【ヘッドライン】 2017年12月

▼30日

【和寒町】
■マイホーム応援事業
―3カ年で新築21件
―空屋解消にも効果発揮
―民間賃貸の建設助成は17年度2棟8戸

 和寒町は定住・移住促進のための「マイホーム応援事業」を2015年度から実施している。住宅新築、中古住宅購入・改修などに対しても助成し、15年度からこれまでに新築21件、中古住宅購入・改修32件の申請があり、3カ年で約6千万円を補助している。民間の賃貸住宅建設に対しても今年度は2棟8戸を助成、町では市街地に高齢者向け公営住宅の建設などの事業を進めており、今後も町内の住宅環境を充実させていきたいとしている。

【士別市】
■スノーモビルランドイン士別
―6日に開園:ゴルフ場と羊と雲の丘
―オープニングイベントなど実施

【士別市】
■北ひびき農協
―1万8千d収容の低温倉庫が竣工
―品質維持し長期安定保管可能に

【剣淵町】
■剣淵町教委:ぶちっ子パワーアップ教室
―平波大学生らともちつき
―規則正しい生活習慣身につけようと
 
【士別市】
■士別商工会議所
―売上げ「減少」の回答が50%
―先行きに対する期待感も薄

【士別市】
■北ひびき農協、穏やかで豊穣の新年願い
―恒例の「大鏡もち」寄贈

▼29日
【士別市】 1月13日新春よみきかせ:市立士別図書館

【士別市】
■農業共済金
―北ひびき農協管内では支払額3億1634万円
―9割以上が小麦占める

 北海道中央農業共済組合上川北支所は、年内支払い分の本年産農作物・畑作物共済損害評価高をまとめた。それによると、水稲、畑作物は軽微な被害にとどまったものの、秋まき小麦は前年の早雪が甚大な被害をもたらし、北ひびき農協管内だけで2億9300万円の共済金額となっている。。

【剣淵町】
■清水副町長が任期満了で退任
―「絵本の里づくりに汗流した」

【士別市】
■教員を対象に外国語研修
―発音練習や模擬授業も

【士別市】
■最新の子育て情報を網羅
―ガイドブック改訂版を発行

「今日のハイライト」 今年も年越しイベント

【士別市】 豪華景品当たる福もちまきも



▼27日
【士別市】 悪天候でジャンプ中止、26日のクロカンも

【剣淵町】
■第4回定例会一般質問
―サービス付き高齢者住宅:福寿寮の機能拡大を検討
―通学路安全へ推進会議の設置も
 剣淵町議会第4回定例会が25日に開会し一般質問と議案審議を行った。質問には6氏が登壇し町理事者の考えを質した。サービス付き高齢者住宅の構想についての質問では、高齢者A福祉寮「福寿寮」の機能を拡大する方向性も検討していることなどを述べ、町民アンケートなどを参考に方向性を決めていきたいとした。冬の通学路の安全については通学路安全推進会議を設け安全マップを作成するほか、歩道除雪用小型ロータリー車の導入で雪道の安全確保を行っていきたいとした。

【士別市】
■われらリフター原作、台湾との共同制作で
―映画化協力に向け推進協設立
―ウエリフなど関係7団体で

【剣淵町】
■平波大学、今年設立の絵本サークル
―福祉施設で読み聞かせ
―紙芝居を初披露

「今日のハイライト」 LEDの工作教室、親子でランプづくりに挑戦

【士別市】 カラフルな飾り付けも



▼26日
【士別市】 国際ソロプチミスト士別、100万円年を寄付

【士別市】
■士別神社:すす払い
―新年に備え準備万端
―翔雲高弓道部員らも協力
―竹のはたき使い丹念に

【和寒町】
■和寒町長選:奥山町長
―未来につなぐまちづくりを
―歩む会(後援会)が事務所開き

【剣淵町】
■有志らがサンタ出張
―大きな贈り物に笑顔

【士別市】
■木曜ラッセルスノーシュークラブ
―スノーシュー楽しんで、28日には無料体験会も
―魅力を紹介するフォトギャラリーも開催

■一年を振り返る 12月
士別市 349運動で食品ロス削減を
剣淵町 早坂氏、町長選制し2期目当選  
和寒町 塩狩峠や夫婦岩周辺整備

「今日のハイライト」 市立博物館、体験通し科学に関心

【士別市】 1月8日にフェス開催



▼24日
【士別市】 国際ソロプチミスト士別、100万円年を寄付

【和寒町】
■農家の約半数
―支援事業を活用
―3カ年で111件の1億円
―機械導入などに一定の成果

 和寒町は農業経営力向上を目的とした農業経営力支援事業を15年度から実施している。農業用施設や機械導入に対して事業費の20%を補助するもので、3カ年でこれまでに111件約1億円を支援している。農家戸数204戸に対して約54%が事業を活用、施設や機械導入に一定の成果があったとしている。事業は17年度までの時限事業で、町では事業を一区切りし、事業の成果や今後の情勢を判断して今後の農業支援政策を検討していきたいとしている。

【和寒町】
■町議会議員報酬
―期末手当を引き上げ
―芳生苑の指定管理者は社協に

【士別市】
■士別警察署
―落雪による重傷事故発生
―安全に配慮し除雪作業を

■一年を振り返る 11月
士別市 北地区に子どもセンター
和寒町 町立病院・療養病床20床設置へ  
剣淵町 レークサイドにシングル15室

【士別市】
■士別市と市内郵便局
―地域の安全・安心で協定
―高齢者等の見守りなど連携

【士別市】
■冬道で安全に運転を
―実技と講話の体験型講習会

「今日のハイライト」 朝日三望台シャンツェ、選手たち次々と空へ

【士別市】 最盛期迎え賑わい見せる



▼23日
【士別市】 市立士別図書館、サンタの物語楽しむ

【和寒町】
■商品券交付
―低所得高齢世帯など対象に
―灯油高騰で冬の生活応援

 和寒町議会第4回定例会が21日に開会し、行政報告と一般質問を行った。一般質問は4氏が登壇、2期目の公約について問われた奥山盛町長は老朽化が進む公営住宅や芳生苑の改修整備、塩狩温泉跡地の整備などを進めるほか、保育料、給食費の負担などは継続し、安全安心なまちづくりを進めていきたいと述べた。。

【士別市】
■21日現在
―士別と朝日、積雪差は55センチ
―同じ市内で気候の違いくっきり

【士別市】
■士別商工会議所
─今後のまちづくりで意見交換
―市長マニフェストなど広範な内容

【士別市】
■一年を振り返る 10月
士別市 家庭内ゴミの有料化検討へ
剣淵町 B&G艇庫に動物たちの絵  
和寒町 住宅補助は3カ年で5千万円

【士別市】
■ふるさと応援寄付にWチャンス
―当選者にコメなどの特産品贈呈

【士別市】
■士別東高校 総合的な学習の時間発表会
―台湾での異文化体験など  
―体験や調査の成果を市民に披露

「今日のハイライト」 温根別町、交通・防犯対策を協議

【士別市】 高齢者宅など訪問も



▼22日
【士別市】 ロータリークラブ、中峰教育長迎えゲスト卓話

【士別市】
■基金を有価証券に運用
―資産有効活用で初の試み
―運用基準策定し10億円を

 士別市は、資産の有効活用を図るため、基金による有価証券への運用を行う。年内にも北海道債と岡山県債を買い入れる。これら債券運用に使う基金は10億円とし、30年間で約1億円の運用益を見込んでいる。

【士別市】
■ 多寄農民連盟総会
―国に万全な予算確保の要請など
―歴史刻んで結成70周年

■一年を振り返る 9月
士別市 牧野氏、3期目無投票で当選
和寒町 玉入れの未来考えるフォーラム  
剣淵町 ヤチダモ内部の腐朽空洞化進む

【剣淵町】
■グルメ地図をリニューアル
―飲食観光情報盛り込み町PR

「今日のハイライト」 士別カーリング協会総会、会長杯・日報杯は9日から

【士別市】 A・Bリーグ13チーム出場



▼21日
【剣淵町】 観光セミナーの参加者を募集

【士別市】
■観光入込客数
―士別市は20万人台超える
―和寒町も前年度から微増
―宿泊施設休館で剣淵町減少

 上川総合振興局は、管内市町村の2017年度上半期観光入込客数をまとめている。それによると士別市は20万7500人で、対前年比103・5%となった。和寒町も対前年比100・6%の3万3900人、剣淵町は39万2500人で対前年比97・2%となった。

■改選後初の定例議会25日に
─一般質問に6氏通告

【士別市】
■一年を振り返る 8月
士別市 市立病院 収支不足を圧縮
剣淵町 キヌア・国内初の産地化へ期待  
和寒町 最終処分場、処理限界まで約8

「今日のハイライト」 ワークショップ行い意見交換

【士別市】 市民に親しまれる庁舎に



▼20日
【士別市】 1月に柳家さん喬さんの極楽落語会

【士別市】
■総合戦略会議
―KPI計画、クリアは12分野
―未達成項目で課題残す

 士別市まち・ひと・しごと創生総合戦略会議(鈴木勉議長)が18日、士別市民文化センターで行われた。この日の会議では総合戦略実施状況などが議題となり、2017年度については12分野でKPIを達成または達成見込みとなっていることが示されていた。

【士別市】
■絵本の里けんぶちジュニアチアリーディングクラブ
―笑顔の演技で3部門制覇
―第15回北日本チアフェスティバル

【士別市】
■誠心館道場納会
―充実した1年を来年の活躍に
―今年最後の稽古と年間表彰

【士別市】
■やわらぎファミリア
─ハンドメイド作品販売
―手づくりマルシェ

【士別市】
■一年を振り返る 6月
士別市 「士別の水」の販売を開始
剣淵町 台湾からの観光ツアーが来町
和寒町 新浄水場が来年6月供用開始

【士別市】
■九十九大学
―思い出や今後の目標語る
―人生豊かに「私の発表」

【士別市】
■市立士別図書館
―年末年始に役立てて
―掃除などの図書を展示

【士別市】
■ 合宿者数ほぼ前年並:17年度上半期
―3泊以上は団体・人数とも増加
―下半期の伸びに期待へ
 士別市教育委員会は、士別市内における4月から9月までのスポーツ合宿の実績をまとめた。それによると3泊以上の合宿と、大会による宿泊を合わせた合宿者数は延べ1万5898人となり、ほぼ前年度並みとなっている。。

【士別市】
■士別消防署
―防火管理体制を確認
―宿泊施設や大型店訪問し

【和寒町】
■町議会
―一般質問に4氏通告
―21日から第4回定例会

【士別市】
■やわらぎファミリア
─ハンドメイド作品販売
―手づくりマルシェ

【士別市】
■第46回北海道高等学校ウエイトリフティング競技大会新人戦
 第37回北海道中学校ウエイトリフティング選手権大会
 第33回全国高等学校ウエイトリフティング選手権大会北海道予選会
―士別南の羽田選手が最優秀
―地元勢が各階級で上位入賞し活躍光る

【士別市】
■一年を振り返る 6月
士別市 「士別の水」の販売を開始
剣淵町 台湾からの観光ツアーが来町
和寒町 新浄水場が来年6月供用開始

【士別市】
■士別防犯協会
―飲酒運転防止に協力を
―料飲店などパトロール

【和寒町】
■和寒町生活安全推進会議
―歳末の安全呼びかけ
―事業所訪問や街頭啓発

「今日のハイライト」 士別消費者協会量目試買調査、内容量を念入りチェック

【士別市】 お正月品中心に39件



▼17日
【士別市】 へっちゃら隊を募集、和泉さん招き26日開催

【士別市】
■剣淵町議会
―新議長に橋一博氏、副議長は生出氏
―3委員会など議会を構成
―改選後初の定例会は25日から

 12月3日に投開票した剣淵町議会議員選挙後、初となる臨時議会が15日に開かれ、正副議長選や常任委員会など議会構成を行った。議長選は投票の結果、高橋一博氏(64)を選任。副議長には生出孝男氏(65)が選ばれた。初の定例議会は25日に開かれる。

【士別市】
■士別市議会第4回定例会
─意見書案などを可決
―日程終了し閉会

【士別市】
■JA北ひびき
―熊オリで鳥獣被害防止へ
―農協役員らが3基作成

【士別市】
■一年を振り返る 5月
士別市―日ハムと元気づくりで連携
和寒町―高橋知事が塩狩駅を視察  
剣淵町―台湾作家が剣淵テーマに絵本出版

【士別市】
■士別警察署:「ツル輪マップ」を作成
―スリップによる路外逸脱の多発受け
―注意ポイントの路線など掲載

【剣淵町】
■稲作振興会が米寄贈
―小中高、保育所給食などで提供

「今日のハイライト」 まちづくり総合計画に活用

【士別市】 パブリックコメントを募集



▼16日
【士別市】 士別市老人クラブ連合会、第26回親睦マージャン大会

【士別市】
■市議会一般質問
―支援ボランティア:
―介護認定率は18・1%
―導入に向け「協議体」で

 士別市議会第4回定例会は14日、一般質問を行った。そのなかで市は介護支援ボランティアについて、地域助け合い活動協議体を中心に協議を進め、多くの市民がボランティアとして参加し、活動が継続するような仕組みを作りあげていく考えを示した。十河剛志氏(民政クラブ)の質問に答えていた。

【士別市】
■眞木祐太さん「しべつアーティスト・イン・レジデンス」
―旧佐藤医院で制作に傾注
―作家と住民が作品通して交流

【剣淵町】
■武山昌彦さん:第11回日本一おいしい米コンテスト
―「ゆめぴりか」で優良金賞
―道産米で唯一決勝に進出の快挙


【士別市】
■青木萌加さん、水口桜さん(朝日中学校)
―緑化活動啓発標語で入賞
―心を育て未来へつなごう

【士別市】
■一年を振り返る 4月
士別市―道北最大級の環境センター完成
和寒町―ふるさと納税、前年の5倍に
剣淵町―道の駅で免税店対応開始

【剣淵町】
■絵本の里観光地域づくり推進協議会
―次年度はラフティングも
―プロモーションやモニター等

「今日のハイライト」 絵本の里活性化研究会、剣淵産野菜を贈り激励

【士別市】 福島県須賀川市のバスケット少年団に今年も



▼15日
【士別市】 九十九大学作品展、1年の学習成果を披露

【士別市】
■市議会一般質問
―インフルエンザ予防接種
―18年度から助成対象を拡大
―生後6カ月〜12歳までに

 士別市議会第4回定例会は14日に一般質問を行った。そのなかで市は、インフルエンザ予防接種の助成について、生後6カ月から12歳までを助成対象とし、2018年度から実施する考えを示した。大西陽氏(無所属グループ)の質問に答えた。

【士別市】
■市民文化センターにコーナー設置
―サイン入りグッズなど展示
―トヨタ自動車から寄贈受ける

【和寒町】
■全日本玉入れ協会:シッティングAJTA
―新たな可能性探り新ルール
―道内福祉施設で訪問指導

【士別市】
■張間武さん、消防長から
─的確に行動し感謝状
―上紋峠付近で男性救助

【士別市】
■あさひサンライズホール
―教職員11人が舞台で熱演
―童話モチーフに3作品を上演

【士別市】
■一年を振り返る
―士別市 北地区に子どもセンター
―剣淵町 一部助成し農地排水機能を拡大
―和寒町 商店街活性化将来構想を策定

「今日のハイライト」 あさひサンライズホール・教職員演劇

【士別市】 9日に「学校と子どもと芝居」

 士別市あさひサンライズホールで9日に市内の先生たちが出演する演劇公演が行われた。

 教職員による演劇公演は「学校の先生たちの普段とは違う頑張る姿を見せよう」と『センセイノチカラ』シリーズと題してホール自主企画事業で08年から実施、14年度からは学校での実践を目的に「学校と子どもと芝居」と事業を新たにし、参加した教職員らがその後の学芸会、学校祭などで経験を役立てている。

 10年目を迎えた今年は演劇経験に興味を持つ士別市内小中学校の教職員11人が参加。演出は富良野塾出身で卒塾後は演劇ユニットイレブン☆ナインを立ち上げ、テレビドラマや映画など役者・演出家として活躍している納谷真大さんが担当し11月から稽古を重ねてきた。

 今年の演劇は新美南吉の創作童話「デンデンムシノカナシミ」をモチーフに、小学校低学年の「そして、気付いたら…」、高学年以上向けの「ここに、マイマイ」、朗読劇の3作品を上演した。

 高学年向きの作品では学校祭の演劇で「デンデンムシノカナシミ」を上演することになった生徒たちや先生たちのやりとりなどを描き、作品のテーマについても語り合った。

 先生たちの演技に会場から笑いと大きな拍手が贈られていた。




▼14日
【士別市】 森の工作教室でリース作りを楽しむ

【士別市】
■市議会改革検討特別委員会
―議員定数・報酬は「現行」
―チェック機能低下など懸念
―予算決算審査を常任委員会化

【士別市】
■市議会一般質問
―住宅新築・改築助成継続へ
―前年度比9440万円の改善

【和寒町】
■町長選挙:1月告示
─選挙戦の可能性も
―立候補予定者説明会に2陣営

【1市2町】
■1年を振り返る
士別市―流雪溝の未投雪増加傾向に
和寒町―和寒小学校に上川管内教育実践表彰
剣淵町―レークサイド桜岡を整備

【士別市】
■阿達香婉さん
―国際現代書道展で準大賞に
―日々研さんを重ね努力結実

「今日のハイライト」 九十九大学作品展、1年の学習成果を披露

【士別市】 多彩なジャンルから155点

▼13日
【士別市】 ウエイトリフティング、17日に高校新人大会

【士別市】
■士別市 アライグマの繁殖増加傾向
―剣淵町 農業ブランド化へロゴなど策定
―和寒町 きらきらキッズに奨励賞

【士別市】
■歳末チャリティーカラオケ選手権
─練習成果を歌声に乗せ
―益金をたすけあい募金に

【士別市】
■士別ライオンズクラブ
―もちつきに歓声あがる
―児童館Xマスのつどい

「今日のハイライト」 しべつ混声合唱団、クリスマスコンサート

【士別市】 九十九大学が賛助出演




▼12日
【士別市】 中央公民館:イブに配達、「サンタがやってくる」

【士別市】
■349(サフォーク)運動で食品ロス削減
―「もったいない」を行動に
―まずは宴会等で実践から

 士別市は、食品ロスの削減を目指していこうと、市内関係機関と連携し残さず食べよう「349(サフォーク)運動」を展開していく。当面は、人が多く参加する宴会などでこの運動の定着を図り、その後は一般家庭にも呼びかけて食品ロス削減の推進を図っていきたいとしている。

【剣淵町】
■キヌア栽培
―町特産化へ次年度も面積増
―栽培報告や課題で意見交換

【士別市】
■士別合宿組
─ニューイヤーに9チーム
―箱根駅伝には4大学が出場

【剣淵町】
■士別消防事務組合剣淵支署
―ポンプ車30年ぶり更新
―積載水増、救助用資材が充実

【士別市】
■日向スキー場
―愛好者で賑わうゲレンデ
―リフト等改修しオープン

【士別市】
■朝日郵便局
―連携し被害の未然防止を
―13局合同の防犯訓練実施

「今日のハイライト」 士別消費者協など特殊詐欺防止訴える

【士別市】 3カ所で街頭啓発




【士別市】 特別交付税、1市2町前年より減額

【士別市】
■士別市振興審議会:次期総合計画
―基本構想・計画で答申
―留意すべき8項目盛り込む
―14日からパブリックコメント

 士別市振興審議会(鈴木勉委員長)が8日、士別市役所会議室で行われた。審議会では次期総合計画となる士別市まちづくり総合計画の前文、基本構想、基本計画の各案について確認し、牧野勇司市長に答申した。答申には各施策の推進にあたって市民自治、情報共有に基づいて進めていくことなど、8項目を盛り込んでいる。

【士別市】
■ロゴ入り「ポテバタ」と「ポテバタラーメン」
―剣淵産ジャガイモで新商品、栄屋から販売
―期待高まりブランド化に拍車
―道の駅や新千歳空港の店頭に

【士別市】
■絵本の里ミーティング
―サンタ出張を受付中

【士別市】
■さほっTEE'S:第23回赤い羽根ティーボール北の甲子園大会北海道知事カップ
─北の甲子園大会に初出場
―札幌ドームに1300人の選手

「今日のハイライト」 士別地区金融機関防犯連絡協議会:詐欺被害の未然防止を

【士別市】 防犯対策等で意見交換

10日


▼9日
【士別市】 士別市教委:成人式の問い合わせ受付

【剣淵町】
■まちづくり町民会議
―総合戦略:進捗は概ね「順調」
―基本目標への取組で意見交換
―起業支援などは40%

 剣淵町民センターで5日に第2回まちづくり町民会議が開かれ、15年度に策定したまち・ひと・しごと創生総合戦略について16年度までの進捗状況について評価した2019年までの基本目標に対しての進捗状況では、「概ね順調」との評価となった。

【士別市】
■士別翔雲高校野球部
―少年団チームと交流会
―野球の楽しさ体験して
―室内練習場ではあふれる熱気

【士別市】
■子ども議会
─「魅力」再発見のきっかけに
―報告会実施し議員に記念品

【士別市】
■士別警察署多寄駐在所
―特殊詐欺の被害防止を
―医院の協力で薬袋にシール

「今日のハイライト」 日向スキー場:10日多彩イベント用意

【士別市】 無料雪中ジンギスカンなど、オープニング記念で

▼8日
【士別市】 市立図書館:20日にXマスよみきかせ会

【士別市】
■降雪量・積雪量:6日現在
―ともに前年上回る
―降り方はほぼ平年並み
―除雪一斉出動12回に

 士別市内は本格的な降雪期を迎え、市内がすっぽりと雪に覆われる季節となった。士別市建設水道部施設維持センターの調べによると、雪の降りだしから6日までの降雪量は167センチ。積雪深が54センチとなり、いずれも前年同期を上回っている。

【和寒町】
■塩狩峠・夫婦岩整備事業検討委
―植樹など町民参加の機会を
―新たな林道やウッドデッキも

【士別市】
■第34回ジュニアトランポリン競技:士別協会
─道北選手権で好成績
―9人が6位以内に入賞

【和寒町】
■袰田さんに全国町村功労者表彰
―監査事務で町発展に貢献



▼7日
【士別市】 市立士別図書館、クリスマス関連の絵本や紙芝居展示

【士別市】
■市民広場みなくる:いぶきで
―Xマス気分一色に
―ツリー灯り子どもたち歓声
―コンサートなど多彩な企画

 「クリスマスいぶき」のオープニングを飾る、クリスマスツリー点灯式が5日、士別市生涯学習情報センターで行われた。点灯式には士別市内の幼稚園、保育園の園児らが参加。ツリーのイルミネーションが灯ると大きな歓声があがっていた。今後、生涯学習情報センターではクリスマスにちなんださまざまなイベントが行われることになっている。

【和寒町】
■山本義成さん(和寒剣道連盟)
―師匠の防具で念願果たす
―精錬重ね7段に合格

【士別市】
■南宗谷五農連、JA北ひびきに
―経営などの農業政策で
―支援策求め6項目

「今日のハイライト」 ラブ士別・バイ士別、全市連合大売出し始まる

【士別市】 当選本数増やし福引き充実



▼6日
【士別市】 防犯剣道大会、熱気ある試合を展開

【士別市】
■農業振興策:士別市農対協、7項目を要望
―幅広く施策の充実求める
―担い手育成と確保など

 士別市農政対策協議会(松川英一会長)は4日、士別市に対して2018年度の士別市農業・農村活性化方策に関して要請した。要請では、農家の経営体質強化対策地場農産物の生産振興について、7項目の施策充実などを求めている。

【士別市】
■ふれあい演芸会:むぎの会
─来年3月解散で最後の主催
─なんらかの形で今後も継続へ

【士別】
■士別イン翠月
─合宿、宿泊拠点として20年
─流動人口での経済基盤支えにも

【剣淵町】
■剣淵選挙管理委員会
―町長・町議に当選証書
―初議会は15日に召集

【和寒町】
■和寒東山スキー場
─リフト運行は9日予定
─オープン前に安全祈願祭

【士別市】
■士別市総合教育会議
─教育大綱の継続を確認
─適正配置計画進捗も協議

【士別市】
■国際ソロプチミスト士別
―全国駅伝での活躍を期待
―士別中学校陸上部に激励金贈る

「今日のハイライト」 士別市選挙管理委員会、―市議選の投票日4月15日

【士別市】 任期満了に伴い日程決める



▼5日
剣淵町】
■剣淵町長選挙:早坂氏、2期目の当選果たす
―町議選のトップは現職の橋氏
―新人では酒井氏300票に迫る勢い

 任期満了に伴う剣淵町長選挙・町議選挙は3日、投票日を迎え、即日開票の結果、1692票を獲得した早坂純夫氏(64)が、新人の加藤秀樹氏(55)に約3倍の差をつけて2期目の当選を果たした。同日程の町議選は定数10に対して11人が争う激戦となり、現職の橋毅氏(70)が344票を獲得しトップ当選した。当日の投票者数は2295人で、投票率は両選挙ともに82・94%となった。

【士別】
■中士別小学校
─116年の歩みに幕、
─思い出振り返り別れ惜しむ
─伝統を明日に受け継ぎ閉校式

【剣淵町】
■町長選の早坂純夫氏
―4年の実績幅広く評価
―支援者らに感謝の言葉

【剣淵町】
■剣淵町議選
―現職でトップ当選、橋毅氏5期目
―新人トップの酒井修氏、「頑張る人」応援する町政を


▼3日
【士別市】 上士別中学校、生徒会中心で募金活動

【剣淵町】
■剣淵町長選挙
―町政の舵取りどちらの手に
―町議選は票読めぬ激戦に

 剣淵町長選・町議選挙は3日に投票日を迎え、現職の早坂純夫氏(64)と加藤秀樹氏(55)との2度目の一騎打ちに決着がつくことになる。1期4年の実績を掲げる早坂氏と、加藤氏は新しい視点での行政運営を図ろうと草の根的に支持を訴えている。町議選挙は定数10に対して11人が支持を訴え、少数激戦の票の読めない選挙戦となっている。開票作業は3日午後8時から町民センターで行われる。

【士別】
■市有地売却
─3カ年で10筆
─金額は4千万円超える
─遊休地処分も貴重な財源に

士別市は、使用目的がなく遊休化している市有地について公売を行っている。
本年度も5筆を公売に出し、4筆を売却している。2015年度からの 3カ年で10筆の市有地を売却し、その額は4千万円を超える状況にある。

【士別市】
■北海道縦貫道、北・北海道高速交通フォーラム
─しべつ─稚内間の早期実現を
─機運高め重要性訴え

【士別市】
■市議会第4回定例会
─水道料金、来年4月に改定へ
─病院「全部適用」関係条例も可決

【士別市】
■市民還元ニットフェア
─マフラーや手袋など販売
─「羊からの贈りもの」テーマに

【士別市】
■朝日商工会青年部
―士別と朝日の若者ら交流
―20回目を迎え定着事業に
―市内での初開催に70人が参加

【士別市】
■中心部のイルミネーション点灯
―冬の夜に光の彩り添える

【士別市】
■士別西小学校、市長と「こども夢トーク」
―公園の整備など要望
―アイデア、市政に反映を 

【士別市】
■あさひサンライズホール・教職員演劇
―本番迫り稽古も佳境に
―9日に「学校と子どもと芝居」

「今日のハイライト」 士別地区広域消費生活センター、全戸に注意喚起チラシ

【士別市】 還付金詐欺の電話相次ぎ



▼1日
【士別市】 市民広場みなくる、クリスマスいぶきを開催

【剣淵町】
■剣淵町長選挙候補者インタビュー
―早坂純夫氏:まいた種の継続性継続
―加藤秀樹氏:改革への雰囲気づくり
―28日に告示となった剣淵町長選挙は3日の投票を直前に控え、2候補が舌戦を繰り広げている。2候補にまちづくりへの思いや政策などへの思いを聞いた。

【士別市】
■士別南中学校バスケット女子
―自慢のスピード活かし上位へ
―4戦全勝で北大会に出場 

【士別市】
■牧野市長行政報告
―11月末の発注額は約48億円
―東高校が台湾へ見学旅行実施

「今日のハイライト」 ふるさとあさひまちおこし協会、交通手段の改善求める

【士別市】 高齢者ら参加し意見交換