09―日立・デンソー・資生堂 
2001年合宿の里情報>>     2002年合宿の里情報>>

道北日報
ヘッドライン


01-NTT西日本
02-日韓交流陸上
03-中国電力
04-トヨタ・旭化成
05-中部・関陸女子
06-富士通
07-福士選手
08-三洋信販
09-日立・デンソー
   ・資生堂

10-ノーリツ
11・佐倉・積水
12-サミー・七十七
13-天満屋
14-本田技研
15-YKK
16-富山中学生
17-トヨタ自動車九州
18-富士通(短距離)
19-日本実業団
20-日本陸連・
  実業団連合女子
  ・マラソン

21-岡山陸協
22-今井美希選手
23-順天堂・城西
24-東京学芸大
25-チーム・テイケイ
26-東海大学陸上部
27-トーエネック
28-神戸学院
29-北海道浅井学園
30-拓殖大学
31-ワコール
32-スズキ
33-陸連・実業団
34-ケンズ
35-玉川大学
36-中央学院大学
37-大東文化大学


駅伝に向けて走り込み
            日立陸上部

 今合宿は8日から始まっており、笠間三四郎監督が就任してから士別での合宿は初めて。
 デンソー陸上部の永田幸一監督に合同合宿をと誘われ、共に練習で汗を流している。
 今年の全日本実業団対抗駅伝は、主力が故障で走れず不本意な成績に終わった。来年1月に行われる同駅伝では15位以内を目標としており、今のところ怪我もなく、順調に練習を続けている。
 今合宿の目的は駅伝に向けての夏場の走り込み。ロードと競技場でのトラック練習を中心に、28日まで合宿を続ける。
 合宿の参加者は次の通り。
 ▼スタッフ=笠間三四郎監督、山川マネージャー、上村コーチ
 ▼選手=佐々木栄子、吉田亜紀子、鬼島怜美、山崎宏美、五十嵐妙子、村上百合子、上木原加奈子、津隅久美、石崎舞子、大畠清香、神谷奈美、ルース・ワンジル
(写真=日立、デンソー合同での練習)


アテネ五輪を目指して
           デンソー陸上部

 今合宿にはスタッフ3人、選手4人が参加しており、6月23日に士別入りしている。
 甲斐智子選手、小林恵美選手はマラソンに向けて精力的に練習を行っており、国際マラソンでアテネオリンピックのマラソン代表の座を狙う。
 19歳の岡野奈月選手は27日に行われる士別ハーフマラソン大会の招待選手に選ばれており、若さあふれる力強い走りが期待されている。
 改修されたばかりのクロスカントリーコースについては「少し硬い感じはするが、急傾斜も緩和されて以前より走りやすい」と話している。
 合宿は28日まで続けられるが8月4日に再び士別入りし、8月26日まで合宿を行う。
 合宿の参加者は次の通り。
 ▼スタッフ=永田幸一、清水康浩
 ▼選手=甲斐智子、小林恵美、里村桂、岡野奈月


目標は実業団駅伝優勝
           資生堂陸上部

 18日から行われている合宿には選手4人、スタッフ4人が参加している。
 昨年士別で行われた実業団と日本陸連の合同合宿に参加した井ノ口正博コーチが、「士別は練習環境、受け入れ体制ともにしっかりしていた」と、今年はチームでの合宿を実現。
 今合宿での目的は蒸し暑い東京を抜けだしての北海道での夏場の走り込み。
 弘山晴美選手は5月に行われた東日本実業団対抗陸上で、1500メートル、5000メートルで2冠を達成。8月3日からアメリカ・ボルダーで1ヵ月半の高地トレーニングを行い、来年のアテネオリンピック選考マラソンに向けての体力づくりに励む。 また寺内多恵子選手は27日に行われる士別ハーフマラソン大会に招待選手として参加する。
 チームとしては、昨年過去最高タイムを記録しての4位だった全日本実業団駅伝で優勝を目指している。
 合宿の参加者は次の通り。
 ▼スタッフ=川越学、弘山勉、井ノ口正博、大竹トレーナー
 ▼選手=寺内多恵子、吉田香織、嶋原清子、弘山晴美
(写真=チームでの合宿を行っている資生堂)