【士別南中学校:優良PTAで文部科学大臣表彰】
 2010年12月1日付

 士別南中学校父母と先生の会(高橋稔会長)が26日、優良PTAとして文部科学大臣表彰を受賞。29日には高橋会長と松永博一校長が市役所を訪れ、牧野勇司市長らに受賞を報告した。

 優良PTA文部科学大臣表彰は、PTA活動に優秀な実績を上げているPTAを表彰するもの。 本年度は全国で128団体、道内からは4団体が受賞した。
 士別南中学校父母と先生の会は1961年に設立。全ての保護者と教職員が加入している。

 08年10月に同校に設置された学校支援地域本部の趣旨に賛同し、PTAとして会員に学校支援ボランティアとしての取り組みを呼びかけを実施、 体育指導の補助や登下校時の安全指導、校舎内外の環境整備など、学校のニーズに対応した学校支援活動の充実・発展に尽力している。

 また今年は同校の開校50周年にあたることから、市民から回収したベルマークを地域自治会のボランティアとともに仕分け・集計作業に取り組むなど、地域との連携にも積極的に取り組んできている。
 さらに部活動後援会を組織し、活動用具の購入費などを造成する友愛セールを実施。

 ほかにも各学年委員会が中心となって親子レクリェーションや食事会を開催するなど、親子のふれあいや生活指導に関する活動も積極的に行っている。

 今回の表彰は各種機関・団体と連携を図り、多くの市民による多様な学校支援活動が展開されることで、地域の教育環境の改善に大きな効果が得られていることが評価されたもの。

 高橋会長は「保護者や先輩方が培ってきた実績が評価された。開校50周年と合わせて二重の喜びです」と話している。