復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人

【青森・岩手の巻 ― 1】       道北日報ヘッドライン 

 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 本州の北端、青森県の一部と岩手県の一部、いわゆる旧南部藩を母体とした岩鷲会(がんしゅう)が昭和10年に結成されている。それまで青森県、あるいは岩手県の単独した県人会は組織されていなかつたらしい。

 岩鷲会の当時の発起人は小西誠、藤原一、奥山伊勢吉、工藤九助で会長には奥山が選ばれている。彼は昭和28年亡くなつたが、岩鷲会の追悼記が面白い。
 「彼の生家は陸奥郡三戸村で生家の裏に藩主が代々祀つていたというイザナギの命(軍の神)を祭つた小祀があつた。
 伝説にイザナギの命というのは、ある時戦いに出て利あらず退却してキュウリ畠に隠れ、難を免れたため藩民はキュウリを粗末にしないという法度出来ていた。それゆえか彼は50を過ぎてからキュウリの栽培に異様な熱意を示した」と記してある。
 彼はまた草相撲の大関で、稲荷川のシコ名で近隣に名を馳せた。

 徴兵検査に外れて渡道したのが明治36年彼の嗣子一二(旭川住)、通興はよく父の意を継ぎ奥山組として近来とみに市内土建業界に確固たる地位を占めつつある。
 現横綱鏡里とは同郷親戚にあたり29年来町の際は旧歓を交えた。伊勢吉の弟隆一はいまも健在岩鷲会の世話役として働いている。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)