道立総合スポーツセンター誘致促進期成会
道立総合スポーツセンター誘致促進期成会はこのほど「道北地域における道立スポーツセンター基本構想提案書」を作成し、誘致に弾みをつけようとしている。あくまでもモデル的な構想書だが、その内容を紹介し、スポーツと道北のあり方を見つめてみたい。

第1章 総合スポーツセンターの必要性
1.道北におけるスポーツ振興  2.道北におけるスポーツ施設の現状  3.道北におけるスポーツ合宿の現状
4.今後の課題と総合スポーツセンターの必要性


第2章 道北地域における総合スポーツセンター基本構想
1.道北の風土  2.道北におけるスポーツセンターのあり方  3.施設の機能
4.施設の概要  5.場 所  6.運 営 
  



連載 6  第2章 道北地域における総合スポーツセンター基本構想 


2.道北における総合スポーツセンターのあり方   

道立総合スポーツセンター誘致促進期成会
 道立総合スポーツセンター誘致促進期成会はこのほど「道北地域における道立スポーツセンター基本構想提案書」を作成し、誘致に弾みをつけようとしている。あくまでもモデル的な構想書だが、その内容を紹介し、スポーツと道北のあり方を見つめてみたい。

総合型地域スポーツクラブの中核的な施設も

道北地域の特性や資源を生かして

 一年の半分を雪に覆われる北海道特有のフィールドの中にあって、スポーツも夏のスポーツ、冬のスポーツと明確に区分されながら楽しんでいるのが北海道の現状であり、実に多種多様なスポーツが広く行われています。
 一方で、情報化の著しい進展により、スポーツに対する住民のニーズも、多岐にわたるととも高度化している現状にあります。
 この道北地域にあっては、夏季におけるスポーツは言うまでもなく、冬季のスポーツ、特に長野オリンピックで一躍脚光を浴びた「カーリング競技」が各地域で盛んに行われ、オリンピック選手を輩出するなど、まさに日本のカーリングをリードしております。スポーツ振興をさらに発展させるためには、こうした多機能を有するスポーツセンターが整備されることは、まさに道北地域におけるスポーツの拠点としての意味を持つものであり、あわせて将来は、こうした機能の他に「プール」や年間を通じ多目的利用が可能な「土間式アリーナ」の設置も考慮していかなければなりません.
 また、この地域がまちづくりの大きな柱として取り組んでいる「合宿のステージつくり」においては、健康スポーツ医科学に基づいた科学的なトレーニング施設が整備されることにより、さらに合宿誘致にも大きな効果が期待できるものであります。
 さらに、全国に先駆けて取り租んでいる「総合型地域スポーツクラブ」の運営にあっては、その中核的な機能をもった施設の整備が急がれております。
 スポーツは世界共通の文化のひとつということを考える時、地域間交流や国際交流に大きな役割を果たす意味からも、道北地域の特性や資源を十分に生かしたスポーツ拠点施設として、「総合スポーツセンター」が建設されることを圏域住民等しく望んでいるところであります。
  
写真=カーリングでは士別から長野オリンピックに2人の選手が出場した。こうした成果は、まさに道北のスポーツの多様性を象徴したものとなっている。