2001年7月号     1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月   top
7月 | 8月9月10月 |11月 12月




 月に代わってお仕置きよ ?!
     牧草のセーラームーン的変身
 牧草はなんと言っても乾燥具合が命。刈り倒してから雨にあたった牧草は色も黒ずみ牛も喜んで食べなくなる。それでも刈ってから一度もテッターという機械でかき混ぜていない場合は、晴れてからよく乾かせばあまり質の劣らない乾燥牧草ができる。
 だが何度もかき混ぜて全体的に充分な乾燥をさせてしまって雨にあたると……これは質がかなり落ちるのである。
 だから快晴の続く日程を充分に考慮して作業計画をたてる必要があるわけだ。
 それでもどうしても雨にあたりそうなときは、あえてかき混ぜない。それか生乾きでもラップを巻いてサイレージと呼ばれる醗酵牧草に加工してしまう……という手がある。
 わが家ではこれまでラップ巻きの機械がなかったので、原始的だが大きなビニール袋にロールをいれて空気をしっかり抜いてから紐で縛るという方法でサイレージを作っていた。
 しかーし、今年は違う!! 念願のラップ巻きの機械を購入したのであ〜る。
 農作業機全般に言えることだが、この機械は値段が高い!! そこでできるだけいい物を安く……と、いくつかの業者に相談していたところ、日頃から何かと親切にしてくれている某業者がまるでタイミングを見計らったようにわが家へあるモノを届けてくれた。
 それは名古屋コーチン。そう、生きた賄賂である。(笑)賄賂やオマケに弱いわが家にこれは効いた!! そして当然の成り行きのようにこの業者から機械を買ってしまったのである(←しょうがねぇな〜、まったく)。でも格安で新型の機械が手に入ったのだから万々歳といったところか。
 そして、その機械の使い初めの日がやってきた。まるでダンプのように機体が傾いて牧草のロールをしっかりつかみセットすると、ロールを上下左右に回転させながらラップがくるくると巻かれて……。
 おお〜、おもしろい!!
 まるで美少女戦士セーラームーンの変身シーンみたいだ!!!(マニアな……)
 私は思わず牧草畑で正座をしてその樣を見学してしまった。(私は昔から感心すると正座をしてしまうクセがあるのだ)
 いや、農作業用の機械って、ホント、素晴らしいです な。
 ふふ……また仕事が楽しくなってしまった。♪ 卵も美味いしサイコーだ!(笑)