剣淵町議会議員当選者に聞く  |  |  (50音順)


 2 

 本紙は今回の剣淵町議会議員選挙に際して、立候補に対する決意、公約などを聞くため候補者14人に質問書を送付させていただき、13人から回答が寄せられました。
 質問の項目は▼立候補の動機▼絵本の館改修についての考え▼市町村合併についての考え方▼おもな選挙公約―以上の4点です。
 今回、定数でおさまり当選が決まったことを考慮し、4項目のうち、絵本の館改修と市町村合併の2点について、各氏の考え方を掲載することにいたしました。
絵本の館改修・市町村合併について
 
絵本の館改修についての考え
市町村合併についての考え
下田秀樹氏  町民にとって町ににとって一番良い方法と考えた時、長い目で見てお金を賭けないが一番の思いです。では改修それは応急的には良いが本来館の回りの環境そしてランニングコストを考えると決して改修の文字はあてはまらない。
 一番のねらいは経費の節減、国は色々な形で合併を進行させて来る以上どう考えても避けて通れない気がする。そこで今この剣淵に特色を残す事、それは形かもしれない、町民の結集かもしれない。いずれにしても力を持つ時代だ!
鈴木利明氏  特別委員会の審議結果は尊重されるべきです。
 最終的な合併の是非は住民が決めるべきです。そのための判断材料、情報の提供は充分に行わなければならない。
須藤一豊氏  町民の声を充分拝聴し、厳しい財政の中で新築は断念し、現在の館を改修して、最大限に有効且つ適切に、古代の建物を活用する事が胸を張って、後世代に残せる最大の施設であり町の誇りでもある。  地方公共団体が自らの創意工夫で地域の活力を創出する時代であり、地方分権の時代は、地域間競争が極めて厳しい時代である。その為には、町長、議員、住民が三位一体となって21世紀の町づくりに、真っ正面から取組む必要あり。
高橋一博氏  この件については、特別委員会において下された現在地での改修する旨の結果をふまえ一日も早く凍結を解除し、幅広い町民の声を第一に尊重した上で、事業を進めるべきと考えます。
 この件については、特別委員会において下された現在地での改修する旨の結果をふまえ一日も早く凍結を解除し、幅広い町民の声を第一に尊重した上で、事業を進めるべきと考えます。
 町民の皆様に、合併に関する資料を100%情報公開し、剣淵の将来はどうあるべきかを、時間をかけて論議を深め、その意見の集約により決定判断をすべきと考えます。