→2001年の合宿はこちら
2002年
連載 10
マラソン意識し強化
〔中国電力陸上競技部〕


 今合宿は8日から22日まで。チームの軸となる五十嵐、油谷、尾方、佐藤4選手を含めた7人の選手が参加している。
 1昨年の士別ハーフマラソンで優勝した油谷選手は2年後のアテネ五輪出場を最優先に考え、今後のマラソンに挑戦する計画。
 昨年の同大会覇者、木村康二選手は初の海外マラソン(フランクフルト)を10月に控えている。五十嵐、尾方、佐藤の3選手は福岡・びわこ・東京のいずれかの国際マラソンに臨み、来年の世界選手権代表をねらう構えだ。
 このように今回の士別合宿はマラソンを意識した強化が目的。ロードを中心に毎日30〜70`を走り込む。
 ここで力をつけ、今年2位だった元旦のニューイヤー駅伝でもその成果を活かしたい、と坂口泰監督。
 選手は自主的に練習に取り組み、意欲は高い。実力も着実につけているという。「1回でいいので優勝したい」。坂口監督は穏やかに駅伝にかける意気込みを話している。
 選手らは次のとおり。
 ▼監督=坂口泰▼トレーナー=後藤英行▼選手=五十嵐憲暁、尾方剛、梅木蔵雄、油谷繁、森政辰巳、木村康二、佐藤敦之
(写真=マラソンに向けた強化で走り込む選手たち)