【商品券発行で地元消費推進】
 2010年10月29日付

 和寒町議会第5回臨時会が27日に開かれ、商品券の発行補助を盛り込んだ10年度一般会計補正予算1件を可決した。生活応援緊急対策事業として昨年に続いて実施するもので、今年は20%プレミア付き商品券の購入限度額を世帯人数に応じて上限8万円まで購入できるようになる。販売は11月15日からで地元消費を促進し、まちの活性化を図っていきたいとしている。

 臨時会では10年度一般会計補正予算1件を審議し、生活応援緊急対策事業補助として商品券の割増金と販売管理費の一部を含む1790万円を追加補正した。

 「わっさむくらし応援商品券」は商工会やJA北ひびき和寒基幹支所などでつくる実行委員会が発行。

 町民生活を応援しようというもので昨年に続き実施するもので、今年度も昨年度同様の20%割増の商品券を11月15日から全戸を対象に販売する予定となっている。

 商品券は500円券10枚と20%の割増金千円分を追加した6千円分を1セットとして和寒町商工会と北ひびき農協和寒基幹支所で販売。町内約150店舗で来年3月末まで利用できる。

 また今年は購入限度額の5万円に加え、1世帯当たりの人数によって1人あたり5千円、最高8万円まで購入が可能となる。

 また商工会では販売を促進するため購入額1万円以上で商品券などが当たる抽選も実施する。

 詳しくは事務局の和寒町商工会(電話32―2341)まで問い合わせるとよい。