このレシピ集は市民公募の中から選ばれたこだわりの逸品を紹介します。
料理の募集は士別サフォーク研究会が主催して行ったものです。

作り方の説明は写真をクリック!


サフォークと
ポテトの包み
揚げ

サフォークと
キノコのマヨ
ネーズ焼き


仔羊のナヴァ
ラン風



牧場のカレー



羊のトマト煮
込み



◎羊肉の特徴
 羊の肉は通常、牛肉や豚肉と比べてコレステロールが少なく、低脂肪です。
 羊の肉はマトンとラムに分けられ、マトンは生後1年以上の成羊をいい、ラムは生後1年末満の子羊をいいます。

◎サフォーク種の特徴
 イングランド南東部のサフォーク州が原産。在来羊のノーフォーク・ホーンの雌にサウスダウンを交配して作られた肉用種。1810年に新品種として認められ、1886年に協会設立。
  ノーフォーク・ホ−ンの頑健性、多産性と、サウスダウンの早熟性、肥育性を併せ持つ。顔と四肢は黒い粗毛でおおわれ、体重は雄で100から135キロ、雌で70から100キロ、角はない。早熟性で肉量に富み、余分な脂肪がなくて赤肉が多く、肉質に優れています。