→2001年の合宿はこちら
  道北日報ヘッドライン
 2002年
連載 15
走り込みで基礎体力強化
〔城西大学女子陸上競技部〕

 今回の士別合宿は6日から16日までで「走り込み」が目的。1・2年生が多く、長い距離を走れるよう、基礎体力づくりをしたい、と鈴木尚人監督は話す。
 合宿に来ているのは4年生が4人、3年生が1人。1・2年生が10人来ており、「4年生を軸に頑張ってほしい。1・2年生には厳しい合宿だが、ここが力のつけどころ。この夏合宿を乗り切ってどれだけ成長できるかですね」とも鈴木監督は語る。
 今年11月の全日本大学女子駅伝は昨年10月の関東大学女子駅伝(地区予選)で2位だったのでシード権があり、本選出場が決まっている。
 1昨年は優勝。連覇をねらった昨年は惜しくも2位だった。今年はエースだった赤羽有紀子選手(現・ホクレン所属)が卒業し主力選手が不在で苦しい時。だがその分全員が平均タイムをあげて総合力をつけ、駅伝では「優勝」に返り咲きたい、と鈴木監督は力を込めて話している。
(写真=トラックでスピード練習に汗を流す選手たち)