【ふるさと応援寄付:総額で746万円に】
 2010年4月30日付

 士別市は「私の士別・あなたのふるさと応援寄付金」を受け付けてきている。昨年度は223件の寄付があり、寄付金の額は304万円となった。ふるさと応援寄付金を開始してからの寄付件数は425件となり、寄付金の総額は746万円にも達している。市では、寄付者の意思を尊重しながら各種の事業での活用を図っていくことにしている。

 「私の士別・あなたのふるさと応援寄付金」は、08年度の税制改正で、ふるさと納税制度が設けられたことにより、士別市も条例を制定するなどして新たに設けた寄付制度。

 寄付は交流流事業や健康事業、子育て事業、環境事業、産業事業の目的に応じた指定ができるようになっている。
 また、市外の人が1万円以上寄付した場合、スープカレーやジンギスカンなど士別の特産品を進呈する特典を設けている。

 市ではホームページ上でのPRをはじめ、パンフレットを作成し東京や札幌などのふるさと会に配布したり、関係する機関に協力を求めるなどして寄付を募ってきている。
 市がまとめた09年度のふるさと応援寄付の実績は、寄付件数が223件で寄付金の額は304万5千円となった。

 寄付の内容については子育てに関した寄付が73万円、環境が27万5千円、健康が16万5千円、産業が16万円、交流が11万円で、160万5千円が指定事業なしとなっている。
 地域別では関東地方が最も多く135件となっており、次いで関西地方の35件、中部地方の25件、道内は11件となった。

 申し込み方法についてはホームページからの申し込みが圧倒的に多く139件となった。
 寄付者の多くはホームページで士別のふるさと応援寄付金を知り申し込んでくるケースがほとんどで、士別とかかわりを持たない人たちが多いという。

 ふるさと応援寄付金は08年7月から受け付けてきているが、今年3月末までの寄付総額は425件となり、寄付金の額は746万5千円となった。

 市では今後もふるさと応援寄付金をPRしながら寄付を募り、寄付の目的にあった事業を創出するなどして、寄付金の活用を図っていきたいとしている。