29―北海道浅井学園大学陸上競技部
2001年合宿の里情報>>     2002年合宿の里情報>>

道北日報
ヘッドライン


01-NTT西日本
02-日韓交流陸上
03-中国電力
04-トヨタ・旭化成
05-中部・関陸女子
06-富士通
07-福士選手
08-三洋信販
09-日立・デンソー
   ・資生堂

10-ノーリツ
11・佐倉・積水
12-サミー・七十七
13-天満屋
14-本田技研
15-YKK
16-富山中学生
17-トヨタ自動車九州
18-富士通(短距離)
19-日本実業団
20-日本陸連・
  実業団連合女子
  ・マラソン

21-岡山陸協
22-今井美希選手
23-順天堂・城西
24-東京学芸大
25-チーム・テイケイ
26-東海大学陸上部
27-トーエネック
28-神戸学院
29-北海道浅井学園
30-拓殖大学
31-ワコール
32-スズキ
33-陸連・実業団
34-ケンズ
35-玉川大学
36-中央学院大学
37-大東文化大学



シーズンに向け厳しい練習
北海道浅井学園大学陸上競技部
各種目に分かれ練習に取り組む選手たち 27日から始まった合宿にはスタッフ3人、選手30人が参加している。 短距離、長距離、跳躍など様々な種目の選手らが参加しており、練習は全体で体操を行ったあと各種目に分かれて行っている。
 3段飛びの日裏徹也選手、跳躍の金札絵里香選手は今年の北日本インカレで優勝、全日本インカレに出場した。
 女子は前身の北海道女子短大時代から継続して道インカレで37連覇を達成、男子は3位と健闘した。来年は男子も総合優勝を目指し、男女アベック優勝を狙う。
 同部には今年士別高校から進学した鈴木悠介選手も在籍しており、100bでの活躍が期待されている。
 士別での合宿は今回が初めてで「いい環境で練習することができていて、選手も満足している」と柚木孝敬顧問。
 31日に秩父別で行われる北海道大学駅伝には札幌学院大学との混成チームで出場を予定している。
 「士別はたくさんのチームが来ているので、他の大学の練習を見るのついい刺激になる」と柚木顧問は話しており、30日までの合宿で陸上シーズンに向けた厳しい練習を続けていく。
(写真=各種目に分かれ練習に取り組む選手たち)