●ダイヤル項目●


2002年
・水郷公園に湧き水が?(2月1日)

2001年

・玉結びのダイコン(9月7日)
・白いヤマメ(8月21日)
・怪獣モスラ(8月3日)
・コノハズクの幼鳥を保護(7月27日)
・カワセミの幼鳥を保護(6月30日)
・おや、こんなところに朝日村?
(6月23日)

・めん羊館の共鳴音(6月8日)
・平たいアスパラ(6月5日)
・彩雲(5月27日)
・士別産おそば(5月19日)
・JOCと士別(5月2日
・鈴木健太郎君(4月17日)


2004年

ミニコンサート

■ コノハズクの幼鳥を保護

  元気になってね−士別市内で24日、コノハズクの幼鳥が保護された。すぐに市職員が旭川市の旭川動物園に運んだが、職員らは「早く元気になってもらいたい」と話している。
 今回保護されたコノハズクの幼鳥は、体長15センチほど。
 市内の会社員が仕事で市立博物館の入り口付近を通りかかったとき、白線の上に小さな鳥がうずくまっているのを見つけ、そのまま保護し市立博物館に届けた。
 博物館ではすぐに市耕地林務課に連絡し、同課の職員が旭山動物園に届けることになった。
 コノハズクはフクロウ類で最小の渡り鳥。
 「ブッツキョッコー」というような鳴き声が特徴で、この地域の山林では多く見られる。
 保護された幼鳥は、丸く黄色い目とふわふわしたうぶ毛が、そのまま縫いぐるみになったようなかわいらしさ。
 旭山動物園によると、ちょうどこの時期は幼鳥が巣立ちを前に、飛行訓練などを行うころで、木から落ちた幼鳥が保護されるケースが多いという。
 幼鳥を届けた職員らは「一日も早く元気になってくれれば」と願っていた。
 (写真=保護されたコノハズクの幼鳥)