2001年
 連載 7
好環境で練習充実
〔チームテイケイ トライアスロン競技部〕

 昨年のシドニー五輪日本代表だった西内洋行選手、小原工選手の2人を擁するチーム。トライアスロンの「チームテイケイ」西内選手は7月の世界選手権出場が決まっている。
 士別合宿は昨年に続き2回目で、9日から23日まで滞在する。道幅が広いのでバイク(自転車)の練習がしやすい、この時期は日本トップレベルの陸上選手もトレーニングを積んでいるので参考になるなど、「合宿環境は素晴らしい」と八尾彰一監督は絶賛。水泳・バイク・ラン(マラソン)とまんべんなく練習を積むという。
 これから本格的な夏を迎え、レースが目白押しになる。アテネ五輪を目指すという西内・小原両選手は、スピードや粘り強さといった持ち味を伸ばすため、スタミナ強化で長距離のレースを経験させる、と八尾監督。
 「目的意識を持って自主的に練習する姿があれば、アテネに向けていいチームができるのでは」と選手に期待をかけている。
 選手は次のとおり。
 ▼監督(兼選手)=八尾彰一▼アシスタントコーチ=松本晃幸▼選手=小原工、西内洋行、須藤雪絵、下村真紀
(写真=トライアスロンの「チームテイケイ」)