→2001年の合宿はこちら
2002年
連載 5
秋のレースに向け体力づくり
〔サニックス陸上競技部〕

アメリカ高地トレに備え士別で体力づくり 創部4年目の若いチームながら、12月に行われる全日本実業団女子駅伝・九州予選を昨年、1昨年と連覇している強豪。
 昨年の本選(全日本)では、3回目の出場ながら6位と健闘した。「今年は予選3連覇を狙い、本選(全日本)では3位以内を目指します」と重松森雄監督。「目標は高いかもしれないが、全員が力をだせば(3位以内入賞は)できるチーム」と選手に大きな期待を寄せる。
 チームとしての士別合宿は昨年に続き2回目。春のトラックシーズンが一段落したので、秋から始まる駅伝やマラソンレースに向け「体づくり」の第一歩として訪れた。
 士別合宿は7月4日まで。長距離をしっかり走り込み、体を絞りながらスピードに耐えられる基本的な体づくりをするのが目的。
 士別のあと10月までの約3ヶ月間、アメリカ2カ所での高地トレーニング合宿を予定し、ここでは最初の1カ月間は士別に引き続き体づくりに充て、残り2カ月でレースに向けて仕上げをしていくという。
 7月7日の札幌ハーフマラソンには合宿に来ている全選手がエントリー。今年は小松ゆかり、王宏霞選手ほか3人を国際マラソンに挑戦させたい、と重松監督は話している。
 訪れている選手らは次のとおり。
 ▼監督=重松森雄▼コーチ=篠原昭三▼選手=小松ゆかり、王宏霞、宮上喜代美、友金明香、宮島京子、原口加奈子、原真由美、山本裕美
(写真=アメリカ高地トレに備え士別で体力づくり)