【こども館にペレットストーブを設置】
 2010年11月4日付

 和寒町の子育て支援センター「こども館」に1日、上川総合振興局のモニター事業として木質ペレットストーブが設置された。和寒町では今年度までの事業として省エネルギー促進支援事業で木質バイオマス燃料ストーブの設置に補助を出しており、地球温暖化防止など町民の関心を高めていきたいとしている。

 北海道は地球温暖化防止と森林資源の有効活用のため森林バイオマスの利用を拡大している。

 上川管内でも産業部門における利用を先進的に取り組んでいるが、ペレットストーブなどの一般家庭での普及は遅れている状況にあるという。

 上川総合振興局では森林バイオマス利用とペレットストーブの普及PRのため、独自事業としてストーブの展示やPRなどを各地で行っている。
 木質ペレットストーブのモニター事業は今年度から始まったもので、公共施設などを対象に11月から3月までの冬期間ストーブを貸し出すもの。

 管内では旭山動物園と富良野市役所、和寒町の子育て支援センター「こども館」にモニターとして設置された。
 ペレットストーブは1日からこども館内の学童保育室に設置し、暖かな部屋で子どもたちが放課後の時間を過ごしている。

 モニター事業では期間中のペレット約480`を支給、不足分は町が負担することとなる。

 上川総合振興局では利用状況などやアンケート調査を実施することとしている。

 和寒町は今年度末まで省エネルギー促進支援事業で木質バイオマス燃料ストーブの設置に補助を出しており、現在までに1件の申請が上がっている。

 町では木質バイオマス燃料の促進に、ペレットストーブなどへの関心を寄せてほしいとしている。

 ペレットストーブ設置補助事業や見学などの問い合わせは和寒町役場(電話32―2421)までするとよい。