vlo.5 禁煙席・喫煙席  2002年5月29日

vlo.1 贈り物のない新学期 vlo.2 錠剤での栄養補給は当たり前 vlo.3 ショッピング
vlo.4 アメリカの番組と同じ? vlo.5 禁煙席・喫煙席 vlo.6 思いやりについて
vlo.7 仕事とプライベート vlo8 婚約指輪 vlo9 結婚式
vlo.10 こんにちは! またね    

 最近になって数少ない友人達と外出して食事したりする事も増えてきた。日本は本当においしい食べ物が多くて気をつけないと体重が大変なことになりそう。ただでさえ、日本にいる女の人はすごく細いのに……危ない危ない(笑)。
 それはさておき、やはり外出をすると小さい事ながら、また色々と気がつく事が出てきたりする。先日レストランに入ったところ、禁煙席か喫煙席か全く聞かれずに喫煙席を案内された。
 え? と思って「すみません。禁煙席お願いしたいのですけれど」といい、結局席は替えてもらったのだけれど、それって私の見た目がタバコを喫煙する感じだったっていうこと? 確かに今は私と同じくらいの女性でタバコを吸う人も多いのだろうけれど、見た目で判断するなよと少しムッとしたと言うのが本音。
 でもよく店内を見回すと、日本は喫煙席のほうが断然禁煙席より多い。昔は禁煙席すらも無い所の方が多かったかも知れない。
 アメリカはその点、日本とは正反対だなと思う。禁煙席しかないレストランもたくさんあるし、店内の喫煙席と禁煙席の割合なら断然、禁煙席の方が多いだろう。
 そして気になるのは喫煙している時のマナーがあまりよくないという事。もちろん、きちんとしている人もたくさんいると思う。でも私がよく目にするのは、食事中でもタバコを取り出し、相手の人には許可を得ずに吸い始めたり、平気で食べ物の前や、一緒に席にいる人の前で煙を吐いたり。そういう光景はアメリカではあまり目にしない。
 喫煙する人は必ず「今ちょっと吸っても平気?」と同席している人に許可を得るし、煙を吐く時は必ず人から離れた方向へと意識して煙を吐く。
 某タレントが先日テレビで「俺はタバコを吸っている時にわざとらしく(私は気を使っているのよ!)という感じで煙を横に向けて吐く、いい振りをする人は嫌いだ」、と言っていたが、それは少し違うと思う。
 わざとでも何でもそれは、その時一緒にいる人に対して(特にその人がタバコを吸わないのなら)のマナーなのではないのだろうか。最初は振りからでも良いからそこからスタートしてそういうマナーは当たり前にして欲しいと思う。日本人は常識があるということで世界的にも有名なのだからこそ、気をつけて欲しい。 


「Shiho's phrase of the day」〔今日のフレーズ!〕
「 I’m positive!」(アイム パズイテイブ)パに強くアクセントをつけていってみましょう。
前回でpositiveは「前向きや積極的」という意味を表すといいましたが、I am を前に付けることによって「確信できる」という意味にもなります。
Ex.
A: Look!  That is Ichiro overthere!(見て!あそこにイチローがいるよ!)
B: Are you sure?(本当に?)
A: I'm positive!(本当だよ、確信もっていえるよ!)
*自信をもって元気よく言ってみましょう。