05―日本実業団連合一般種目
2001年合宿の里情報>>     2002年合宿の里情報>>    2003年合宿の里情報>>

道北日報
    ヘッドライン

01-駒澤大学
02-サニックス
03-積水化学
04-デンソー
05-全日本実業団
06-拓殖大学
07-大東文化大学
08-実業団長距離
09-中央学院駅伝部


 個人のレベルアップを目指して

  23日から始まった合宿は、東日本、北陸など6連盟で実施した地域大会の優勝者らを一同に集め、個人のレベルアップを目的に行っている。
 今回の参加者はスタッフ5人、選手22人。100メートルや走高跳び、砲丸投げといったフィールド種目の選手らが30日まで練習を続ける。 
 「良い練習環境を提供することで、互いの刺激になれば」と樋高勇二コーチ(トヨタ自動車)。
 参加者の中には教員もおり、普段思う存分練習することのできない環境にいる選手らも、さらにステップアップするための重要な合宿となっている。
 合宿では午前に種目別の練習を、午後からはウエイトトレーニングなどを合同で行っている。
 8月からは各地域での選手権も始まり、来年の日本選手権の予選も兼ねているこの大会で上位を狙い、選手たちは連日厳しい練習メニューに取り組んでいる。
(写真=厳し練習メニューをこなす選手たち)