01―駒澤大学陸上競技部
2001年合宿の里情報>>     2002年合宿の里情報>>    2003年合宿の里情報>>

道北日報
    ヘッドライン

01-駒澤大学
02-サニックス
03-積水化学
04-デンソー
05-全日本実業団
06-拓殖大学
07-大東文化大学
08-実業団長距離
09-中央学院駅伝部


目標は箱根4連覇 

 陸上競技陣のトップを切り、8日から16日までの日程で合宿を行っている。
 駒澤大学は、今年の箱根駅伝で3連覇を達成。大八木弘明監督は「最終的な目標は箱根での4連覇」と言い切る。
 今回は、7月2日から行われる全日本インカレのハーフマラソンに出場する3年生の走り込みと、1年生の長距離に対する適正を見ことが合宿の大きな目的。
 今年の箱根駅伝で3区の区間賞を取った佐藤慎吾選手、5区で5位の村上和春選手らが顔をそろえ、7月4日の札幌ハーフマラソンに出場するOBの藤田敦史選手(富士通)、さらには福山良祐選手(AGS)も今回の合宿に同行している。
 ロードを中心とした走り込みの毎日で、起伏に富んだ士別のコースは「強化合宿に適したところ。気温もわりと高く選手を鍛えるにはちょうどいい」という。
 士別での合宿は一昨年以来となる。
 「これから秋の駅伝シーズンに向けて、1年生もその中に食い込んできてほしい。みんなで勝ち取るため質の高いものを目指していきたい」と大八木監督は話している。
 駒澤大学の合宿メンバーは次の通り。
 ▼監督=大八木弘明▼選手=佐藤慎吾、井手貴教、村上和春、安西秀幸、藤井輝
 (写真=ロードを走る駒澤大学のメンバー)