2002年7月号     1月2月 | 3月 | 4月 | 5月6月 |
7月 | 8月 | 9月 | 10月11月| 12月   top
 



 


 寝たい…… !
    ―なら夜更かしすんなって〜の

 台風の影響だとかで雨が降っている。
 まだ一番牧草が終わっていないって言うのに困ったもんだ。
 酪農家にとって神経を使うのが牧草の収穫。雨にあてることなくいかに良い乾燥状態のものをロールにするかが一番のポイントなのである。
 乾燥状態が悪ければカビたり、一部が腐ったりで牛のエサには不合格。
 一度でも雨にあてれば、いくらその後、良く乾燥させても草そのものの栄養価も落ちれば嗜好性も落ちる。それによって牛の食欲も体調も左右されるのだから、酪農家はこの時期、少しでもイイ牧草を採るために常に天気予報にらめっこして作業計画を練るのである。
 牧草ロールは一日にして成らず。まず刈るのに1日、2日目と3日目にテッターという機械で最低2度はかき回して、それからレーキという機械で畝状に集草し、ロールベイラーという機械でロールに梱包してゆく。
 まぁ草地の広さにもよるが、いくつかの区画に分かれた草地のうち1ヶ所につきわが家ではだいたい4日連続の晴天日が必要なのである。
 うちも酪農一本でやっていた頃は、チャッチャと牧草をやっていたものだったが、数年前から畜産と畑作の混合農家になって以来、牧草の進行がうまくいかなくなった。
 それは畑の除草や防除といった農薬散布の時期と牧草の時期がぶつかってしまうからだ。
 農薬も散布する時期というものがある。それをハズすと疫病にやられ取り返しのつかない打撃を被ったりする。
 仕方ないので天気の見通しがつかない牧草を後回しにして畑を優先させているうちに、たくさんの草地が手つかずのまま、こんな本格的な雨降りに突入してしまった(涙)他の酪農家はもうほとんど牧草終ってるというのに、まったく泣けてくるよ。
 「農家は雨降ると休めていいねぇ」なんておっしゃる方もいるが、私にしてみれば全然良かないよ!ってのが偽らざる本音だ。
 だって、農家の仕事は野外イベントじゃないんだから雨が降ったからって中止ってわけじゃないのだ。延期になっているだけのことで、やらなきゃいけない作業は逆に増えるくらいなのである。
 それに外は雨が降っていたって牛飼いには牛舎の中でやらなきゃいけない仕事が腐るほどあるのだ。まったく忙しいったらない。
 ま、忙しそうにしているわりには遊びにもよく出かけている私だが、これもタイヘンなのである。
 暇だから遊びに行くわけではなく、遊ぶ予定ができたから、それにあわせて仕事をやりくりし外出しているのだ。
 家にいると、ただノンビリと寝てるわけにはいかない。休みたかったらなんらかの計画をたて、外出しなければ仕事は休めない。
 だが外出すると体も心も休まらない。うーん疲労はたまる一方だな……。
 そんな私を動いていないと死んでしまう回遊魚に見立ててくれた人がいたが、私だって好きで動き回っているわけではない。ホントは雨の日くらい寝て過ごしたいのだ。ホントはねっ!
 さ、明日は雨が降らなきゃジャガイモの殺菌消毒(雨の後は疫病が流行りやすい)降れば牛舎内の牛の大移動。
どっちにしてもタイヘンだぁ〜〜〜〜〜!
 んでもって、我が家の牧草はいったいいつになったら終わるんだ〜〜〜?! それは誰にもわからない。へっ、もう知らんわっい。