→2001年の合宿はこちら
2002年
連載 2
札幌ハーフに向け強化
〔NEC陸上競技部〕

 実業団合宿の第1陣。今回は7月開催の札幌ハーフマラソンに向けての強化を目的に士別入りした。チームでの士別合宿は4年ぶりという。
 滞在は21日まで。合宿期間中は30`のロード練習を中心に、2000b、5000bのトラック練習も混ぜ、持久力とスピード感を向上させる。
 今年4月に5人の新人が入部した。うち4人は箱根駅伝を経験している実績の持ち主。今合宿には今年正月の同駅伝でともに9区を走った相馬雄太選手(神奈川大学出身)と和田正人選手(日本大学出身)が来ている。
 新たな部員を迎えチーム内も活気づいており、長澤浩幸コーチは「(合宿に参加している)新人2人に期待したい」と話す。
 目標は11月の東日本実業団駅伝で2位以内の結果を残し、本選となる来年元旦のニューイヤーマラソンで5位入賞すること。個人では森田博之選手がマラソン出場(国内戦)を予定しているという。
 選手などは次のとおり。
 ▼コーチ=長澤浩幸▼トレーナー=山田晴久▼選手=森田博之、柳谷昭二、吉田和央、中山隆、相馬雄太、和田正人
(写真=ロード練習に取り組む選手たち)