20―日本陸連・実業団連合女子長距離・マラソン 
2001年合宿の里情報>>     2002年合宿の里情報>>

道北日報
ヘッドライン


01-NTT西日本
02-日韓交流陸上
03-中国電力
04-トヨタ・旭化成
05-中部・関陸女子
06-富士通
07-福士選手
08-三洋信販
09-日立・デンソー
   ・資生堂

10-ノーリツ
11・佐倉・積水
12-サミー・七十七
13-天満屋
14-本田技研
15-YKK
16-富山中学生
17-トヨタ自動車九州
18-富士通(短距離)
19-日本実業団
20-日本陸連・
  実業団連合女子
  ・マラソン

21-岡山陸協
22-今井美希選手
23-順天堂・城西
24-東京学芸大
25-チーム・テイケイ
26-東海大学陸上部
27-トーエネック
28-神戸学院
29-北海道浅井学園
30-拓殖大学
31-ワコール
32-スズキ
33-陸連・実業団
34-ケンズ
35-玉川大学
36-中央学院大学
37-大東文化大学



秋・冬のシーズンに向け
         
日本陸連・実業団連合女子長距離・マラソン

 4日から始まった今回の合宿は、日本陸連強化選手と8月にパリで行われる世界陸上代表選手、今年の日本選手権(5000メートル、1万メートル)出場者であることを選考基準としており、自己負担参加の選手を含めてスタッフ・選手総勢約80人が参加している。
 8月にパリで行われる世界陸上女子マラソンの代表である松岡理恵選手(天満屋)、6月に行われた日本選手権1万メートルで3位の藤川亜希選手(旭化成)ら実力者揃い。
 寺内多恵子選手(資生堂)、市丸愛選手(サニックス)は8月31日の北海道マラソンに招待選手として参加することになっている。
 合宿では秋・冬のトラック・駅伝シーズンに向け、距離をこなすメニューを中心に練習を行っている。
 トラック、ロードを40キロ、グリーンスポーツのクロカンコースを30キロなどのほか、トラックでのスピード練習など、持久力と瞬発力の双方を鍛えるため、選手たちは連日汗を流している。  
(写真=持久力と瞬発力の双方を鍛える選手たち)