2001年
 連載 25
駅伝は15位以内を目標に
〔三和銀行陸上部〕

  士別合宿には部員全員が参加。7日から13日まで滞在する。
スピード練習をする三和銀行陸上部の選手 昨年12月の全日本実業団対抗女子駅伝は29位。今年は過去最高となる「15位以内」が目標だ。
 猛暑の本拠地・東京では合宿のための「体ならし」をし、士別で本格的な練習に入る。ロード、トラック、クロカンをフル活用し、12月の本番(全日本駅伝)に向けて走り込みとスピード強化にあたるという。 今年は陸上部の廃部により、NECから大室美佳、坂上千佳の二選手が移籍した。大室選手は五千bを16分前半で、坂上選手も長距離が走れるとあり「駅伝でも即戦力になる」と有坂好司監督の期待大。
 体調を崩し、最近のレースには出ていないが、昨年の同駅伝で一区を走った高橋知子選手、今年の東日本実業団対抗の一万bで自己新を出した冨岡香織選手も「これから活躍しそう」と見込んでいる。
 選手らは次の通り。
 ▼監督=有坂好司▼コーチ=初見美由己▼マネージャー=坂田伊都子▼トレーナー=増田雄一▼選手=橋本美紀、奥谷裕子、高橋知子、小沼弘美、冨岡香織、長嶋瞳、大室美佳、川口愛美、坂上千佳、堀田笑子、森春菜
(写真=スピード練習をする三和銀行陸上部の選手)