→2001年の合宿はこちら
2002年
連載 4
直近の大会に備え強化
〔富士通陸上競技部〕

ロード練習に取り組む選手たち 昨年に続く今合宿は、7月に行われる札幌ハーフマラソン出場者と8月の北海道マラソンへ向けての走り込みが目的。17日〜28日まで、12日間トレーニングを積む計画だ。
 今回は大会を控えているため、30キロのロードを中心にトラックでのスピード練習を織り交ぜながら、実践的な練習に力を注ぐ。
 合宿参加者で一人だけ北海道マラソンを出場を予定している前田康弘選手(24)は40`走も2回ほど行うという。
 今回は個人レースの強化をメインにトレーニングをしているが、7月中旬に再度行う士別合宿では、夏の走り込みとしてチーム全体で実施する。
 1昨年、元旦のニューイヤー駅伝で悲願の優勝を果たした同チームだが、今年の成績は5位と不調に終わった。
 「優勝経験チーム。やはり目標は優勝です」と佐藤信春監督は力を込める。さらに「力はある。全員が同じ目標を持ち、優勝争いにからむチームに育て上げなくては」と話している。
 選手らは次のとおり。
 ▼監督=佐藤信春▼選手=横山景、帯刀秀幸、添田正美、神山洋一、前田康弘、須藤大樹
(写真=ロード練習に取り組む選手たち)