【ヘッドライン】 2018年7月

▼31日
【士別市】 写真パネル展など開催:1日から平和推進事業

【和寒町】
■どんことい夏まつり
―炎天下、多くの町民が会場に
―カブト虫釣り長蛇の列

実行委員会主催の第16回どこんとこい!わっさむ夏まつりが29日、三笠山ふれあいのもりで行われた。会場では恒例となった「カブト虫王国」などが行われ、たくさんの家族連れが真夏のイベントを楽しんでいた。

【士別市】
■第27回全日本サマーコンバインド
―炎天下で練習成果競う
―ローラスキーとランニング

【士別市】
■ジュニア&レディースサマージャンプ
―100人が青空に豪快アーチ
―地元の御家瀬選手は4位入賞

【士別市】
■士別大通郵便局
―農家に販売スペース貸し出し
―取り組み紹介し農業を応援
―「あるむ」と「イナゾー」が出店

【剣淵町】
■被災社員へ見舞金を
―マツダとふれあう会が募金呼び掛け

【剣淵町】
■剣淵西原の里:各種コーナーやチアリーディングなど
―体験通して施設利用者と交流
―けんぶち1受けたい授業好評博す

【士別】
■北ひびき農協
―地域美化をとごみ拾い
―職員が水郷公園で

「今日のハイライト」 士別市老人クラブ連合会、ユニーク競技に歓声

【士別市】 暑さはね返して大運動会



▼29日
【士別市】 市立図書館「絵本づくり」:2日間で製本など体験九

【士別市】
■実態調査:通年雇用促進協議会
―労働力不足が顕著
―経営上の大きな課題に
―高齢化目立つ季節労働者

士別地域通年雇用促進協議会は昨年4月から今年3月にかけて実施した2017年度季節労働者実態調査の結果をまとめた。それによると、各事業所がかかえる課題について最も多かった回答が「人材不足」となっており、さらに従業員雇用での課題も「若年層を確保できない」との回答が3割以上となるなるなど、労働力不足が目立つ調査結果となっている。
【士別市】
■士別市対策本部
―豪雨災害想定し初の図上訓練
― 対応を入念にチェック
―警報発令から避難の準備など

【士別市】
■公共施設に募金箱設置
―西日本豪雨災害、大阪府北部地震に対し
―義援金協力呼びかけ

【士別市】
■士別南中学校女子バスケットボール
―地区大会の決勝では逆転勝利
―上川支部代表として全道初出場
―自慢の得点力発揮し優勝を

「今日のハイライト」 サフォークの絵コンテスト:264点から入賞決まる

【士別市】 グランプリは宮武君の作品



▼28日
【士別市】 九十九大学の合同体育祭:ユニークな種目楽しむ

【剣淵町】
■省CO2事業に採択
―公共施設13カ所で照明のLED化
―役場、健康センターは灯油ボイラー

 剣淵町は国の地方公共団体所有施設の省CO2改修支援事業(バルクリース事業)の採択を受けた。公共施設の省CO2化への調査費と設備導入費を補助するもので、役場庁舎など13施設の照明LED化、役場、健康センターのボイラーを既存の重油から灯油に切り替える事業を今年度実施する。

【士別市】
■士別剣道連盟
―伝統胸に全道団体・個人戦へ
―「一つでも上を」と練習にも熱

【士別市】
■日本ハムがサマーキャンプを実施
―夏休みに技術のレベルアップ
―道北各地の少年団員20人が参加

【士別市】
■九十九大学の合同体育祭
―ユニークな種目楽しむ

【士別市】
■日本公衆電話会
―ガイドブック市に寄贈
―中学生向けのネット活用法

【和寒町】
■町議会と三笠山大学が懇談
―各委員会から行政課題を報告

【士別】
■しずお農場
―バーベキューまつり開催
―15周年で28日と29日に

【剣淵町】
■須賀川西、喜多方のバスケットボール少年団
―福島の子どもたちを歓迎
―練習や交流試合実施

「今日のハイライト」 国際ソロプチミスト士別、読書環境の充実を

【士別市】 児童図書25冊を寄贈



▼27日
【士別市】
■1市2町:18年度普通交付税
―ともに前年度より減額
―剣淵町、人口減等で7・4%
―当初予算計上額は上回る

 2018年度普通交付税の交付額が決定した。北口雄幸道議会議員から連絡があった。1市2町の交付額は、前年度比べ士別市で1・3%、和寒町が2・2%、剣淵町は7・4%といずれも減額となっている。ただ、各市町とも減額分についてはある程度見込んでおり、3市町とも普通交付税の当初予算額を上回る交付額となった。

【士別市】
■士別市出身の長谷川さん
―ラジコン飛行機の魅力市民に
―ふるさとでのイベント開催を計画

【士別市】
■士別翔雲高校新聞局
―10年連続で全国大会参加へ
―取材や紙面づくりを体験

【士別市】
■士別翔雲高校ウエイトリフティング
―全力尽くし上位入賞を
―4人がインターハイに出場

【士別市】
■士別ロータリークラブ例会
―細川ガバナーが公式訪問
―講話では諸問題克服への指針示す

【和寒町】
■10月に食と観光情報案内所を開設
―試験的に加工品の展示販売など

▼26日

【士別市】
■天塩岳道路:土砂除去の作業を開始
―早くて26日には通行可能
―全面的な復旧に向けては関係機関との協議が必要

【和寒町】
■町内各地区で町政懇談会始まる
―住民らと意見を交換

【士別市】
■ゴールバーン市から初のAETを採用
―訪問団に参加したモウブレーさん

【士別市】
■湊谷幸歩さん(士別小学校2年)
―第4回全日本トランポリン競技ジュニア
―全国の舞台で力発揮を
―ジュニア選手権に出場

【剣淵町】
■1日から絵本の里大賞
―原画展は02年以来の「童里夢展」

【士別市】
■士別市教育委員会
―学習と運動の習慣をと
―チャレンジ寺子屋がスタート

【士別市】
■効果的な学習活動めざし
―教職員対象に研修会開催

【士別】
■士別ガーデニングネット
―プレートの申込受付
―水郷公園に思い出を

▼25日
【士別市】 松浦武四郎の講演会29日に:士別市立博物館

【士別市】
■牧野市長会見:駅舎改修広場整備
―事業着手を2年延期
―特別債発行期限延長で

 士別市の牧野勇司市長は23日に定例会見を行った。そのなかで、当初は2018年度に着工するとしていたJR士別駅舎改修と駅前広場整備について、事業の財源として活用を予定している合併特例債の発行期限が5年間延長されたことで、これら事業着手も延期する考えを示した。スケジュールの変更に伴い、JR士別駅舎改修については2020年度に着手し、21年度のJR駅舎完成後に駅前広場を整備することにしている。

【士別市】
■スピードスケートナショナルチーム
―8月19日から初の士別合宿
―男女選手、コーチら総勢39人

【士別市】
■士別誠心館道場
―第32回マルちゃん杯小学団体で3位
―2年連続の全国大会出場へ

【士別市】
■キーホルダー・ストラップ
―お土産に「ジャンプん」を
―創温順工房が製作

【和寒町】
■着地型観光推進協
―観光PR動画を製作中
―9月には秋のモニターツアーも

「今日のハイライト」 交通安全母の会:子どもの交通事故防止を

【士別市】 40周年で夜光反射材寄贈




▼24日
【士別市】
■第32回サフォークランド士別ハーフマラソン大会
―優勝は男子:クライ 選手、女子:坪倉選手
―沿道では多くの市民が声援

 士別市などが主催した第32回サフォークランド士別ハーフマラソン大会が22日に行われた。約1800人の出場者が、青空のもとで健脚を競っていた。ハーフ男子は上位3人が大会記録を更新するなかで、ポール・クライ選手(コニカミノルタ)が1時間03分10秒のタイムで優勝。女子は坪倉琴美選手(ワコール)が1時間15分42秒で初優勝した。この日は4人のゲストランナーも参加し、大会の盛り上げにひと役かっていた。 

【士別市】
■第4回地域創生モーターショー in 侍 士別
―200台の車両が集結
―市内にも大きな経済効果もたらす

【士別市】
■士別市シルバー人材センター
―気持ち良く走ってと

「今日のハイライト」 士別市シルバー人材センター、気持ち良く走ってと

【士別市】 ハーフコースでごみ拾い



▼22日
【士別市】 士別市農業委員会:27人の委員に任命証交付

【士別市】
■つくも青少年の家
―年度内廃止前提に協議
―社会教育機能は山村施設
―合宿等の宿泊対応が課題
 士別市は現在、つくも青少年の家を本年度中の廃止を前提とした協議を進めている。協議では、社会教育施設としての機能を朝日山村研修施設が担う方向となっているが、合宿などの宿泊機能についてはどの程度補完することができるかが、課題となっている。

【和寒町】
■第61回士別分会消防総合訓練大会
―団員らが訓練成果披露
―236人と車両20台が集結

【士別市】
■羊のまち士別観光推進委
―21日に特別講演会
―羊のまち士別観光推進委

【剣淵町】
■レンタサイクル
―町内観光を自転車で
―道の駅など4施設で

【剣淵町】
■まちづくり事業
―自主的な活動を支援
―10年間で26団体が利用

 剣淵町は町民の自主的な活動を支援しようと08年度から「地域コミュニティ活動支援事業」を実施し、11年度から「協働のまちづくり活動支援事業」と名称を改めて実施してきた。10年間で延べ26団体を支援、町民の自主的な活動の一助にもなっており、これからも協働の推進、町の活性化を支援していきたいとしている。

【士別市】
■士別市農業委員会
―27人の委員に任命証交付
―会長に飛世氏、代理は保科氏選出

【士別市】
■士別商工会議所:6月期の景気動向調査まとめ
―稼働期で建設業売上げ増加
―業況の見通し「不変」が84%

【士別市】
■市民参加で消費拡大
―「牛肉料理コンテスト」レシピを募集
―素材に士別産の一品を活用

【剣淵町】
■旧西原小学校第39回卒業生クラス会
―旧友らと近況語り合う
―遠くは座間市からも

「今日のハイライト」 市議会:議員定数などをテーマに

【士別市】 30日から各所意見交換会




▼20日
【士別市】
■医療費
―中学生まで完全無料化
―制度拡大8月から実施
―子育て環境の充実図る

士別市は独自施策として小学生の医療費と中学生の入院医療費を無料化している。8月からはこの制度を拡大し、中学生までの医療費についてすべて無料化する。今月中には、対象となる中学生について受給者証を送付することになっている。

【士別市】
■温根別自主防災組織
―住民間で防災意識の共有
―地域で助け合い被害最小限に

「今日のハイライト」 社会を明るくする運動で表敬訪問

【士別市】 青少年の健全育成を




▼19日
【士別市】 水郷公園有料遊具:夏休み期間中は毎日営業

【士別市】
■ゴールバーン市と公式会談
―来年は士別市から訪問団
―姉妹都市20周を記念
―AET派遣の準備も

 士別市と姉妹都市提携を結ぶ豪州ゴールバーン・マルワリー市(ゴ市)の訪問団と士別市などによる公式会談が17日、市民文化センターで行われた。来年には士別市とゴ市との姉妹都市提携20周年を迎えることから、士別市がゴ市を訪問し、現地で記念式典を行うことで今後準備を進めていくことなどを確認していた。

【士別市】
■士別市役所野球部
―全国官公庁中央大会に2年ぶりの出場へ
―1回戦突破が目標、練習にも熱

【剣淵町】
■剣淵町公民館
―水に親しみながら上達を
―こどもたち対象に教室実施

【士別市】
■士別剣道連盟
―紅白に分かれ熱戦展開
―例大祭奉納の大会

【士別市】
■市立図書館
―暑い夏を楽しんで
―絵本や紙芝居を展示

「今日のハイライト」 士別剣道連盟:紅白に分かれ熱戦展開

【士別市】 例大祭奉納の大会



▼18日
【士別市】 市立士別図書館:図書館夏の行事を開催

【士別市】
■ホクレン・ディスタンスチャレンジ士別大会
―国内一線級の男女200人出場
―多くの市民訪れ選手に声援
 国内一線級の中・長距離選手が記録に挑む「ホクレン・ディスタンスチャレンジ士別大会」が15日、士別市陸上競技場で行われた。士別大会には男女8種目に約200人の選手がエントリー。応援に駆けつけた市民らの声援を受けながら、選手たちは記録に挑戦していた。

【士別市】
■士別ディスタンス
―各レースで熱戦繰り広げる
―小学生から一般までが出場

【士別市】
■平成30年士別神社例大祭
―ゴールバーン市の視察団も神輿担ぎ盛り上げる

【和寒町】
■8月にフットパスイベント
―塩狩峠の道を歩こう
―三浦文学の歴史に触れながら

【剣淵町】
■29日に西原の里体験
―けんぶち1受けたい授業を開催

【和寒町】
■和寒中学校
―台湾2校と姉妹提携へ
―8月の国際研修で調印式
―現地学生と玉入れ交流も

 和寒町の国際交流研修事業は2010年度から毎年中学生が台湾などを訪問しており、8月11日からの研修では台湾の2校と和寒中学校の姉妹校提携の締結を行う。また玉入れ競技の道具も2校に贈っており、現地で玉入れ競技を通じた生徒同士の交流も深めたいとしている。 

【士別市】
■士別ハーフマラソン:22日
―コース沿いで交通規制実施
―多くの市民の応援を呼びかけ

【士別市】
■市立博物館
―縄文土器づくりに挑戦
―今後は野焼きや調理も体験へ

【士別市】
■市立士別図書館
―北海道をテーマに展示
―「道みんの日」にちなんで
―写真集やガイドブックなど幅広く

【士別市】
■ふうれん特産館
―もち米「甘酒」21日発売
―道の駅などで取り扱い

【士別市】
■高円宮賜杯
―優勝目標に白球追う
―学童野球北大会を開催

「今日のハイライト」 理容組合道北地区:スポーツで交流深めるし

【士別市】 80人参加しパークゴルフ





【士別市】 手作り絵本教の室参加者募集:市立図書館

【士別市】
■ナショナルチームが士別で合宿へ
―中国ジャンプ:北京五輪に向けて強化
―日本ウエリフ:涼しい士別で効果的練習を

 士別市内で2つのナショナルチームが合宿を行っている。朝日町では4年後の北京冬季オリンピックを目指す、スキージャンプの中国ナショナルチームが、士別ではウエイトリフティングの男子ナショナルチームがそれぞれ強化に向けてた練習を行っている。国を代表するチームが相次いで士別合宿を行っていることは、合宿の里士別の環境が高い評価を得ていることになる。(村山功)

【士別市】
■シーニックバイウェイ北海道
―道北ルート連携フォトコンテスト
―作品募集:この地域は天塩川

【士別市】
■姉妹都市交流:ゴールバーン市からウォーカー副市長ら
―15人の訪問団が来市
―神社祭典参加や学校訪問、公式会談も

【剣淵町】
■剣淵神社例大祭
―威勢よく神輿練り歩く
―太鼓や獅子舞も

【士別市】
■士別市―士別警察署―和寒町
―飲酒運転根絶に協力を
―一日署長4人、警察官に4人

「今日のハイライト」 中士別町:交通事故防止めざし

【士別市】 人の波旗の波を実施




▼14日
【士別市】 士別地区暴追協;暴力団排除呼びかけ

【士別市】
■サフォーク飼養頭数
―徐々にだが増頭進む
―過去5年で最多に
―プロジェクトで振興計画策定

 士別市のまとめによると、4月1日現在における市内でのサフォーク羊飼養頭数は繁殖用、子羊を含め1234頭となっている。この数は過去5年間で最多となっており、これまでで最も多かった2011年4月1日現在に迫る数となってお 

【士別市】
■士別女子ミニバスケット少年団
―団結力で上位進出めざす
―2年ぶりの全道大会出場

【剣淵町】
■限定ダムカードを配布
―北海道150年記念バージョンで西岡も

「今日のハイライト」 ホクレン・ディスタンスチャレンジ士別大会

【士別市】 各種目に約200人エントリー、14日陸上競技場 市民来場をと

▼13日
【士別市】
■市民広場みなくる
―今後の「あり方」の協議開始
―組織や事業の方向性で
―話し合い継続し結論へ

 士別市人づくり・まちづくり市民会議「市民広場みなくる」(松浦秀嗣代表)は10日に生涯学習情報センターで例会を開き、今後の活動について会員らが意見を交わした。市民広場みなくるでは本年度の総会で「解散」を視野に入れた今後のあり方について協議していくとしていた。今後も会員による協議を進めながら、そのあり方について方向性を明らかにすることにしている。 

【士別市】
■士別ハーフマラソン
―1850人がエントリー
―32回大会は22日に号砲

【士別市】
■みよし商工会・士別商工会議所
―今後もいっそうの交流強化を
―研修に訪れ情報交換も

【士別市】
■士別市教委委員会
―チャレンジ寺子屋募集
―24日から4日間

【士別市】
■士別地方消防事務組合
―17年中の火災発生17件に
―救急活動は1300件

【士別市】
■士別シルバー人材センター
―生垣剪定で労力奉仕
―市立病院で社会貢献

【士別市】
■天塩岳
―トレイルラン中止に
―土砂崩れで復旧めど立たず

【士別】
■学校給食センター
―地元の農産物を食材に
―本年度初のふるさと給食実施

「今日のハイライト」 士別消費者協:お祭り食品中心に量目調査

【士別市】 全体の2割で表示より不足




▼12日
【剣淵町】 ぐるっとライド実行委員会会議:1市3町を巡る2コース

【士別市】
■庁舎改築
―8月から工事本格化
―19年中の完成めざす
―臨時駐車場設け協力呼びかけ

 士別市の本庁舎改築事業は、8月から本格的な工事を行うことになっている。それに先立ち、17日からは改築工事に向けた準備のため、現庁舎と市民文化センター前の駐車場が使用できなくなることから、士別市は市民らに臨時駐車場の利用を呼びかけていくことにしている。

【士別市】
■子ども議会
―9人の中学生に任命書交付
―10月23日の本番に向け学習

【士別市】
■士別市立病院
―看護師の仕事を体験
―介助や院内施設の見学も

【剣淵町】
■ぐるっとライド実行委員会会議
―1市2町を巡る2コース
―参加申し込みは17日まで

【剣淵町】
■剣淵ボンバーズ
―あきらめない野球で一勝を
―読み聞かせやワークショップ

【士別市】
■士別シルバー人材センター
―生垣剪定で労力奉仕
―市立病院で社会貢献


【士別市】
■優良勤労青少年の表彰式
―4人の受賞者に楯贈る

「今日のハイライト」 市民センター広場:ライブなど多彩な催し企画

【士別市】 15日中央通で歩行者天国




▼11日
【士別市】 士別翔雲高文化祭:松浦武四郎の関連資料を展示

【士別市】
■さっぽろ市士別ふるさと会
―樹木の写真入り解説書を作製
―会員の労作を市に寄贈
―市民に関心持ってもらおうと

 さっぽろ市士別ふるさと会(三分一敬会長)は、より多くの市民が森や木々に対する理解を深めてくれればと、市内で一般的に見ることのできる樹木の写真と解説をまとめた冊子を作製。それを士別市に寄贈した。 (村山功)

【士別市】
■ベトナム・タイ:第2回アジア交流少年サッカー大会
―混成チームと絆深める対戦
―旭川や名寄からも参加

【士別市】
■ベトナムらの子が南小訪問
―書道やゲームで交流

【士別市】
■38回全日本サマージャンプ朝日大会
―地元の2選手が初アーチ
―御家瀬選手は5位入賞

「今日のハイライト」 全道信金野球大会:6チームが熱戦を展開

【士別市】 士別などで道北予選



▼10日
士別市】 TEC―FORCEを派遣:旭川開発建設部、豪雨被害の西日本に

【士別市】
■第24回道北日報杯パークゴルフ大会
―男女84人が熱戦を展開
―朝妻利明さん、斉藤和子さんが優勝

 第24回道北日報杯パークゴルフ大会が8日、士別市ふどうパークゴルフ場で行われた。大会には84人が出場し、日ごろの練習の成果を競っていた。
 男性の部では朝妻利明さん、女性の部では斉藤和子さんが優勝した。

【士別市】
■第28回道北日報旗争奪士別地区スポーツ少年団交流野球大会
―士別南が10年ぶりに優勝
―トーナメント戦に4チームが出場

 少年野球の振興と少年団員の交流を目的に、和寒町野球連盟が主催し、本社共催の「第28回道北日報旗争奪士別地区スポーツ少年団交流野球大会」が8日に和寒町営球場で行われ、士別南野球少年団が10年ぶりに優勝した。
 士別南と士別九十九野球少年団の決勝戦はチームメイトや保護者らの声援が飛び交うなか行われ、士別南が15―5でコールド勝ちした。

【士別市】
■つくも水郷公園
―園内に子どもたちの歓声
―再整備事業完了しオープン

「今日のハイライト」 士別市交通安全母の会:正しくシートの利用を

【士別市】 会員がゆらを訪問し啓発

▼8日
【士別市】 中体連柔道上川管内代表決定戦地、元勢の活躍に大きな声援

【和寒町】
■街灯約900基をLED化
―補助採択受け9月以降順次
―カタクリ灯は廃止し新照明に

 和寒町は町内の全街路灯のLED化を9月以降順次実施する。環境省の二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域におけるLED照明導入促進事業)の採択を受けて約900基の道路灯・防犯灯でLED照明を導入する。新たな照明は従来のものより白色で明るくなり、市街地大通りの「カタクリ」灯はLED化に伴い交換することとなった。

【士別市】
■ベトナムとタイから35人
―試合での交流や収穫体験も
―木製ストラップ、来訪記念に贈る
来訪記念に贈る

【士別市】
■士別警察署委嘱
―ジャンプの選手ら1日署長・警察官
―交通安全意識を高めてと街頭で

【士別市】
■士別地域農作物作況
―全般的に生育に遅れ
―低温と日照不足影響で

【士別市】
■いぶきで生涯学習フェス
―作品展示や体験会など

【士別市】
■元士別消防署長の山本雄一氏に
―瑞宝単光章を伝達
―危険物従事者叙勲の消防功労で

【士別】
■ラブ士別・バイ士別推進協
―19日バスツアー実施
―士別再発見で各所見学

「今日のハイライト」 九十九大学:神社周辺で奉仕活動

【士別市】 草刈り作業に汗流す



▼7日
【士別市】 士別市勲友会:新たに4人の会員が加入

【士別市】
■住宅改修促進事業のシンク分
―順調な滑り出し
―助成件数は前年上回る

 士別市は本年度から、住宅改修促進事業で50万円以上100万円未満の工事も助成対象としているが、現在までに新たなに設けた少額工事に対する助成は7件となっている。新区分を設けたことも影響してか、住宅改修促進事業全体の助成件数は、前年同期に比べ10件ほど増えてきている。

【士別市】
■市道天塩岳道路
―土砂崩れ発生し通行止めに
―現段階で復旧の見通し立たず

【士別市】
■「キッズ食育カフェ」初開催
―親子で楽しく食を学んで
―離乳食の試食や相談コーナーも

「今日のハイライト」 6企業に感謝状贈呈

【士別市】 社会貢献活動に対し


▼6日

【士別市】
■つくも水郷公園
―再整備事業が完了
―7日にオープンセレモニー

 士別市が総事業費3億9千万円をかけて遊具設置や管理棟建設などを進めてきたつくも水郷公園再整備事業が完了し、7日にリニューアルオープンセレモニーを開催する。当日は士別産食材の試食会や有料遊具無料開放などを行い、市民憩いの場の完成を祝うことになっている。

【士別市】
■佐々木智雄さん(剣淵町)
―建築積算のプログラムを無料配布
―半年かけ開発し技術者に好評
―改良重ねダウンロードは2万件

【士別市】
■士別中学校陸上部
―3人が南部忠平陸上に出場
―最高峰の大会で好記録めざす

「今日のハイライト」 士別翔雲高校文化祭:松浦武四郎の特別展開催

【士別市】 8日に一般開放、働く車のシリーズも

▼5日
【剣淵町】 教育を考える集い、20日に

【士別市】
■17年度観光入込数
―士別市:全道35市中で2位
―合宿効果などで増加
―外国人宿泊が212%に
―和寒町も増だが剣淵町は減少

 上川総合振興局は、管内市町村の2017年度の観光入込客数(延べ数)をまとめている。それによると士別市は36万人ほどで、前年度比で111・4%となった。また和寒町も101・1%の4万7千人ほどで、剣淵町は95・6%の約60万人となっている。
【士別市】
■空手道競技:窪田博文さん
―マスターズで優勝果たす
―全国大会への出場も濃厚に

【和寒町】
■三笠山公園内の2号道路
―法面土砂が崩れ不通に
―2日夕からの総雨量150ミリ超える

【士別市】
■社会福祉協議会:ふれあい標語入賞者決まる
―最優秀賞は本間さんの作品
―思いやり 助ける絆 かける声

【士別市】
■市立博物館
―地域の成り立ちを学ぶ
―露頭や採石場などを見学

「今日のハイライト」 第41回東日本軟式野球大会《一部》

【士別市】 支部予選会の3代表決まる



▼4日
【士別市】
■17年度市税収入率
―全道35市中で2位
―9年連続の99%越え
―各種取り組みで高水準維持

 北海道市長会は2017年度の道内各市市税収入調査を実施し、その結果をまとめた。調査結果によると、士別市は現年度課税分の収入率で全道35市中で2位となった。前年度の3位から順位を一つ上げたことになり、市税収納率は高い水準を維持しているといえそうだ。

【士別市】
■7日にアジア交流サッカー
―昨年に続いて2回目
―ベトナムとタイの少年団訪れ

【士別市】
■多寄でJALカップ予選
―本選出場かけて200人が熱戦
―男性は剣淵の恒成さんが優勝

【士別市】
■士別軌道のレトロバス
―「バスとりっぷ」の記事ランキングでトップに
―期間中に全国のファンが訪れ乗車

【士別市】
■中体連士別地区開催
―球技と武道の大会で6種目

【和寒町】
■MFJ:15日に全日本トライアル
―町民限定で無料入場券も

「今日のハイライト」 市立士別図書館:雨の物語を楽しんで

【士別市】 絵本や紙芝居を展示

「雨」をテーマとした図書の展示が、市立士別図書館2階児童図書室で行われている。

 市立士別図書館では子どもたちに季節を感じてもらおうと、年間を通しイベントや季節に合わせたさまざまな展示を行ってきている。

 今回は「雨」をテーマとし、天気が悪い日でも楽しく読むことができる絵本や紙芝居を集めた。 会場には傘や長靴といった雨具が登場する絵本や、夕立や雨やどり中の物語など、多彩な内容の図書を展示している。

 展示は10日まで。これらの図書は貸出も行っており、多くの子どもたちの利用を呼びかけている。    



▼3日
【士別市】 関係者集い開拓記念式


【剣淵町】
■アルパカ牧場:初の結婚式
―来場者が祝福、来年は出産も
―新郎は剣淵町生まれの「パル」
―新婦は山古志村来町の「きら」

 剣淵町のVIVAアルパカ牧場で30日に初めてのアルパカの結婚式が行われた。剣淵町で初めて誕生したオスのパル(8才)と、昨年4月に新潟県長岡市山古志村からやってきたメスのきら(3才)とのカップルで秋には出産の予定もある。ウエディングセレモニーには町内外からアルパカファンが訪れ、可愛らしいカップルの誕生を祝福していた。

【士別市】
■北口道議
―4期目に向け立候補を表明
―人口減少等の課題解決に意欲

【士別市】
■士別九十九野球少年団
―2年ぶりに全道大会へ
―1勝めざし練習に励む

【士別市】
■天塩川クリーンアップ大作戦
―市民の手で源流をきれいに
―市民160人が参加

【士別市】
■土曜子ども文化村芸術館
―児童たちに体験の機会を
―初回は石こう彫刻に挑戦

「今日のハイライト」 士別市文化協会:練習の成果舞台で披露

【士別市】 市民参加で芸能発表会



▼1日
【士別市】
■第30回サフォークランド士別ハーフマラソン大会
―エントリーは1850人
―招待選手、男女合わせて16人
 士別市、道北陸上競技協会などが主催する第32回サフォークランド士別ハーフマラソン大会の招待選手が決まった。男子では昨年の優勝者である早川翼選手(トヨタ自動車)ら12人。女子は昨年の大阪国際女子マラソンで2位となった堀江美里選手(ノーリツ)ら4人が出場する。大会のエントリーはすでに締め切りとなっており、前回大会より70人ほど多い1850人がエントリーしている。

【剣淵町】
■道の駅
―暑い夏にサッパリと
―広島県産レモンのラーメンが人気

【剣淵町】
■自衛隊音楽隊が慰霊の行進
―招魂祭:戦没者の御霊を偲ぶ

「今日のハイライト」 北ひびき農協:安全作業の意識徹底

【士別市】 フォークリフト講習会