【道の駅:利用者数、過去最高に】
 2010年4月9日付

 剣淵町の道の駅「絵本の里けんぶち」の09年度利用状況がこのほどまとまり、利用者は昨年度より約1万5千人増の48万5585人となった。昨年度は高速道路の休日割引や9月の大型連休、10月にオープンしたアルパカ牧場などの効果で観光客が増加したものと思われ、オープンから4年目を迎える今年度もイベントなどで道の駅をPRしていきたいとしている。

 剣淵町東町の国道沿いに06年9月にオープンした道の駅「絵本の里けんぶち」は、情報誌北海道じゃらんの「道の駅」満足度ランキングで、3年連続4位となるなど高い評価を得ている。

 以前は利用者数をレジ通過者から推計していたが、08年度から中央入口とトイレ、農産物直売所の3ヵ所にセンサーで計測する装置を取り付けた。

 09年度の道の駅・直売所の利用者総数は48万5585人で、前年度よりも約1万5千人の増加となった。

 連休のある5月や夏休みなどの7〜9月の来場者は5万人を超え、もっとも多い8月には7万4千人が訪れている。

 また昨年10月にはスキー場跡地にアルパカ牧場がオープンし、その効果で11月の利用者は前年度よりも増加した。

 10年度もゴールデンウィークごろに農産物直売所のオープンを予定しており、夏休みや9月の4周年イベントなどを実施し、道の駅をPRし集客に力を入れていきたいとしている。