01―NTT西日本
2001年合宿の里情報>>     2002年合宿の里情報>>

道北日報
ヘッドライン


01-NTT西日本
02-日韓交流陸上
03-中国電力
04-トヨタ・旭化成
05-中部・関陸女子
06-富士通
07-福士選手
08-三洋信販
09-日立・デンソー
   ・資生堂

10-ノーリツ
11・佐倉・積水
12-サミー・七十七
13-天満屋
14-本田技研
15-YKK
16-富山中学生
17-トヨタ自動車九州
18-富士通(短距離)
19-日本実業団
20-日本陸連・
  実業団連合女子
  ・マラソン

21-岡山陸協
22-今井美希選手
23-順天堂・城西
24-東京学芸大
25-チーム・テイケイ
26-東海大学陸上部
27-トーエネック
28-神戸学院
29-北海道浅井学園
30-拓殖大学
31-ワコール
32-スズキ
33-陸連・実業団
34-ケンズ
35-玉川大学
36-中央学院大学
37-大東文化大学

 
 今合宿には清水康次選手(33)、トレーニングパートナーの松本政大さん、斉藤弘信監督、細川二郎トレーナーの4人が訪れ、6月9日から20日まで合宿を行う。
 選考会を兼ねた01年福岡国際マラソン大会で清水選手は日本人トップの2位でゴール。今年8月にパリで開催される第9回世界陸上選手権マラソンへの切符を手にした。 5月17日に行われた中国実業団陸上競技選手権大会では1万メートルで自己新を記録。
 今回の合宿は同選手権へ向けたトレーニングで、7月から本格的に走り込む前の足づくりとして、ゆっくりと長い距離を走ることが目的。多い日は1日60キロを走り込み、大会に備えている。
 士別には大学の頃から10回程度訪れている清水選手。「陸上に集中できる環境が整っている」。体調も良く、トレーニングも順調に進んでいるという。 
 同選手権への参加は今回で3回目。「万全な体調でスタートラインに立つことが第一の目標。夏のため記録はのぞめないが、1つでも上の順位でゴールしたい」と意気込みを語っている。
(写真=合宿に訪れている清水康次選手)