【広報別刷りで新制度などを紹介】
 2010年4月6日付

  士別市は本年度から、さまざまな新規事業等を実施することになっている。広報しべつ4月号では、新たな事業や制度をまとめた別刷を全戸に配布している。

 2010年度は、牧野勇司市長が掲げるマニフェストに関連した事業が当初予算に数多く盛り込まれている。

 こうした新しい事業や拡充した事業について、特に市民のかかわりが深い事業を取り上げ、広報しべつ別刷として4月号と一緒に全戸に配布した。

 別刷に掲載している事業等は、こども・子育て応援室、乳幼児等医療給付事業、住宅新築促進助成事業、地域担当職員制度、宅配行政サービス、地域交流施設建設事業、グリーンパートナー推進モデル事業など。全部で24の事業・制度を掲載している。

 それぞれに事業の概要や助成額、担当窓口を記載している。

 市では「新しい制度や事業について市民に理解してもらい、それらを活用してもらえれば」と話している。