【ヘッドライン】 2017年10月

▼28日
【和寒町】 文化祭作品展示29日まで

【士別市】
■全国学力調査
―正答率は小中学校とも向上
―全国・全道平均の差縮む
―家庭学習「1時間以上」の割合増加

 士別市教育委員会は、今年4月に市内の小中学生を対象にした全国学力・学習状況調査結果を公表した。それによると、市内全体としては小中学校とも各教科の正答率が全国・全道平均を下回ったものの、小学校においては国語、算数のすべての教科において前年度よりも正答率は向上しており、全国・全道平均との差を縮める結果となった。

【士別市】
■「サークルメイト」を発行
―253団体の情報掲載
―有効に活用してと

【士別市】
■士別市教委
―応援ツアーの参加者を募集
―11月26日のクイーンズ駅伝

【士別市】
■安川教育長が任期満了で退任
―合宿の聖地発展に期待

【士別市】
■士別市教育研究会
―練習成果を市民に披露
―音楽発表会で合唱や器楽

【士別市】
■士別消防署など
―市内3カ所で街頭啓発

「今日のハイライト」 士別消防署など、市内3カ所で街頭啓発

【士別市】 火災防止を呼びかけ



▼27日
【士別市】 福祉映画会11月12日に

【士別市】
■医療費無料化の所得制限
―がん対策、健康長寿条例で対応

 士別市議会第3回定例会は25日に一般質問を行った。市は、牧野勇司市長がマニフェストに掲げた中学生以下の医療費無料化について、所得制限を設けない考えを示していた。

【和寒町】
■第15回和寒町社会福祉大会
―社会福祉功労者を表彰

■開拓記念木:ヤチダモ
―長寿願い剪定ですっきり
―老木化進み保全維持へ

【士別市】
■岡崎哲大君(朝日中学校3年)
―一緒に過ごす時間訴え
―ネットトラブル標語で最優秀賞

「今日のハイライト」 士別消防署、暖房の設置状況など確認

【士別市】 女性団員参加し防火訪問



▼26日
【士別市】 初氷、例年より10日遅く

【士別市】
■市議会定例会一般質問
―士別市立病院:9月段階で収支は改善
―前年より入院患者増加

 士別市議会第3回定例会は24日に再開し、一般質問を行った。そのなかで市は市立病院の経営状況について、9月までの時点では入院患者の増加などによって、医業収益が増え、前年に比べると収支が改善されていることを明らかにした。大西陽氏(無所属クラブ)の質問に答えた。

【士別市】
■29日・1日付人事異動
―総務部長に中舘氏佳嗣氏(53)

【士別市】
■子育連
―子ども会活動の振興に貢献
―川副さんら3人が道子連表彰受賞

【士別市】
■菓子組合士別支部
―製菓技術の向上図ろうと
―組合員対象に講習会開催

【和寒町】
■戌年生まれと愛犬も募集
―来年広報の表紙モデルにと

【士別市】 
■生活・介護サポーター自主会
―利用者の待ち時間を短縮
―助成受け「ふまねっと」購入

「今日のハイライト」 ネット被害防止で研修会

【士別市】 活用する力と判断力必要



▼25日
【士別市】 子どものネット被害を防ぐ、30日に2回目の講演会

【士別市】
■次期総合計画
―都市像は前計画引き継ぐ
―「わがまちの個性」に農業も
―検討市民委が市長に提言

 士別市次期総合計画検討市民委員会(斉木勲委員長)が23日、士別市民文化センターで行われた。検討市民委員会では、これまで検討を重ねてきた次期総合計画について提言案を確認し、提言書を牧野勇司市長に提出した。提言内容は基本構想について2項目、「わがまちの個性」に関して2項目となっている。 「わがまちの個性」での提言では、まちの顔として位置付けているサフォークランド、合宿の里、自動車等試験研究のまち、生涯学習のまち、水とみどりのまちに、士別市の基幹産業であり、多種多様な経営が行われている「農業」を加えるべきとした。

【町議会】
■町議会
―各種基金の合計は約21億円
―16年度決算、特別委に付託

【士別市】
■士別中学校陸上部
―全国大会目標はベスト8
―駅伝チームが優勝報告で抱負

【士別市】
■士別ライオンズクラブ
―奉仕の心育てて歩んだ55周年
―士別市などに記念のアクティビティ

【士別市】
■市営大和牧場
―丸々と増体し、わが舎へ
―453頭の牛が吹雪の中で退牧

【士別市】
■士別警察署
―事故多発の交差点を紹介
―管内8カ所を地図と写真で

【士別市】
■市立図書館:読書週間
―古本提供やブックカバーかけ
―28日にはハッピーハロウィン

「今日のハイライト」 市立図書館:読書週間、古本提供やブックカバーかけ

【士別市】 28日にはハッピーハロウィン



▼24日
【士別市】 24日にきらコンサー:市民文化センター

【士別市】
■北海道6区
―4回目の当選へ
―野党共闘で接戦制す
―支援者らと歓喜分かち合う

 第48回衆議院議員選挙の投開票が22日に行われ、佐々木隆博氏(68)=立憲民主・前=が北海道6区を制して4回目の当選を果たした。佐々木氏は分裂した民進党から立憲民主党で出馬、比例名簿登載を辞退したなかでの選挙戦に挑んだ。接戦だった前回選挙と比較し、野党共闘の成果が見られ、当選確実の報が伝えられると旭川市にある選挙対策本部は喜びにわいた。。

【士別市】
■衆院選1市2町
―投票率、士別・剣淵前回上回る
―佐々木氏が地の利活かし集票

【士別市】
■士別卓球協会70周年迎える
―培った基盤さらに将来へ
―会員集いこれまでの歩み追想

【士別市】
■士別地域
―水稲など収穫終了
―15日現在の生育状況

【士別市】
■士別ライオンズクラブ
―奉仕の心育てて歩んだ55周年
―士別市などに記念のアクティビティ

【剣淵町】
■B&G艇庫
―シャッターに動物たちの絵
―B&G艇庫修繕の一環でアート

【士別市】
■羊と雲の丘
―観光シーズン終え冬支度
―トヨタEX会などが牧柵撤去

「今日のハイライト」 国保税の還付で市職員かたる予兆電話相次ぐ

【士別市】 消費生活センターが注意呼びかけ



▼22日
【士別市】 選挙管理委員会、正確かつ迅速な事務を

【和寒町】
■マイホーム応援:17年度は新築7件
―3ヵ年で約5千万円を補助
―今後も町内住宅環境向上へ

 和寒町は定住・移住促進のための「マイホーム応援事業」を2015年度から実施している。住宅新築に対し、町内業者施工で200万円(町外業者150万円)の補助を実施、中古住宅購入に対しても助成し、17年度はこれまでに新築7件、中古住宅購入・改修3件の申請があり、3ヵ年で約5千万円を補助している。町では市街地に高齢者向け公営住宅の建設などの事業を進めており、今後も町内の住宅環境を充実させていきたいとしている。

【士別市】
■世界のめん羊館で:コリデール種・チェビオット種
―まかいの牧場の羊の展示を開始
―オリジナル商品販売等の特別展も

【剣淵町】
■剣淵高校
―農業や介護の学習を体験
―中学生59人が参加し1日入学

【士別市】 
■選挙管理委員会
―正確かつ迅速な事務を
―従事者対象に説明会

【剣淵町】
■剣淵小学校試食会
―給食に北ひびき産牛肉など
―地産地消で道産牛の消費拡大を


【士別市】
■士別郵便局
―18年用年賀はがきが到着
―早期差出しを呼びかけ

「今日のハイライト」 18年用年賀はがきが到着

【士別市】 早期差出しを呼びかけ



▼21日
【士別市】 子どものネット被害の防止をと講演会開催

【士別市】
■日向スキー場第1リフト:改修ほぼ完成
―輸送能力が大幅に増加
―ペアで150メートル延長
―大人中心に19%引き上げ

 士別市は日向スキー場の第1リフト改修工事を進めてきている。工事は、リフト搬器がすでに取り付けられるなど、完成間近となっている。今回の改修で第1リフトを従来よりも150メートルほど延長したことによって、長距離滑走とスラロームコースの有効活用が期待されている。市では第1リフトの改修に伴い、リフト料金も改定した。総事業費は約3億3500万円。リフトはセーフティーバー付きのペアリフトとなり、小さな子どもでも安全に乗れるよう落下防止装置が備わっている。
 搬器もこれまでの70台から88台に増え、1時間あたりの輸送能力が1200人と2倍になる。

【士別市】
■北海道秋季ウエリフ選手権
―団体戦で少年団OBが初優勝
―中学生も道記録更新

【士別市】
■士別商工会議所:講演会
―事業承継は長期的スパンで
―後継者の軍師1級コンサルタント加藤さん講師に

「今日のハイライト」 道市議会議長役員会を開催

【士別市】 総会議案などを協議



▼20日
【士別市】 士別地方スキー連盟、準指導員受験者を募集

【士別市】
■第35回全道中学駅伝
―2連覇達成の快挙
―2位以下に大差をつけ圧勝!!

 第35回北海道中学校駅伝競走大会が15日に新得町で行われ、男子の部で士別中学校陸上競技部(遠藤敦志監督)が昨年に続き優勝し2連覇を達成。12月に滋賀県で行われる全国大会への出場が決まった。

【和寒町】
■町議会
―町功労章に金児義明氏
―功労表彰5人、表彰式は11月3日

【士別市】
■士別市の合宿と観光PR
―期間限定で特集ページ掲載
―リロクラブ運営のウェブサイトに

【士別市】 
■剣淵中学校
―まちづくりで意見交換
―早坂町長とタウンミーティング

「今日のハイライト」 【和寒町】東丘浄水場:町内工事箇所を視察

【士別市】 来年6月に供用開始予定



▼19日
【士別市】 旭川気象台:平年に比べ6日早く初雪

【士別市】
■日甜士別製糖所:操業始まり構内活気づく
―収量・糖度とも前年上回る
―夏場の冷涼気候で豊作に

 日本甜菜製糖士別製糖所(川島啓取締役所長)の製糖操業が17日から始まった。今年は作付面積が前年を下回ったものの、夏場の冷涼な天候がビートの生育に適したこともあって、1ヘクタールあたりの収量は前年を6トンほど上回る63トンを見込める豊作となった。さらに糖度も前年を1%ほど上回る見込みで、生産者にとっては収入増となる出来秋となりそうだ。

【士別市】
■レジデンス事業
―「士別の冬」テーマに作品制作
―彫刻、版画家が滞在し活動公開も

【士別市】
■士別青年会議所
―インスタで士別の魅力発信
―29日にイベント 参加者募集

【士別市】
■吉中博道さん(多寄小校長)
―紙飛行機の技術(滞空時間)競う
―全日本選手権大会に出場

【士別市】
■旭川開建士別事務所
―除雪:本格シーズン前に出陣式
―無事故・無災害作業誓い

【士別市】
■住民参加演劇のワークショップ
―15年目の芝居作り始まる
―作演出に田村孝裕さん招へい

「今日のハイライト」 21日に箏のミニ演奏会

【士別市】 土曜文化村音楽館



▼18日
【士別市】 11月4日に音楽会開催、観月会館で

【士別市】
■合同墓
―納骨35件で108体に
―市民の関心高く問合せ多数

 士別市は今年5月から合同墓の使用申請を受け付け納骨を行ってきたが、9月22日で本年度の納骨を終了した。本年度については35件で108体の遺骨を納骨しており、市は「合同墓に対する市民の関心が見てとれた1年だったのでは」としている。 納骨した人たちの多くが、市内に住所を有する市民で、納骨堂や墓から移すケースが多かったとのこと。

【士別市】
■士別消防署
―消防ポンプ車を更新
―温根別分遣所に配置

【士別市】
■くらしの講座
―安全な食生活を考える
―輸入食品をテーマに

【士別市】 
■土曜文化村
―文化財の神代神楽を体験
―絵手紙づくりにも挑戦

【士別市】
■士別市社会福祉協議会
―住民副活動のつどい開催
―筒井さん招き21日に

「今日のハイライト」 士別では温根別町で、交通安全を心がけて

【士別市】 239号線で街頭啓発



▼17日
【剣淵町】 絵本の館、おもちゃ展22日まで

【士別市】
■第3回サフォークランド士別健康ウォーキング
―トヨタ試験場テストコース上に130人の市民
―山岳路など3コースをマイペースで

 実行委員会(神田英一実行委員長)主催のサフォークランド士別健康ウォーキングが15日、士別市温根別町のトヨタ自動車士別試験場で行われた。この日は130人の市民が参加し、変わりやすい秋の天候の合間をぬって、10キロと5キロのウォーキングに汗を流していた。

【1市3町】
■今年は幌加内町で開催
―地域の特産を味わう
―連携し「北のうまいもの市」

【士別市】
■士別警察署
―交通安全の願いを込めて
―署員がイラスト描き展示

【士別市】 
■士別市選挙管理委員会
―衆院選の投票呼びかけ
―市内3カ所で街頭啓発

「今日のハイライト」 士別更生保護女性会、賑わった愛情セール

【士別市】 益金は防犯協会等へ



▼15日
【剣淵町】 文化祭60周年記念公演で、29日に遊坐楽座公演

【士別市】
■17年度文化賞
―羊毛工芸の辰巳美恵さんに
―サフォーク運動をけん引
―醸成の先駆的役割果たす

 2017年度士別市文化賞で、サフォークを核としたまちづくりをけん引してきている辰巳美恵さん(74)が受賞することになった。辰巳さんは、くるるん会の立ち上げにかかわり、士別サフォーク研究会の会長などを務めるなどして、サフォークによるまちづくり推進に力を注いできたことが評価されての受賞となる。

【和寒町】
■小学生児童らが点灯式
―北町に歩行者用信号設置
―式典開催し須田さんに特別功労賞

【士別市】
■士別警察署
―詐欺への注意呼びかけ
―年金支給日に啓発活動

【士別市】
■士別市三師会
―31人の従業員を表彰
―勤続3年から40年まで

「今日のハイライト」 市立士別図書館:ハロウィーン楽しんで

【士別市】 絵本や紙芝居を展示




▼14日
【士別市】 ふるさと会の参加者を募集:28日に

【剣淵町】
■農業ブランド化推進協議会
―福有会、手作り味噌のパッケージ一新
―町内14団体がロゴ使用・更新

 剣淵町のけんぶち農業ブランド化推進協議会は昨年度製作したブランドロゴマークを町内の農産加工品や農産物に挿入し剣淵ブランドのPRを行っている。事業を活用し、14団体がブランドロゴを使用したパッケージに更新した。また町内の加工グループ福有会は手作り味噌のパッケージを一新、消費者に親しまれる剣淵産ブランドの向上を図っている。

【士別市】
■士別市体育協会
―スポーツ普及振興で60周年
―式典開催し須田さんに特別功労賞
―競技発展、優秀成績の14個人2団体表彰

【士別市】
■市立博物館
―温根別で発掘のアンモナイト
―三笠市と同じ新種と判明

【士別市】
■公営住宅など
―計画期間内管理戸数828戸に
―長寿命化計画の審査終了

「今日のハイライト」 北ひびき農協:地元農産物に関心高めてと

【士別市】 給食用食材を1市2町に寄贈



▼13日
【士別市】 16日にくらしの講座開催


【士別市】
■羊と雲の丘観光牧場・朝霧ハイランド株式会社
―まかいの牧場と羊を交換
―コリデールなど譲り受け
―種の保存に向け期待

 士別市の羊と雲の丘観光株式会社(千葉道夫社長)と、静岡県富士宮市の朝霧ハイランド株式会社(馬飼野公洋社長)は6日、それぞれが運営する牧場で飼育している羊の交換式をまかいの牧場で行った。今回は羊と雲の丘観光牧場のサフォーク種メス2頭と、まかいの牧場のコリデール種のオスとメス、さらにチェビオット種の3種を交換した。

【士別市】
■北海道運輸局
―買い物支援に向け検討会
―関係団体と目的や内容を協議

【剣淵町】
■台湾旅行関係者が道内各地を訪問
―剣淵の魅力を旅行商材に
―アルパカや絵本の館など視察

【士別市】
■武徳会
―旭川の大会で上位入賞
―士別・和寒道場勢が活躍

【士別市】
■市立博物館
―アイヌ文化に理解深める
―ワークショップで刺繍体験

【士別市】
■いぶきで
―地域の歴史に理解深めて
―踏破記録などの松浦武四郎展

「今日のハイライト」 期日前投票始まる

【士別市】 第48回衆議院議員総選挙



▼12日
【士別市】 15日に愛情セールを開催


【士別市】
■羊と雲の丘観光牧場・朝霧ハイランド株式会社
―まかいの牧場と羊を交換
―コリデールなど譲り受け
―種の保存に向け期待
 士別市の羊と雲の丘観光株式会社(千葉道夫社長)と、静岡県富士宮市の朝霧ハイランド株式会社(馬飼野公洋社長)は6日、それぞれが運営する牧場で飼育している羊の交換式をまかいの牧場で行った。今回は羊と雲の丘観光牧場のサフォーク種メス2頭と、まかいの牧場のコリデール種のオスとメス、さらにチェビオット種の3種を交換した。

【士別市】
■北海道運輸局
―買い物支援に向け検討会
―関係団体と目的や内容を協議

【剣淵町】
■台湾旅行関係者が道内各地を訪問
―剣淵の魅力を旅行商材に
―アルパカや絵本の館など視察

【士別市】
■武徳会
―旭川の大会で上位入賞
―士別・和寒道場勢が活躍

【士別市】
■市立博物館
―アイヌ文化に理解深める
―ワークショップで刺繍体験

【士別市】
■いぶきで
―地域の歴史に理解深めて
―踏破記録などの松浦武四郎展

「今日のハイライト」 町民集い収穫感謝祭

【士別市】 あさひまちおこし協会が主催



▼11日
【士別市】
■小川 清さん
―交通事故抑止に尽力
―警察功労で瑞宝双光章

【士別市】
■得得まつり&にぎわい市場
―生サンマ販売に長蛇の列
―多数の市民訪れ盛況

【士別市】 
■同友会カントリクラブ
―3クラスで優勝めざし熱戦
―市民ゴルフ大会に57人

【和寒町】
■第20回わっさむパンプキンフェスティバル
―農産物販売などに賑わい
―ランタン作りが親子らに人気

【和寒町】
■植樹祭に120人参加
―苗木を三笠山自然公園に
―町民や旭川農業高の生徒ら

「今日のハイライト」 第2回道北子ども将棋大会:子ども議会:道北各地から36人が出場

【士別市】 低学年は佐竹君、高学年は大友君が優勝

 道北日報社、士別地区将棋連盟主催の「第2回道北子ども将棋大会」が士別市民文化センター研修室で10日行われた。

 同大会には小学3年生以下の低学年の部に20人、小学4年生以上の高学年の部に16人が出場した

 今大会では参加者が昨年の3倍近くとなり、士別をはじめ、名寄、風連、下川、中川からも訪れた。3回戦の予選リーグ後、決勝トーナメントが行われた。
低学年決勝では佐竹柾軌君(風連中央小3年)と近藤蓮真君(風連中央小3年)、高学年決勝では大友勇輝君(士別南小5年)と山田涼太君(風連中央小5年)が対戦した。

  ともに厳しい戦いを勝ち抜き、低学年では佐竹君、高学年では大友君が優勝した。

 なお低学年3位は松永好生君(中川中央小3年)、4位は立崎皓太郎君(士別小2年)、高学年3位は六郎田朔也君(名寄東小4年)、4位は北田秀明君(士別南小6年)となっている。低学年は佐竹君、高学年は大友君が優勝



▼8日
【士別市】 オレオレ詐欺の市内で予兆電話相次ぐ

【士別市】
■18年度予算編成方針
―地域力支援で重点枠設定
―総合計画との整合性求める
―公共マネ計踏まえコスト削減を

 牧野勇司士別市長は、2018年度予算編成方針を示した。6日には職員を対象にした説明会を行い、マニフェストと次期総合計画との整合性を図り、市民が主役のまちづくりを進めていくことを求めていた。さらに18年度については、地域の主体的な取り組みを後押しするため「地域力によるまちづくり重点枠」を設けていくことを明らかにした。

【和寒町】
■士別市教委
―A評価は半数以上の54%
―16年度事業を点検・評価

【剣淵町】
■士別地区中学校意見発表大会
―体験や感動の思い主張
―自分が体験したことや感じたことなど

【士別市】 
■旭川地区トラック協会
―市民が集う憩いの場に
―水郷公園内にサクラ植樹

【士別市】
■士別警察署
―オレオレ詐欺に注意
―市内で予兆電話相次ぐ

【士別市】
■士別東高校
―地域の環境美化めざし
―生徒が町内でごみ拾い

【士別市】
■士別たばこ紫煙会
―市街地美化に取り組む
―本年度4回目のごみ拾い

【士別市】
■士別警察署
―災害発生時に相互協力を
――市内に予兆電話相次ぐ

【士別市】
■子ども議会:中学生議員=@が一般質問
―魅力的なまちづくり訴え
―旧校舎活用や予防接種助成提案

【士別市】
■市議会で牧野市長が3期目に向け所信表明
―マニフェスト実現に全力
―「困難な時こそ進化のチャンス」

【士別市】
■士別商工会議所
―役員らが会員牧場を見学
―農商工連携で実情理解をと

【士別市】 
■7日に「にぎわい市場」を開催
―海産や地元野菜販売

【剣淵町】
■桜岡B&G艇庫
―シャッターアート21日に
―絵本作家堀川さんと子どもたち

【剣淵町】
■上川北部地区教育委研修会
―学校と地域づくりテーマに
―通学合宿などの事例報告も

【士別市】
■士別たばこ紫煙会
―市街地美化に取り組む
―本年度4回目のごみ拾い

「今日のハイライト」 子ども議会:中学生議員=@が一般質問

【士別市】 魅力的なまちづくり訴え



▼6日
【士別市】 7日に手しごとなかま展

【士別市】
■子ども議会:中学生議員=@が一般質問
―魅力的なまちづくり訴え
―旧校舎活用や予防接種助成提案

 中学生が議員となりまちづくりについて提案する「子ども議会」が4日、士別市役所本会議場で行われた。議会は一般質問方式で行い、8人の中学生が旧校舎の活用やインフルエンザ予防接種の助成について質問。牧野勇司市長らが子どもたちの質問に対して答弁していた。

【士別市】
■市議会で牧野市長が3期目に向け所信表明
―マニフェスト実現に全力
―「困難な時こそ進化のチャンス」

【士別市】
■士別商工会議所
―役員らが会員牧場を見学
―農商工連携で実情理解をと

【士別市】 
■7日に「にぎわい市場」を開催
―海産や地元野菜販売

【剣淵町】
■桜岡B&G艇庫
―シャッターアート21日に
―絵本作家堀川さんと子どもたち

【剣淵町】
■上川北部地区教育委研修会
―学校と地域づくりテーマに
―通学合宿などの事例報告も

【士別市】
■士別たばこ紫煙会
―市街地美化に取り組む
―本年度4回目のごみ拾い

「今日のハイライト」 上川北部地区教育委研修会、学校と地域づくりテーマに

【剣淵町】 通学合宿などの事例報告も



▼5日
【士別市】 つくも水郷公園:9日に有料遊具を無料開放

【士別市】
■家庭ごみ:有料化に向け本格検討へ
―種類や時期など総合的に
―道内市で未実施は3市のみ

 士別市環境審議会が3日、環境センター視聴覚室で行われた。この日の審議会では、市が家庭ごみ有料化実施について考え方を示した。今後は市が有料化に向けたスケジュール案を示し、本格的な審議を行っていくことになった。道内35市で無料化未実施なのは士別市と富良野市、北斗市の3市だけ。今後は市が検討に向けたスケジュール案を示し、審議会や関係団体都の協議、さらにはパブリックコメントを実施していきたいとした。

【士別市】
■就学予定児童数は121人
―前年の1日現在と同数に
―男子が58人、女子は63人

【和寒町】
■大湊音楽隊
―7日に海自コンサート
―町には2回目の来町

【士別市】 
■感謝込めて絵本等寄贈
―まついのりこさんらの作品75点
―図書館に特設コーナー設置

【士別市】
■市立病院
―資格取得者に院長表彰
―院内研究発表も実施

「今日のハイライト」 イトイ産業杯学童軟式野球大会

【士別市】 士別南少年団が初優勝



▼4日
【士別市】 士別卓球協会が創立70周年

【剣淵町】
■第27回けんぶち絵本の里大賞
―大賞に 人気の「ママがおばけ」続編
―過去最多の291点の応募

 来館者の投票による絵本コンテスト「第27回けんぶち絵本の里大賞」の開票作業が絵本の館で2日に行われ、のぶみさん作の「さよなら ママがおばけになっちゃった!」(講談社)が大賞を受賞。びばからす賞には「ネコヅメのよる」(作・町田尚子、WAVE出版)など4作品、アルパカ賞1作品が選ばれた。

【士別市】
■いきいき健康センター
―介護予防テーマに記念事業
―1周年で各種体験会実施

【士別市】
■旭川開発建設部
―高速延伸の現場に目凝らす
―地域関係者対象に初の現地研修会

【和寒町】
■カボチャ尽くしのハロウィン
―趣向凝らして仮装パレード

【和寒町】
■町民皆スポーツの一日に
―光線銃でバイアスロン体験

【和寒町】
■尾木ママ流の子育ては
―公民館で教育力向上講演会

「今日のハイライト」 道の駅、事故死ゼロ呼びかけ

【剣淵町】 1市3町から60人が参加



▼3日
【和寒町】 商工会、吉本芸人を講師にセミナー

【士別市】
■まなびとくらしのフェスティバル
―情報提供の場に
―「知る」「体験」に大勢の市民
―多彩な催しに関心高く

 士別市と士別消費者協会、士別市ごみ減量化推進協議会が主催する2017まなびとくらしのフェスティバルが30日、士別市勤労者センターで行われた。会場には暮らしや食、医療に関する各種コーナーが設けられ、たくさんの市民が訪れ各種のイベントがにぎわっていた。

【士別市】
■地域創生2&4
―スーパーカーと触れ合い
―地域貢献事業の一環で
―つくも園に6台訪れ楽しいひと時

【剣淵町】 
■剣淵の魅力チョークアートで
―舘野杏奈さんが制作
―大学卒業への地域テーマに

「今日のハイライト」 みよし市交流の帰着式

【士別市】 現地では学習や工場見学



▼1日

【士別市】
■買物支援サービス
―道運輸局が実証実験
―バス活用し貨客混載
―UDタクシー導入へ

 士別市地域公共交通活性化協議会が29日に士別市民文化センターで行われた。協議会では、北海道運輸局が貨客混載バスによる買い物支援サービスの実証実験を、士別軌道の朝日線で実施することを明らかにしていた。実証実験については、今後詳細をまとめ来年1月ごろから1カ月の期間で行う予定となっている。

【士別市】
■谷孝雄さんに知事感謝状
―鳥獣保護管理員として活動
―さらには生物多様性保護監視員も

【士別市】
■布書で季節を書く
―作品は町民文化祭に展示

【士別市】 
■士別市庁舎改築事業
―来年8月の着工目指す
―市民ワークショップも計画