第2次世界大戦の傷跡がようやっと癒えはじめた昭和20年代末、昭和30年代から半生期が経過しました。この間、道北地方も大きく変遷を遂げました。自治体合併論議や農協合併の具元など地域の枠組みも新しい時代の到来を予感させています。そこで本紙では50年前の道北日報紙面をひもとき、この地方の動きを見つめ直してみたいと思います。なお、この連載は随時掲載します。



                   50年前の道北日報紙面から

   ■昭和28(1953)年  7月・8月

  病院全焼、未曾有の洪水

 7月23日付=士別町立病院が全焼。
 7月28日付=町立病院(市立士別総合病院の前進)の建設敷地が早くも決定した。現在の旧ふれあいセンターの場所である。
 7月19日から22日にこの地方を襲った豪雨で、各地で大きな被害が発生した。住宅への浸水や農地への冠水など。士別町の損害額は約4億円。上士別町は全滅と報じられている。剣淵町は開村以来の被害。各自治体が対策に追われた。この頃、広域的には宗谷線南部町村助役会議が行われ、期末手当や石炭手当などの話し合いを行っている。この頃から積極的に広域的な関わりは行われている。
 8月11日付=水害地に赤痢が発生し、保健所が防疫と消毒に追われる。

■ 01 病院全焼、未曾有の洪水
■ 02 自治体広域の釣り大会も
■ 03 ヤミ米買い漁るカツギ屋
■ 04 嫁入り費用は10万円
■ 05 4町村合併の記事散見
■ 06 合併か自立か、切迫か
■ 07 犬が集団で市街地闊歩
■ 08 1日に1人増える時代
■ 09 浅野さんが全国大会に
■ 10 悲嘆にくれる市民
■ 11 根強い公務員志向
■ 12 市議会議員定数81人
■ 13 新築市立病院が火事に
■ 14 ミス職場
■ 15 ミス女給
■ 16 制限速度30キロ
■ 17 赤ちゃん1日平均2.3人 
■ 18 無鑑札の自転車には過料
■ 19 ふたつのマーケット開店
■ 20 「だ」「べ」は使わぬように
■ 21 今度のミスコンは「ミスさくら」
■ 22 金属泥棒が横行
■ 23 テレビの広告が出現
■ 24 五目並べの国際大会?
■ 25 不良石炭混入の石炭販売