士別市内でトレッキング〔山麓(さんろく)歩き〕を愛好する仲間たちの山行記を連載します。市内を含め、この近郊には人間がいまだ足を踏み込んだことのない未踏地もあり、自然の魅力がいっぱいです。そんな自然の再発見を楽しめれば、と愛好者たちは今日もスノーシューズを雪跡に残して、前進しています。連載は随時です。

  道北日報
ヘッドライン


01 乙部山―1
02 乙部山―2
03 日向越冬白鳥
04 無名山―1
05 無名山―2
06 丸山―1
07 丸山―2
08 水道山―1
09 水道山―2
10 小平蘂岳―1
11 小平蘂岳―2
12 天塩岳―1
13 天塩岳―2
14 天塩岳―3
15 於鬼頭岳―1
16 於鬼頭岳―2
17 於鬼頭岳―3

無名山―2 低山ながら魅力あり
山頂を目指して登坂が続く 農家の裏のきつい傾斜から取り付き、すぐに牧草地らしいところに出て、程よい傾斜を登りつめると、落葉林の中の造材道路に沿って進むが、この道はブルドーザーによって造られたため、雪をラッセルしながらではちょっと急な所や、沢を横切るために登り返しがあり、かなり変化に富んでいた。

 そんなブル道もやがて目指す山の反対方向に折れていくので、道からそれて尾根に向かって急登を開始する。そして、取り付いたのが期待を裏切らない細尾根。シールスキーそのものでは難儀したが、夏でも面白そうと思わせる、この辺にはない山らしい山という感じを与えてくれた。

 手前ピークの斜面を横切って、なだらかな稜線上に出て皆が休憩している間に、そこから50メートルほど戻るピークの探索に行く。

 そこには風雪に耐え、頂きを守ってきた主のように1本のオンコが鎮座し、周りは長老をいたわるように木々が取り囲んでいるように感じられた。

 そんな感慨に浸るのも早々にして目標点を目指した。広くなだらかな稜線を蛇行しながら、ハイテク機器の助けを借りて積雪で標なき644・7地点に到達した。

 疎らな木々の間からは、天塩川や上士別を見晴らすことはできたが、天塩岳方面は雲に覆われて、もうひとつの楽しみであったその秀峰の姿を見ることはできなかった。

 低山ながらも、バリエーションがあって、また来てみたいと思わせる魅力ある山で、下りの牧草地ではスキーもちょっぴり楽しめた上り2時間、下り1時間弱の、手頃な低山ハイクの一日でした。(文責 どらたつ)
(写真=山頂を目指して登坂が続く)