vlo.2 錠剤での栄養補給は当たり前  2002年4月17日

vlo.1 贈り物のない新学期 vlo.2 錠剤での栄養補給は当たり前 vlo.3 ショッピング
vlo.4 アメリカの番組と同じ? vlo.5 禁煙席・喫煙席 vlo.6 思いやりについて
vlo.7 仕事とプライベート vlo8 婚約指輪 vlo9 結婚式
vlo.10 こんにちは! またね    

 最近、私のまわりでずいぶん風邪が流行っているなと思っていた矢先、やられてしまった! もう風邪を引いて一週間以上も経つのに、まだ治らない。アメリカの友人には「それはビタミンCが足りなかったということだから、サプリメントで補給した方がいいよ!」と言われた。
 サプリメントといえば、最近日本でもポピュラーになってきているようだけれど、アメリカでは本当に多くの人が、色々な種類のサプリメントを毎日のように飲んでいるのを目にする。
 ビタミンCはもちろんだけれど、Multiple Vitamins(混合ビタミン剤)で、ビタミンAからZinc(亜鉛)まで、何十種類というビタミンが含まれている錠剤を毎日の日課として飲んでいる人も少なくは無い。
 個人的に私としては、錠剤でビタミンを補給するより、きちんとした本当の食べ物で体に足りないものを補いたいと思うのだけれど、それもなかなか難しい。この間なんて、「口内炎にはビタミンB2をとるといいんだよ」と友人の受け売りで言ってはみたものの、「ふーん。じゃあビタミンB2が含まれている食べ物って何?」と聞かれて大困惑。知ったかぶりなんてするものではない。もっと勉強しなくては(苦笑)。
 アメリカでのビタミン錠剤補給が当たり前なのは、一般的にアメリカでは日本人のように食事のバランスを考えて食べている人は少ないから、とりあえずはすぐ手に入るビタミン剤をサプリメントとして体に取入れ、健康維持を保とうとしているのかもしれない。今の日本人がサプリメントを取り入れだしたということはこれも日本の欧米化の一つなのだろうか。
 日本でもこのようなサプリメント類が手に入りやすくなったのは、ある意味とてもありがたいけれど、それと同時にどの食材にどの様なビタミンが含まれているとか、これからそういう知識は後々必要とされなくなっていくのではないかと思うと、少し悲しくそして不安にも思う今日この頃の私です。その様にはならないことを願って今回はこの辺で。


「Shiho's phrase of the day」〔今日のフレーズ!〕
I don't believe this! ”(信じられない!) 
(アイドン ビリー(ヴ) デイス!)― ドとリにアクセントを強くしていってみましょう。
Ex .
A:“ I don't believe this! My car just died on me!
(信じられない!急に私の車が故障で止まっちゃったよ!)
B:“ Sorry to hear that...” (それは、お気の毒に……)