09―中央学院大学駅伝部
2001年合宿の里情報>>     2002年合宿の里情報>>    2003年合宿の里情報>>

道北日報
    ヘッドライン

01-駒澤大学
02-サニックス
03-積水化学
04-デンソー
05-全日本実業団
06-拓殖大学
07-大東文化大学
08-実業団長距離
09-中央学院駅伝部


 予選会突破へ体力づくり

本番に備え練習にも熱が入る選手たち 7日から始まった合宿にはスタッフ3人、選手15人が士別入りし、大会に向けて本格的な練習をスタートさせている。今年の士別での合宿は8月に続いて2回目。
 今年の箱根駅伝は11位に終わり、惜しくもシード権を逃した。そのため現在は10月16日に行われる予選会突破に向けて、20`を走ることのできる体力づくりに取り組んでいる。
 2年ぶりとなる予選会出場のため、予選会の経験者がチーム内に3人しかおらず、練習の中で体調管理などを徹底し、本番に備えている。
 今年の目標は「予選会のトップ通過と、本戦で最低でも10位以内に入りシード権を獲得すること」と川崎勇二監督。
 中東亨介主将を中心に上級生は安定した実力を持っており、新戦力の1年生がどれだけ活躍してくれるかが大会でのポイントになるという。
 この合宿は16日まで続けられ、選手たちはロードとトラックで厳しい練習に取り組んでいく。
(写真=本番に備え練習にも熱が入る選手たち)