2001年
 連載 22
走り込みきっちりと
〔YKK陸上競技部〕

  寺澤徹監督ほか、13人のコーチ、選手らが21日から31日20qのロード練習をする選手まで強化にあたっている。
 今年の箱根駅伝でともに4区を走った西村哲生選手(東海大)、福田哲二選手(大東文化大)の二選手が入部した。この若い力を含めてチームの戦力アップを図るため、士別では「きっちり練習量をこなす」(寺澤監督)。
 本拠地・富山県は暑くて練習ができないため、合宿中は1日60〜80キロを走り込むメニューも組んでいる。
 今年の全日本実業団対抗駅伝は20位だった。来年は過去最高の18位を上回ることが目標。8月下旬の北海道マラソンには飯村祐一選手ら四人が出場する。
 選手らは次のとおり。
 ▼監督=寺澤徹▼コーチ=新原保徳▼トレーナー=野村勉▼選手=濱田征司、泉亘、飯村祐一、吉田正幸、岩原正樹、西川哲生、福田哲二、山本伸幸、渋谷崇史
(写真=20qのロード練習をする選手)