02―日韓交流陸上
2001年合宿の里情報>>     2002年合宿の里情報>>

道北日報
ヘッドライン


01-NTT西日本
02-日韓交流陸上
03-中国電力
04-トヨタ・旭化成
05-中部・関陸女子
06-富士通
07-福士選手
08-三洋信販
09-日立・デンソー
   ・資生堂

10-ノーリツ
11・佐倉・積水
12-サミー・七十七
13-天満屋
14-本田技研
15-YKK
16-富山中学生
17-トヨタ自動車九州
18-富士通(短距離)
19-日本実業団
20-日本陸連・
  実業団連合女子
  ・マラソン

21-岡山陸協
22-今井美希選手
23-順天堂・城西
24-東京学芸大
25-チーム・テイケイ
26-東海大学陸上部
27-トーエネック
28-神戸学院
29-北海道浅井学園
30-拓殖大学
31-ワコール
32-スズキ
33-陸連・実業団
34-ケンズ
35-玉川大学
36-中央学院大学
37-大東文化大学

 
  24日から始まった今合宿は、02年ワールドカップ日韓共催を契機とした「日韓共同未来プロジェクト」の一環として、文部科学省が両国の友好親善を一層深め、国際的な視野と資質をもった青少年の健全育成を図るためのスポーツ交流推進を目的としている。
 陸上競技での交流合宿は士別市が初めてで、両国とも選手17人、スタッフ7人の計48人が参加。
 韓国は男子が大学生、女子が高校生、日本は実業団と大学生中心の構成。いずれも今後活躍が期待される若手選手が参加している。
 合宿は午前5時30分から士別市陸上競技場とその周辺で行っており、日韓それぞれのトレーニングの長所・短所を指摘し合うことなどで競技力向上を図っている。
 木内敏夫日本陸連強化副委員長は「ディスタンスで自己ベストを出せるよう調整トレーニングを行っていきたい」、韓国の黄奎勲監督は「自然環境も練習環境もすばらしい。北海道は涼しいと聞いていたが、想像以上に暑いので驚いている」と話している。
 合宿は30日まで行われるが、合宿期間中にホクレン・ディスタンスチャレンジの第3戦深川大会(25日)と第4戦士別大会(29日)に参加し、実力を試すことになっている。
(写真=合同で練習に取り組む選手たち)