2002年6月号     1月2月 | 3月 | 4月 | 5月|6月 |
7月 |
8月 | 9月 | 10月      top
 



 


 熊が出たぞう!!
         ―トラクターにはかなうまいが

 サンハイ!(童謡「春が来た」の節で歌おう!)

 ♪熊がでーた〜
 熊がでた〜
 何処に出た〜?
 山に出た〜
 うちの畑のそばに〜出た〜

 というわけで理加ちゃんビックリ!(*_*)
 実はつい先日も、うちの自治会のどこだかで熊の足跡が発見され新聞にも載ったのだが、熊がいつまでも同じ場所にいるわけがないし、もうとっくにどこか遠くへ行ったものと私はタカをくくっていたのだ。
 ところが一昨日の雨の後にまた新たな熊の足跡が近くの畑で見つかったというのである。
 そのそばには、これからカボチャを作る予定のうちの畑があるのに……。
 こ……これは気をつけなくては!! 野良仕事の最中に襲わたら、どうしょう。
 危ないわ、理加ちゃん、ピーンチ!
 「自分はきっとそう長くはない……(-_-;) 」と日々迫り来る死の恐怖にかってに怯える私だが、どうせ死ぬなら綺麗な姿で死にたい! 間違っても熊に食い散らかされるような死に方は嫌だ!!
 熊になんか負けるもんか〜!
 はッ、いけない、。こんなに闘争心を露わにしていては……。
 熊は元々とっても臆病な動物なのである。
 こちらが余計な刺激を与えない限り、向こうから手をだしてくることはまずない。
 だから笛などを吹きながら「ココに人間がいますよ〜」と知らせてあげれば近くには来ないのである。
 ふふふ〜幸い、私には以前某バス会社でバイトしていたときに貰ったマイ・ホイッスルがある! しかも100円均一で売ってるような安っぽいプラスチック製ではなく真鍮の高級品である。ふふん(↑自慢気)
 しかし、ここで重要な問題に気がついた……。
 実はその畑、まだ耕していないのである。そうこれからトラクターでロータリーをかけなければならないのだ!
 このトラクターでの作業音はハッキリ言ってものすごい轟音である。
 これでは熊さんに笛の音が聞こえないではないか。いやーん、どうしよう〜〜!!(↑何か根本的なことをはき違えてるヤツ(爆)トラクターの音で逃げるっつーの)