日本習字教育財団の難関八段に念願の合格
―生徒硬筆部で最高位

【士別市】
■市議会定例会
―介護会計に8千8百万円追加
―一般会計補正予算など4件可決

【士別市】
■男女共同参画社会の実現を
―事業所訪問し啓発活動実施

「今日のハイライト」 交通安全母の会:安全運転心がけて

【士別市】 「無事故の日」で街頭啓発



▼24日
【和寒町】
■町議会定例会
―町立病院、一般会計繰入で黒字に
―塩狩峠・夫婦岩:周辺整備は調査設計を
―地元企業施行 過去5年で81%

 和寒町議会第2回定例会が22日に開会し、行政報告と一般質問を行った。行政報告では町立病院会計決算で入院外来の減から収益が減収したが、一般会計の繰り入れで経常収支は黒字となった。一般質問には4人が登壇、塩狩周辺整備については本年度に調査設計を実施、交流人口増に向けた情報発信も充実させていきたいとした。

【士別市】
■「友好の薔薇」
―:姉妹都市の絆、今年も開花
―市庁舎前の豪州ゴールバーン・ローズ

【士別市】
■あさひ郷土の資源を活かす会
―歴史的建造物の利活用でヒントを
―7月22日に座談会を開催

【士別市】
■士別ジュニア陸上スポーツ少年団
―6人が全道大会の出場権獲得
―練習の力発揮し上位入賞めざす

【士別市】
■士別地域日台親善協会総会
―役員ら9人が来月台湾訪問へ
―周処長が懇親会に来賓で出席

士別市】
■市議会定例会一般質問
―中心市街地:賑わい創出で会議所等と協議
―新たな施設など含め
―地元企業施行 過去5年で81%

【剣淵町】
■定例議会
―レーク改修工事7月から
―道の駅周辺の標高データ作成

【和寒町】
■佐々木一氏に瑞宝単光章
―長年の地域福祉活動への功績で

【士別市】
■かわにしの丘しずお農場
―フルーツほおずきを特産品化
―ジェラート店と連携し商品開発
―道経産局と道農政事務所から認定受ける

【士別市】
■イースタンリーグ
―日ハム戦の前売り券販売開始
―8月12日士別市ふどう野球場 

「今日のハイライト」 15日現在作況、―全般的に生育遅れ

【士別市】 今月前半の低温影響



▼22日

【士別市】
■市議会定例会一般質問
―JR駅舎18年度着工へ準備
―付属機関の助成委員増加
―非正規職員割合は44%

 士別市議会第2回定例会は20日に一般質問を行った。そのなかで士別市が計画しているJR駅舎改修については、2018年度の着工に向けて関係機関と協議していくとの考えを示した。斉藤昇氏(日本共産党)の質問に答えた。また市職員における非正規職員の割合は44%となっていることも明らかにした。山居忠彰氏(民政クラブ)の質問に答えた。

【剣淵町】
■議会一般質問
―道の駅の一時避難所検討へ
―直売所のあり方についても

【士別市】
■イースタンリーグ公式戦
―市内の子どもたちを無料招待
―8月12日の日ハム戦に

【士別市】
■サフォークランド士別サッカークラブジュニア
―2年連続北北海道大会出場へ
―強化の取り組みで着実な成果

【士別市】
■月刊「石垣」 まちの解体新書
―日本商工会議所の全国誌が特集
―士別市の知名度 一気にアップへ

「今日のハイライト」 士別警察署:架空請求メールに注意

【士別市】 実在の通販会社装う

▼21日
【士別市】
■グリーンパートナー事業
―配偶者対策で一定の成果
―本年度は広域実施を計画
―昨年度まで6組が成婚

 士別市は農業者の配偶者確保対策としてグリーンパトナー事業を実施している。この事業がきっかけとなってすでに6組が成婚している。市は、近隣自治体も同様な取り組みを行っていることから、本年度は広域的な事業の実施を計画している。

【士別市】
■天塩川クリーンアップ大作戦
―7月2日に実施
―流域市町村が参加者を募集

【士別市】
■北星信用金庫・平成28年度決算
―預金、貸出ともに増加
―水間旭川支店長を常勤役員に

【士別市】
■カレースタンプラリー
―士別の4店舗でも提供開始
―サフォークの出荷時期を迎え

【士別市】
■第3回地域創生モーターショーin 侍・士別
―車輌展示など多彩な内容で
―7月16日に開催 ミニライブも

「今日のハイライト」 春季ゲートボール大会

【士別市】 上川北部の愛好者交流



▼20日
 【士別市】 絵本の館押し花展25日まで:最高齢102歳の作品も

【士別市】
■キンダー育成プログラムを開催
―2スキージャンプオリンピアン2人が実技指導
―全日本連盟道内では初
―50人のジュニアが参加

 全日本スキー連盟ジャンプ部主催のキンダー育成プログラムが17日、士別市朝日町の三望台シャンツェで行われた。この日は全道のジュニアジャンパー約50人が参加。伊東大貴選手と伊藤謙司郎選手(共に雪印メグミルク所属)の2人のオリンピアンが指導にあたり、選手たちは技術のステップアップを目指して、真剣な表情でプログラムに参加していた。

【士別市】
■ふれあい広場実行委
―市民が参加し背景画塗り
―南小6年立石さんの作品採用

「今日のハイライト」 温根別町:地域の環境整備に汗流す

【士別市】 「コスモスロード」の種まき



▼18日
【剣淵町】
■国際観光地づくり推進を
―25日に台湾ツアーが来町
―8月にはサイクリストのツアーも計画
―タイでは絵本の出版

 国際観光地づくりを推進している剣淵町は、今夏に台湾からのツアーや旅行関係者の招へい事業などを実施する。また台湾に続いて7月にはタイで剣淵をテーマとした絵本の出版が行われ、サイクルツーリズムの推進と合わせ、町の魅力を海外に発信していきたいとしている。

【和寒町】
■和寒町地域包括支援センター
―初の認知症キッズサポーター養成講座
―認知症への理解深めようと
―症状や支援の仕方など学ぶ

【士別市】
■士別観光協
―うちわで夏のイベントPR
―4千枚作り宿泊施設等に

「今日のハイライト」 童謡いぶき:合唱披露し楽しく交流

【士別市】 今年で13回目 桜丘荘を慰問



▼17日
 【士別市】 ふれあい広場実行委:18日に背景画色塗り

【士別市】
■家庭用火災警報器
―「設置」世帯は85%
―義務化は一定程度浸透

 士別地方消防事務組合は5月に、事務組合管内の一般家庭を対象に住宅用火災警報器設置に関する調査を実施し、その結果をまとめた。それによると住宅用火災警報器が正しく設置されていたのは、調査対象世帯の約64%。一部設置の世帯を含めた割合は約85%となっている。

【士別市】
■士別警察署に相次いで相談
―架空訴訟ハガキに注意
―「訴訟最終告知」などと記載


【士別市】
■戦没者へ祈りささげる
―遺族などが慰霊招魂祭

【士別市】
■第48回士別市小学校陸上記録会
―好記録をめざし力走・飛躍
―295人が出場

「今日のハイライト」 北星信用金庫店:舗周辺で清掃活動

【士別市】 本支店で社会貢献活動



▼16日

 【士別市】 惑星科学進歩の講演会25日

【士別市】
■20年間の緑の基本計画策定
―現状の緑地を適切に維持
―35%とする目標値設定

 士別市は、都市計画区域内における緑化政策の指針となる士別市緑の基本計画を策定した。計画は本年度から20年間としている。基本計画では、都市計画区域内の緑地の確保目標をほぼ現況通りの約650<CODE NUMTYPE=UG NUM=76FE>として、今後も適切な緑地の維持に努めていくことにしている。

【士別市】
■小池暢子さん
―今後も精力的に創作活動を
―80歳迎え 「文化芸術の夕べ」開催

【士別市】
■日甜と士別菓子商組合
―「とかち野酵母」使いパン講習
―7月2日のビートまつりで販売
―小麦は「春よ恋」、道産尽くしで

【士別市】
■てしおがわ土地改良区
―JICAの8人の研修生が市を表敬
―自力を発揮し2年連続優勝
―6カ国から水管理等を学ぼうと

「今日のハイライト」 あさひサンライズホール:鬼太鼓座公演23日に

【士別市】 歌や舞踊とコラボレーション



▼15日
 【士別市】 士別塗装組合:発券所や倉庫を塗装

【士別市】
■VIVAマルシェ
―剣淵産ビーツのジャム販売
―食材に付加価値を
―法人化後初の商品化へ

 剣淵町の若手農業者らでつくるグループ「VIVAマルシェ」(高橋朋一代表)が剣淵産ビーツを使ったジャムを商品化した。今年2月に法人化してから初めての一般販売商品となる。多品種生産の農産物のほか、加工品開発、農業生産法人の取得も目指していきたいとしている。

【士別市】
■北ひびき農協
―大豆の低温農業倉庫を建設
―工事の安全願い関係者集い地鎮祭
―コスト削減と夏場の品質保持を図ろうと

【士別市】
■中電工陸上競技部
―祖神の松の林道で走り込み
―ディスタンス深川に備え

【士別市】
■士別中学校
―第60回道北中学バレーボール大会
―自力を発揮し2年連続優勝
―女子15チームが熱戦繰り広げ

「今日のハイライト」 武徳会:上位入賞の活躍光る

【士別市】 旭川地区空手道選手権で



▼14日
 【士別市】 ラジオ体操に参加を

【士別市】
■羊と雲の丘整備事業
―本年度でほぼ完了
―集客面で一定の効果
―14年度からの総事業費 2億3千万円

 士別市は、年次計画的に羊と雲の丘の整備を進めてきている。本年度は約2900万の整備事業費の予算を組んでおり、駐車場の拡幅などを行う予定。2014年度のレストラン羊飼いの家改修から取り組んできた羊と雲の丘整備事業も、本年度で計画していた事業がほぼ完了することになる。

【剣淵町】
■剣淵地酒造り研究会 大吟醸「じんじん」発表
―新酒200本を限定販売
―これまでより香りよく、味に深み

【士別市】
■士別市体育協会 体組成測定・VO2測定
―無理なく効果的な運動を
―持久力測定など土曜日も実施

【士別市】
■不登校・いじめ問題等対策連絡会
―連携し課題の解決を
―情報共有し相談体制強化

【剣淵町】
■毛刈りショー:
―アルパカすっきり変身
―ふかふか原毛にびっくり

【士別市】
■第18回市民ウォーキング大会
―景観楽しみダムも見学
―士別歩こう会サポートで4・5キロ

「今日のハイライト」 新蒼土美術協会:22点の新作を展示

【士別市】 16日まで春季会員展



▼13日
 【士別市】 まちおこし協会が花見の会

【士別市】
■アライグマ、市街で初の捕獲
―生息地、徐々に拡大か
―本年度は早くも12頭

 士別市内でここ数年、アライグマの捕獲数が増加してきている。昨年度は14頭を捕獲しているが、本年度の捕獲数はすでに12頭となっている。捕獲場所の大半が朝日地区だったが、本年度については初めて市街地区で捕獲しており、アライグマの生息域が広がってきていることがうかがえる状況となっている。

【士別市】
■士別地区将棋連盟
―上位入賞の昇級かけ熱戦譜
―子ども将棋大会を開催

【士別市】
■誠心館道場 80周年迎え式典
―心身鍛練を通し青少年を育成
―その精神を次世代に継承へと

【士別市】
■しべつ土曜文化村
―スプレーでの吹きつけに挑戦
―塗装組合青年委協力し貴重な体験

【士別市】
■健康講演会
―給食通じた食育語る

【士別市】
■市立士別図書館:
―「父の日」をテーマに
―絵本や紙芝居を展示

「今日のハイライト」 香りのガーデン、花苗販売や体験教室も

【士別市】 憩いの広場フェスを開催



▼11日
 【士別市】 市立士別図書館:「父の日」をテーマに

【和寒町】
■元気づくり
―町民に自主的活動促す
―16年度は6団体85万円支援

 和寒町が13年度から実施している「わっさむ元気づくり支援事業」は、16年度は6団体に約85万円を支援した。子どもたちの体験事業や塩狩峠でのイベントなど、町民のアイデアによる活動が活発化している。和寒町の総合戦略では5カ年で20団体への支援を目標としており、町では活発な町民活動を支援していきたいとしている。

【士別市】
■あさひまちづくり連絡会道路整備に係る全体会
―道道整備で地域意見一本化
―総幅員13・5メートル、方針確認し今後市に要請

【士別市】
■朝日商工会
―市街地にいろどりを
―プランター80基を設置

【士別市】
■朝日町:絆・感謝運動
―特産品や活性化を話題に
―異業種交流会を開催

【士別市】
■ホクレン・ディスタンス
―ポスター配布しPR
―7月2日に開催

「今日のハイライト」 交通死亡事故ゼロを

【士別市】 広域活動で旗の波運動



▼10日
 【士別市】 市立博物館:道北・世界の蝶を一堂に

【士別市】
■総合戦略会議:重要業績評価指標(KPI)
―合宿者数や新規就農等が課題
―「一定の成果得た」と判断

 士別市は若年層の食と生活リズムを把握し、健康に配慮した食生活の実践に結びつけていくことを目的に「食事・生活習慣等調査」を実施する。20〜30歳代の市民と、高校生を対象に行い、調査結果については今後策定する時期食育推進計画の基礎資料などとして活用することにしている。

【剣淵町】
■剣淵高校:長期委託実習で結団式
―貴重な体験活かしたい
―2・3年生 米国や嬬恋村など国内外に

【和寒町】
■酒井唯夫さんに厚労大臣表彰
―民生委員児童委員を24年間務める

【士別市】
■士別翔雲高校バレーボール部
―2年連続の全道大会出場
―自慢の守備で上位めざす

【和寒町】
■広島出身の吉田さん
―楽しみながら農業体験を
―実習通し食材への関心高めたい

「今日のハイライト」 中体連陸上競技:全道目指して記録に挑戦

【士別市】 辻本・風間両選手が最優秀



▼9日

 【剣淵町】 絵本の館:11日に「おとえほん」コンサート

【士別市】
■食事と生活習慣の実態把握へ
―若年層・高校生対象に調査
―健康的な「食」に結びつけようと

 士別市は若年層の食と生活リズムを把握し、健康に配慮した食生活の実践に結びつけていくことを目的に「食事・生活習慣等調査」を実施する。20〜30歳代の市民と、高校生を対象に行い、調査結果については今後策定する時期食育推進計画の基礎資料などとして活用することにしている。

【士別市】
■陸上合宿のシーズン到来
―中国電力がトップで開始

【士別市】
■食生活改善協議会
―食事から健康づくりを
―ヘルスサポーターを養成

【士別市】
■図書館昨年度実績
―1日平均314冊の貸出
―インターネット予約は99件

【士別市】
■誠心館道場
―心身鍛練の精神伝え80周年
―柔道通じ地域スポーツ振興に尽力

【剣淵町】
■「じんじん」の続編を公開
―7月2日に特別先行上映会
―主演の大地康雄さん舞台挨拶も

「今日のハイライト」 1日現在の生育状況

【士別市】 移植作業等ほぼ終える


▼8日
 【士別市】 管工事業協、無事故無災害誓う

【士別市】
■士別ハーフマラソン大会
―招待選手、男女合わせて20人
―五輪出場ら豪華な顔ぶれ
―ゲストに土佐礼子さん

 31回目を迎えるサフォークランド士別ハーフマラソン大会の招待選手が決まった。リオデジャネイロ五輪3千メートル障害の日本代表として出場した塩尻和也選手(順天堂大学)と高見澤安珠選手(松山大学)をはじめ、第28回大会男子ハーフ優勝の今井正人選手(トヨタ自動車九州)ら男女合わせて20人が出場する予定となっている。また、三井住友海上女子陸上競技部プレーイングアドバイザーである土佐礼子さんを大会ゲストとして招くことになった。

【士別市】
■市議会第2回定例会
―市住家賃、長期滞納者に対し訴訟
―除雪車など11件の議案原案可決

【剣淵町】
■レークサイド桜岡株主総会
―台風影響などで赤字決算
―客室整備事業は7月から

【剣淵町】
■管工事業協
―無事故無災害誓う
―安全大会開催して

【士別市】
■愛媛農大生1班20人を受入
―農家で2週間の実習体験

【剣淵町】
■絵本の館
―子どもと四季の姿描く
―齋藤匡隆ちぎりえ色紙展

「今日のハイライト」 絵本の館、子どもと四季の姿描く

【士別市】 齋藤匡隆ちぎりえ色紙展

▼7日
 【士別市】 朝日水力発電期成会、要請活動などを継続

【士別市】
■夏合宿、原田監督ら表敬訪問
―これからが本番
―トップ切り雪印スキー部
―陸上チーム中心に多数の受入れ

 ノルディックスキー・ジャンプ競技の雪印メグミルクスキー部(原田雅彦監督)が、5日から士別市内で合宿を行っている。5日には原田監督と岡部孝信コーチが表敬訪問のため市役所を訪れ、牧野勇司市長らと懇談した。士別市では今後、陸上競技などを中心に合宿の受け入れが本格化する。

【士別市】
■牧野市長行政報告
―訪問看護ステーション開設の取り組みを
―ふるさと寄附5月末で件数2倍に

【士別市】
■朝日水力発電期成会
―要請活動などを継続
―17年度の総会と研修

【剣淵町】
■まちづくり町民会議
―総合戦略の効果検証
―課題や事業で意見交換

【士別市】
■士別市管工事業組合
―水道施設を点検作業
―青年部が社会貢献

【和寒町】
■吉田昭八さん
―長年の森づくりに力注ぐ

【士別市】
■市と体育協会
―市内に5つのコース設置
―運動量等盛り込んだマップ配布

「今日のハイライト」 士別市管工事業組合、水道施設を点検作業

【士別市】 青年部が社会貢献



▼6日


 【士別市】 士別市社協、地域福祉の向上を

【士別市】
■天塩岳山開き
―道北の登山シーズン幕開け
―2年ぶりの旧道コース利用
―低温など悪天候で途中下山

 天塩岳(1557・6b)の山開きシーズン幕開けとなる「天塩岳山開き」が4日に行われた。昨年は豪雨により登山道路の橋が流されるなどの被害で新道コースを使用したが、今年は2年ぶりの旧道コースでの登山となったが、低温やアイスバーン状態の残雪により途中下山した。

【士別市】
■まちおこし協会会員20人
―学校支援活動で草刈り

【士別市】
■市議会
―20日からの一般質問に9人通告
―第2回定例会は6日〜23日

【士別市】
■士別市社協
―地域福祉の向上を
―評議員会で事業報告など

 
【剣淵町】
■士別観光協会
―アルパカ登場の新マンホール
――2カ所に設置―、元協力隊の田中紘子さんデザイン

「今日のハイライト」 まちおこし協会会員20人

【士別市】 学校支援活動で草刈り



▼4日
 【士別市】 シルバー人材センター契約、金前年度から減少

【士別市】
■岩尾内湖水まつり
―1カ月早い25日に
―森のサロン、30店舗以上と充実
―朝日オリジナルテーマ曲もお披露目

 士別市朝日町の岩尾内湖畔で毎年開催している岩尾内湖水まつりは、例年より1ヵ月早い6月25日に開催する。40回目を迎えるイベントは従来よりも内容を充実、30店舗以上の飲食や雑貨販売、体験コーナーを設ける。また朝日町のオリジナルテーマソングも制作中で会場でお披露目を行う。

【士別市】
■尾崎學さん
―教科書取次に長年の貢献
―文部科学大臣表彰を受賞

【和寒町】
■地域おこし隊
―自然・農業の魅力引き出したい
―金城芳樹さんが就任

【和寒町】
■塩狩峠
―待ち遠しい桜の開花
―保育所園児らが植樹

【士別市】
■士別観光協会
―天塩川源流の安全を祈願
―岩尾内湖 関係者集い湖水開き

「今日のハイライト」 塩狩峠、待ち遠しい桜の開花

【和寒町】 保育所園児らが植樹

▼3日付
【士別市】
■つくも梯子乗り保存会
―30周年目前に解散を決断へ
―会員減少と高齢化進み
―伝統継承の灯消える

 士別つくも梯子乗り保存会は、会員の減少と高齢化で「これ以上の存続は困難」として、解散することを決めた。新年の出初式や市内各種イベントで妙技を披露してきた保存会だけに、市内各所から解散を惜しむ声があがっている。現在は22人となっている。
 新たな入会者もいないため会員が高齢化していき、いまでは保存会の中心メンバーも40〜50歳代となっている。現在の乗り手は4人しかおらず、全盛期の半数ほどとなってしまった。

【和寒町】
■全日本玉入れ選手権総会
―新たに2ルール公認
―9月にはフォーラムの開催も

【士別市】
■高速道整備で要望活動
―道路、河川などの期成会総会
―高速自動車国道旭川名寄間建設促進、天塩川治水
一般国道40号名寄・稚内間整備

【剣淵町】
■=初チャレンジデー= 来年も挑戦を
―世代を越えて町民が参加
―参加率=剣淵町 40・8%、大宜味村 43・1%
―惜敗するも盛り上がる
 
【士別市】
■士別地方危険物安全協会
―安全な取扱い等に貢献
―道連合会長表彰を伝達

【士別市】
■士別市青少年問題協議会
―基本方針など確認
―地域一体で健全育成を

「今日のハイライト」 高速道整備で要望活動:道路、河川などの期成会総会

【士別市】 高速自動車国道旭川名寄間建設促進、天塩川治水、
一般国道40号名寄・稚内間整備



▼2日付
【士別市】 士別建設協会、繁忙期前に安全大会

【士別市】
■本庁舎整備
―改築への準備、最終局面に
―9月には落札者決定の予定
―順調にいけば来年夏ごろ着工

 本庁舎改築に向けて準備を進めている士別市は、1日に設計施工一括発注入札に関して公告した。順調にいけば9月には落札者が決定することになり、着工へ向けた準備はこれから最終局面を迎えることになる。現在の市役所本庁舎は1964年に建設された鉄筋コンクリート地上4階、地下1階の建物。
 建設から50年以上が経過し、建物をはじめ内部設備の老朽化がかなり目立ってきている。本庁舎整備にかかる総事業費は「33億円以内」としており、合併特例債を活用する。

【士別市】
■宗谷本線活性化推進協議会総会
―自治体で利用実態調査実施
―存続への具体策実施に向け

【士別市】
■鈴木清次さん(元町議)に旭日単光章
―農業や福祉発展に貢献

「今日のハイライト」 東京わっさむふれあい会、ふるさと話に花咲かせる

【和寒町】 春風亭柏枝さんゲストに



▼1日付

【士別市】
■合同墓
―相談・問合せほぼ毎日
―市民ら関心の高さ表れ
―1カ月で17件、47体申請受付

 士別市は5月1日から合同墓の使用申請を受け付けている。現在までに17件、47体を受け付けており、すでに19体を合同墓に納骨している。士別市市民部環境生活課によると、合同墓に関する相談や問い合わせはほぼ毎日あって、その関心の高さが表れている。 

【和寒町】
■全日本バイアスロンナショナルチーム
―平昌五輪目指し練習開始
―15人が合宿で来町

【士別市】
■たばこ組合士別婦人部
―市街地のごみ拾い実施
―喫煙マナーの啓発も

【士別市】
■士別誠心館道場:後藤田柊斗君、垂又征吾君
―ともに準優勝し13年振りの全国出場へ
―上位目標に稽古の精進

【士別市】
■士別ロータリークラブ
―IM開催、テストコースを見学
―ロータリー文庫に児童図書を寄贈

【士別市】
■士別市・士別消費者協会
―悪質商法の被害防止
―戸別訪問実施し情報提供