→2001年の合宿はこちら
  道北日報ヘッドライン
 2002年
連載 20
目標はニューイヤー出場
〔日立電線マラソン部〕

 選手・スタッフ総勢8人のメンバーが合宿に参加している。
 日程は28日から9月4日まで。
 昨年はニューイヤー駅伝の出場権をかけた東日本大会で14位と惨敗し、出場権を逃すという苦渋を味わっている。
 11月に行われる東日本大会で、12位以内に入りニューイヤー駅伝への出場権を得ることが今年の目標となっている。
 金田剛副監督は「今は絞り込んだ練習ではなく、ロードやトラックを使っての走り込みが中心。ほとんどの選手が将来マラソンを目指しており、この時期にしっかりと走り込んでおきたい」と言う。
 7月下旬に苫小牧市で合宿を行っており、士別での合宿を終えると、9月中旬から長野県で合宿を行い仕上げていきたいとのこと。
 「昨年はスタッフの交替や選手の故障などで万全な体制でなかったために、ニューイヤーの出場権を逸してしまった。選手たちも危機感は持っているだろうが、普通に走れば東日本大会で出場権は得られるはず」と話している。
 選手・スタッフは次の通り。
 ▼副監督=金田剛▼選手=ステファン・マヤカ、磯野稔、萩野智久、森下慶一郎、谷口和博、藤井啓二、大和田匠
 (写真=トラックを走り込む選手たち)