06―拓殖大学陸上部
2001年合宿の里情報>>     2002年合宿の里情報>>    2003年合宿の里情報>>

道北日報
    ヘッドライン

01-駒澤大学
02-サニックス
03-積水化学
04-デンソー
05-全日本実業団
06-拓殖大学
07-大東文化大学
08-実業団長距離
09-中央学院駅伝部


 予選突破目指し走り込み

 9日から始まった合宿にはスタッフ8人、選手30人の総勢38人が参加している。
 昨年の箱根駅伝予選会ではレギュラー選手3人を故障で欠き10位に終わり、本戦に出場するための9位に食い込むことができなかった。
 今年はこれまで故障者もなく順調に練習に取り組んでおり、ロードを中心に長距離を走り込んでいる。
 米重修一監督は「選手一人ひとりが責任感を持ってスタートラインに立つ準備を行っている。士別での厳しい練習の中で力を伸ばしてくれれば」と選手に期待を寄せている。
 今年は素質のある1年生が数多く入部し、主将の加藤健一朗選手を中心にまずは予選突破を狙う。
 今年の予選会では当日の気候などを考慮したレースの組み立てにも力を入れることにしている。
 この合宿は21日まで行われ、続けて深川市での合宿に臨む。 
(写真=ロードを中心に走り込みを行う拓大の選手たち)