【水道会計決算案:09年度は約770万円の黒字】
 2010年8月25日付

 2010年度の第1回士別市水道委員会が23日、市役所来賓質で行われた。委員会では09年度水道事業会計決算案などが議題となった。09年度水道事業会計決算案によると、当初は3400万円ほどの赤字を見込んでいたが、経費の節減などにより約770万円の黒字決算となっている。

 水道事業会計について当初3400万円ほどの赤字を見込んでいた。
 決算案によると収益的収支の収入は、営業収益で3億4207万1千円、営業外収益で639万9千円など総額は3億4845万3千円となった。

 支出については3億8756万3千円の予算額に対して、決算額は3億3134万4千円で5621万8千円の不用額を計上。
 その結果、水道事業収益から水道事業費用を差し引いた額は税込みで1710万9千円となり、税抜き額で774万3千円の黒字となっている。

 資本的収支については収入が2億2940万8千円、支出が3億2053万4千円となり、その収支で9112万5千円の不足額が生じているが、当年度分消費税資本的終始調整額と過年度分損益勘定留保資金、さらには減殺積立基金からの繰り入れなどによって不足分を補てんしている。
 当年度未処分利益剰余金については1億2969万円となっている。

 09年度における給水状況では給水区域内人口1万7284人に対して給水人口は1万6742人となっている。
 給水戸数は7531戸で、対前年比99・7%となった。