復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人

【青森・岩手の巻 ― 2】       道北日報ヘッドライン 

 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 西士別の元老佐藤市五郎(花巻)は旧町議、今も改良区などの役員で忙しく市街との間を往復。
 ハッカの栽培を初め異色農家と知られる学田の小西実(盛岡)は弁り出したらきりの無い博学ぶり。
 今では菱雄石炭稚内支店長に行っている鹿討太郎(盛岡)の父信義は、往時鹿討農場として知られる豪農で農会長を多年つとめた有志であり、市開拓の恩人である。
 先代九助現五郎と戦中戦後醸造で男をあげた工藤家も(日詰)その名杜氏の才次郎も同郷。

 蹄鉄工で古い赤坂孫助は五戸、釣名人の雑貨商高橋竹次郎(花巻)、西沢喜三郎(尻内)は林務畑で年期を入れ、下士別の篤農家羽鳥勇次郎(沼久内)は今も健在で多収穫にいそしんでいる。
 また往年故三浦市長、奈良源一郎と並び武徳の三羽烏として花柳界を荒し廻った藤原喜右ヱ門(黒沢尻)は近頃とんと温順しい。

 ほかに武徳にはひとかどのサムライ農家である八重樫孫市(江釣子)があり、西士別には澱粉界の元老伊藤八左衛門(花巻)があり、健実な農家として知られる加藤甲介(下士別=江釣子)、たたみ職33年の経歴を生し、士別業界の草分けといわれる秋谷屋又助(相内)はこの頃、元気旺盛である。
 他に県人も多いことであるが割愛。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)