道立総合スポーツセンター誘致促進期成会
道立総合スポーツセンター誘致促進期成会はこのほど「道北地域における道立スポーツセンター基本構想提案書」を作成し、誘致に弾みをつけようとしている。あくまでもモデル的な構想書だが、その内容を紹介し、スポーツと道北のあり方を見つめてみたい。

第1章 総合スポーツセンターの必要性
1.道北におけるスポーツ振興  2.道北におけるスポーツ施設の現状  3.道北におけるスポーツ合宿の現状
4.今後の課題と総合スポーツセンターの必要性


第2章 道北地域における総合スポーツセンター基本構想
1.道北の風土  2.道北におけるスポーツセンターのあり方  3.施設の機能
4.施設の概要  5.場 所  6.運 営 
  



連載 4  第1章 総合スポーツセンターの必要性 


4.道今後の課題と総合スポーツセンターの必要性
   
道立総合スポーツセンター誘致促進期成会
 道立総合スポーツセンター誘致促進期成会はこのほど「道北地域における道立スポーツセンター基本構想提案書」を作成し、誘致に弾みをつけようとしている。あくまでもモデル的な構想書だが、その内容を紹介し、スポーツと道北のあり方を見つめてみたい。

だれもが、いつでも、どこでもスポーツ

全国に先駆け「総合型地域スポーツクラブ」

 現在の道北地域におけるスポーツ施投の整備状況については、中核都市の旭川市には全国・全道規模の大会が開催できる施設が整備されているものの、他の地域にあっては、それぞれ住民が日常利用できる施設が整備されているのが現状です。
 しかしながら、第3次北海道長期総合計画のパートナーシップ計画においても、地域づくりの大きな柱として「合宿のステージづくりの推進」が掲げられており、さらに士別市では、文部科学省が普及を図る「総合型地域スポーツクラブ」の取組みを全国に先駆けて進めております。
 また、現代スポーツは、科学的なトレーニンクを積み重ねることが大切と言われているものの、健康スポーツ医科学に関する情報をもった施投は皆無の状況にあります。
 交通網の発達による日常生活圏の拡大、健康志向の高まりや自由時間の増大に伴い、だれもが、いつでも、どこでもスポーツに親しむことができる生涯スポーツ社会の実現に向けて、北海道においては、札幌市に道立総合体育センター「きたえーる」を整備したところであり、特に、高齢社会の到来を迎え、生涯スポーツの大切さが求められている現代社会にあって、それぞれの圏域の特性やスケールメリットが発揮できる総合的なスポーツ環境を道民等しく享受できるよう、道北地域における総合スポーツセンターの整備が待たれております。
写真上=剣淵町のパークゴルフ場。温泉施設と一帯となっている。町外からの利用も多い。昨年は立派なキャンプ場も完成した。この地方でもこういった施設との有機的連携が必要である。

写真下=アスファルト乳剤仕上げのオガクズ入りランニングコース。特色ある施設は、合宿生からも好評。合宿の里にはこういった先進的な施設も欠かせない。