2001年
 連載 10
体力の基礎づくりに重点
〔トライアスロンチーム・ニデック〕

ニデックの選手・スタッフ  大手眼科・医療機器メーカー「ニデック」のトライアスロンチームが18日から28日まで、士別で合宿を行っている。
 現在選手は2人。入社3年目で小学生時代からトライアスロンを続けている枇杷田深雪選手は、7月にカナダ・エドモントンで開かれる世界選手権に初出場が決まっている。 一方、今年入社し、高校時代は水泳選手として活躍した北野慶(ちか)選手は10月の日本選手権を目指す。
 士別では、スイム、ラン(マラソン)、バイク(自転車)それぞれの強化を行うが、「体力ベースの基礎確立を図りたい」と中込英夫監督。目標は「チームで五輪を狙うこと」といい、現在アテネ五輪へ向けての練習計画を立てているという。
 中込英夫監督ら数人は昨年、ナショナルチームの合宿で士別は経験済み。合宿の受け入れ体制が整っており「練習がスムーズにできる」と環境のよさを評価している。
 選手らは次のとおり。
 ▼監督・コーチ=中込英夫▼プレイングコーチ=今枝誠▼フィジカルトレーナー=中島靖弘▼選手=枇杷田深雪、北野慶
(写真=ニデックの選手・スタッフ)