【2011年度予算方針示す:浄水場の更新など】
 2010年11月28日付

 剣淵町はこのほど11年度の予算編成方針を示した。

 方針では現在策定中の第5期総合計画の初年度となることから、計画の着実な推進に留意することなどを基本方針に盛り込んでいる。

 歳入面では地方交付税については前年度とほぼ同額、歳出面では09年度までの3年間で実施した団体運営補助金15%減額について、11年度は一律削減とはしないものの、事業内容などを精査していきたいとしている。

 11年度は東中央団地の建て替えや常設保育所の増設工事、浄水場施設の更新などを実施する予定で、児童高齢者福祉、産業、教育振興、医療対策などの課題についても継続して対処したいとしている。

 26日に行われた予算編成会議で佐々木智雄町長は、協働のまちづくりの推進するため創意工夫ある編成作業を行うよう職員らに通達した。

 予算編成の今後の日程は、年内に予算要求額の集計を行い、来年1月下旬ごろ町長査定が行われる予定となっている。