【マンマミーアコンサート:おじさんパワーが炸裂】
 2010年11月25日付

 バンド活動を楽しんでいるおじさん・おばさんたちのグループが一堂に会してのコンサート「マンマミーア!2010」が23日、士別市民文化センターで行われた。今回は過去最多の10バンドが出演。ロックやフォーク、ジャスなど多彩な演奏が繰り広げられ、ステージと客席が一体となって演奏を楽しんでいた。

 マンマミーアは、音楽活動を行っている「おじさん」「おばさん」たちの発表の場にと、アコリンバンド友の会(吾子優代表)が主催して08年に初めて開催。

 その後も毎年開催してきており、今年が3回目のコンサートとなる。

 この日は地元士別で活動しているバンドをはじめ名寄、旭川、札幌、本別などから過去最高の10バンドが出演した。

 「おじさん、おばさんたちが頑張っている姿を多くの人たちに見てもらいたい。だれもが楽しんでもらえるステージを」というのがコンサートの目的で、会場には若い人たちから中高年の人たちまで400人ほどが集まった。

 ステージではポップスやロック、フォーク、ジャズなど出演バンドがさまざまなジャンルの演奏を披露。

 ビートルズ、松山千春、ベンチャーズなど中高年にはなじみのカバー曲もあって、訪れた観客も手拍子や足でリズムをとるなどしてステージと会場が一体となって音楽を満喫していた。

 コンサートは約6時間にわたり行われ、プロ顔負けの演奏に集まった人たちも大いに楽しんでいた。

 コンサートを企画した吾子さんは「多くの人たちに楽しんでもらえた。今後もこうしたコンサートを続けていきたい。中高年のパワーで少しでも地域を元気づけることができれば」と話していた。