道立総合スポーツセンター誘致促進期成会
道立総合スポーツセンター誘致促進期成会はこのほど「道北地域における道立スポーツセンター基本構想提案書」を作成し、誘致に弾みをつけようとしている。あくまでもモデル的な構想書だが、その内容を紹介し、スポーツと道北のあり方を見つめてみたい。

第1章 総合スポーツセンターの必要性
1.道北におけるスポーツ振興  2.道北におけるスポーツ施設の現状  3.道北におけるスポーツ合宿の現状
4.今後の課題と総合スポーツセンターの必要性


第2章 道北地域における総合スポーツセンター基本構想
1.道北の風土  2.道北におけるスポーツセンターのあり方  3.施設の機能
4.施設の概要  5.場 所  6.運 営 
  



連載 2  第1章 総合スポーツセンターの必要性 


2.道北圏域におけるスポーツ施設の現状 
    

道立総合スポーツセンター誘致促進期成会
 道立総合スポーツセンター誘致促進期成会はこのほど「道北地域における道立スポーツセンター基本構想提案書」を作成し、誘致に弾みをつけようとしている。あくまでもモデル的な構想書だが、その内容を紹介し、スポーツと道北のあり方を見つめてみたい。

施設整備は大きな課題に

和寒以北では大規模施設は皆無


 気軽に楽しむスポーツ・レクリエーションから高いレベルの競技スポーツまで、それぞれの体力や年齢等に応じた様々なスポーツの取組みがなされるなか、さらにスポーツ活動の振興を図るためには、その基盤となる施設の整備充実が重要となっています。
 道北圏域においては、野球場、プール、スキー場を中心に整備が図られていますが、屋内スポーツについては小規模の体育館が整備されているに過ぎず、住民の利用には学校施投の開放も余儀なくされているのが現状です。
 こうした状況から、全道・全国規模の大会等の開催については、旭川市の施設を利用するほかなく、スポーツに関する情報についても、極めて希薄な状況に置かれています。
 地域の振興策として、道北圏域が一体となって取り組んでいる「スポーツ合宿のステージつくり」や士別市での「総合型地域スポーツクラブ」の運営などの拠点としての規模や横能を備えた施投整備は、この地域の大きな課題であります。
写真上=今や伝統の大会ともなりつつあるハーフマラソン大会。無名時代の高橋尚子選手は、この大会にも小出監督のもと参加した。毎年、全国各地の実業団、大学選手や一般からも多くの出場がある。とはいえ大規模屋内施設がないため、道北の夏の主な大会は屋外が多い。

写真下=オリンピック・デー・ラン。士別大会が全国でもっとも回数が多い。オリンピックメダリストたちといっしょに走ることができる。同大会も士別の知名度アップに貢献している。