●ダイヤル項目●


2004年

ミニコンサート

2002年
・水郷公園に湧き水が?(2月1日)

2001年

・玉結びのダイコン(9月7日)
・白いヤマメ(8月21日)
・怪獣モスラ(8月3日)
・コノハズクの幼鳥を保護(7月27日)
・カワセミの幼鳥を保護(6月30日)
・おや、こんなところに朝日村?
(6月23日)

・めん羊館の共鳴音(6月8日)
・平たいアスパラ(6月5日)
・彩雲(5月27日)
・士別産おそば(5月19日)
・JOCと士別(5月2日
・鈴木健太郎君(4月17日)


■ 水郷公園に湧き水?

 水郷公園に湧き水?が−市民の憩いの場となっている士別市の水郷公園は現在、雪と氷に覆われているが、公園内にある池のつくも市民プール側で、水がこんこんと湧き出ている場所がある。これを見た市民からは「こんな所に水が湧いているの?」と、不思議な光景がちょっとした話題となっている。
 この場所は、水郷公園内にある池の上流。つくも市民プール側で、虹のゲートをくぐったすぐの小さな橋の天塩水郷公園の池で湧き出ている水川寄り。
 池は一面、雪と氷に覆われているが、この部分だけは水がこんこんと湧き出ており、澄んだ水を湛えている。
 公園内を通る道路から10bほど離れているため、あまり人目にはつかないが、散歩などでここを通る市民からは「こんな所に水が湧いている」との声も。
 実はこの湧き水の正体は、流雪溝を流れる水の一部を引き込んでいるもの。
 水郷公園の池には、たくさんの魚や水生昆虫が生息しており、冬場は池の水が涸れてしまうことで、魚や水生昆虫を保護するために、流雪溝の水を引き込んでいる。
 水が湧き出て池になっている部分の深さは10aほどで危険は少ないが、ここを管理している市建設水道部施設維持センターは「充分に気をつけてもらいたい」と話している。
 (写真=水郷公園の池で湧き出ている水)